mimiZ

mimiZのライブ情報、音源などを発信していきます。

2009年10月14日(水)

「だれも死なない」@正福寺091011 [レポート]

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

2009年10月11日

いろいろ予定が入って会場には午後3時頃到着。既に会場のセッティングも始まっている。mimizの一行は当日の朝に名古屋を出発しているも、渋滞に巻き込まれ到着が遅れている。

手持ち無沙汰のまま、時間は流れてgreg davisさんのリハ終了、asunaさんはリハが無いということで次はmimizの番なのだけどまだ到着せず、電話で確認すると長岡辺りまでは来ているらしいので、なんとか開場前には到着できそうとほっとする。先に高橋通吉さんのリハをやってもらう。

会場DJのjacobさんの音出し確認もできた頃、mimizの鈴木さん、飛谷くん、と三宅ヤスコさん到着。
再会もうれしく話も尽きないがまずはリハのセッティングと音出し。三宅さんのリハもうまくいったよう。mimizのリハはなんだかんだあっというまにすぎてしまい、開場の時間を過ぎてしまった。

スタッフ含め全員でエイエイオーをして、開場。

会場DJのjacobさんは、僕のいまのところ唯一足を運ぶクラブイベント
red race riotを主催している方で、この日のDJもかなり良い感じだったと思う。ばたばたしていたのでじっくり聴けなかったのが惜しいけれど、エフェクターを多用しつつかなり演奏に近いDjをされていた。


高橋通吉さんの演奏から。エフェクターを多用したギターの演奏でした。途中、ラックに入ったエフェクターから「ガチャ」というメカっぽい音が何度か聞こえ、その生々しさにはっとする。なにかディレイの設定を変更する際にそういう音がするようだった。エフェクターの処理を変えつつ、曲の色彩と演奏方法を変えていかれていました。また是非どこかで演奏を聴きたいとおもいました。


三宅ヤスコさん、「フローズンマリーの神託(笑)ラジオ」シリーズでした。以前聴いたことのある、ボコーダー処理はなくなり、全体的に聞きやすい構成でした。匿名で投稿されたお悩み事に公開で占いを行っていくというもの。占い時のカードの解釈のされ方など、僕は占いを知らないので、とても創造的な考え方のような気がして惹き付けられます。そして選んだタロットの枚数に対応した音と照明のループトラックの関係付けがとんでもなく秀逸で、にやにやしてしまいました。
 占いの途中に2人ほど質問を追加される等みられました。次に飛び入り演奏予定だったshibataさんのお悩みにも的確に答えられていて、内容もどうやら怖いほど的を得ているようなので、そこはいつもちょっと怖くなります。
 また、以前よりも機材の扱い方が慣れてきたのか、機材トラブルギリギリといったスリルも無く全体的に安心してみることができました。このまま洗練に向かっていくのかどうなのか、今後の動向が楽しみでなりません。


shibataさん、今回asuna君のツアーに偶然ついてこられていたshibataさん、円秀さんの強い希望により飛び入り演奏をされました。僕は前回の円盤でshibata+tabataさんの演奏を見て以来、shibataさんのファンでもあったのでとてもうれしかったです。15分ほどと短い演奏でしたが会場の子供が踊り出すほど。プリミティブな音素材を使いながら多様な音色と演奏方法で魅せていく手法はさすがでした。後半は多分機材の基盤を叩いてリズミカルに音を歪ませていました。すごい。


mimiz。3人そろってのmimizは今年3度目。前回から約8ヶ月ぶり?でした。今回はそれぞれに思い入れもあったらしく、飛谷くんは二胡を演奏、僕はPCの内部構造を久しぶりに新しい機能を追加、鈴木さんは眼鏡姿で登場でした。リハもあんまりできなかったので、控え室で今日の構成を打ち合わせ。
全体を3部構成にして、2部はトーク。と決めました。そのうえでさらに「1部はできるだけ動かずにじっと耐えるように」演奏しよう、ということが約束されました。
そのように行ったと思います。一曲目の静止の演奏は気分を沈めるには成功しましたし、会場の空気に少しだけ変化を与えている気も演奏中に少し感じました。
なにはともあれ、僕は3人で演奏できてとても楽しかったです。


asunaさん。言葉では言い尽くせません。ベストアクトだったと思います。このような形態の音楽を地元で体験できたことの贅沢さといったら無いと思いました。形は変わってもいつもasunaさんの中で鳴り続けているであろう響きにいつも気づかされる思いです。


greg davisさん。先日亡くなられたという彼の師に捧げられた演奏でした。それをパフォーマンス後に聞かされた時にすべて納得という具合のものでした。フィールドレコーディングのサンプリング音などは尋常ではないクオリティーで驚きました。



終演後も多くの方と話ができて、いろいろ感想も言っていただけてとてもありがたかったです。イベント自体は長丁場でしたが内容的にはとてもよかったのではないかと思います。地元にこのような場所があることの意味を考えさせられました。

画像(180x135)・拡大画像(800x600)




画像(135x180)・拡大画像(600x800)

今回DJの jacobさん

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

高橋通吉さん

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

三宅ヤスコさん

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

shibataさん

画像(135x180)・拡大画像(600x800)

asunaさん

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

greg davisさん

Posted by shimaf at 15時08分   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://www.mimiz.org/tb.php?ID=269

コメント

コメント投稿フォーム

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

menu

10

2009


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

PHOTO

Mimiz pod 4-6

Mimiz pod 4-6

《 Amorphous ring I 》の再構築、《変容の対象》。

《 Amorphous ring I 》の再構築、《変容の対象》。

130406

130406

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

RSS1.0 podcast

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2007-2009 mimiZ All rights reserved.