mimiZ

mimiZのライブ情報、音源などを発信していきます。

2017年08月07日(月)

2017 8/27「Reflect the Glimmering Breath」 [告知関係です。]

画像(226x320)・拡大画像(565x800)

今月、2017年8月27日(日)にとっても久しぶりに自発的なイベントをギャラリー蔵織さんで行うことになりました。

映像に遠藤龍さん、立体に高橋悠さん+香苗さん、尺八奏者として福島麗秋さんを迎えます。
こんなイベントは無いと思うので、そもそもどういうイベントかは一言で説明できないのですが、それぞれの視点がうまい具合にシンクロするんじゃないかしらと、思っています。僕は音楽だしそれぞれ表現のアウトプットが違う人たちですが、僕の現在進行中のプロジェクトに対して新しいアプローチを加えてくれたり(高橋悠+香苗)、遠藤龍さんとは映像作品の短編を新作で作ってみよう、というようなことを試みます。遠藤龍さんの個人作品の新作も予定してます。
今回のお題は「Reflect the Glimmering Breath」だなんて、かなり無茶ですがみんな実直に向き合っていますよ。勿論僕も。

また進捗は報告させてもらいますが、僕自身かなり楽しみに準備しています。時間を作れる方は是非僕らと時間を共有しに、、見届けに来てほしいと思っています。


日本電子音楽協会からも後援いただきました、感謝しています。

Posted by shimaf at 19時40分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2017年08月02日(水)

8/11(金祝) 名古屋 新栄Parlwr パルル [告知関係です。]

もう8月ですね。新潟はまだ梅雨明けのアナウンスがありません。
8月11日に名古屋でMimizの演奏をします。場所はParlwr(パルル)です。久しぶりのMimizを、思い出深い空間で演奏できることを、とても楽しみにしています。お盆ですが開始時間も15時と早いです。

8/11(金祝)
名古屋 新栄Parlwr パルル
open/start 15時
¥1000+1d
mimiz(鈴木悦久、飛谷謙介、福島諭)
杉山一真 汽水域(山田亮、笠井亨、十三)
NARCO×古池寿浩

Posted by shimaf at 05時57分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2017年07月20日(木)

2017年7月 [《変容の対象》]

画像(320x320)・拡大画像(800x800)

2017年7月7日:
濱地潤一さんへ今月の《変容の対象》2017年7月の第1小節目を送る。冒頭文は「左右反転」の意味とした。今回は例外的にその意図をメールで解説した。(勿論濱地さんからのアプローチはその意図に沿っていなくても良いです、と補足して。)

2017年7月12日:
時間がかかってしまったが2-3小節目を送る。

2017年7月13日(雨):
濱地潤一さんへ今月の《変容の対象》4−5小節目を送る。
今月は結果的に今まで両者自由にやっていた調性感に対して、一つの骨組みを意識させられるやり方になっている。今のところ3つの調性の中を行ったり来たりして進む。

2017年7月15日早朝:
濱地潤一さんへ今月の《変容の対象》6-7小節目を送る。

2017年7月17日朝:
濱地潤一さんへ今月の《変容の対象》8-9小節目を送る。

2017年7月20日夜:
今月の《変容の対象》10-11小節目を送る。これは毎年のことだけれど、7月は和歌山の濱地さんの所はお祭り関係で忙しいそうだ。でも、2009年には無理を言ってお祭りの行事を休んでもらい、新潟県立近代美術館での発表にあわせて新潟へ来てもらったのを思い出す。あの頃は僕も濱地さんも発表には積極的だったし、それによって新しい出会いも生まれたりして、あの時期にやっておけたのは幸運だった。音楽に対するヒリヒリした感覚も常に感じていた。
今は発表の機会それ自体に対してはかなり慎重になっている。音楽に対する構え方も変わってきた。それが良いのか悪いのかは分からないけれど、よりよく対象を、もっと音楽を理解したいとは常に思っているし、実際に音楽を通じて見えてくる世界は前よりも具体性を持ってきている(それが良いことなのかは本当に分からない、人に対して親切だろうとは思う)。

結局、今僕らが作れて作るべきだと思える領域を発表していく態度には変わりはないのだけれど、時間は流れていくし、でもその時々でちゃんと課題も与えてくれるようにも思う。

リンクは濱地さんの当時の記述。
http://d.hatena.ne.jp/hamajijune/20090729

2017年7月26日朝:
今朝に濱地潤一さんへ今月の《変容の対象》12-13小節目を送る。
そして今年の夏は何となく過去と繋がっている気がする。


27日の朝:
14-15小節目を送る。

28日の朝:
16-17小節目を送る。

30日の夜:
濱地潤一さんへ今月の《変容の対象》の18-19小節目を送る。明日は最終日だし、pianoはおそらくここでfine。

31日:
濱地潤一さんから今日の夕方にメール連絡あり
今月の《変容の対象》は昨日の19小節目で終わった。濱地さんからのサクソフォンの音の追加はなかった。
来月は濱地さんの第1小節目から開始される。

画像(320x240)・拡大画像(800x600)
画像(320x240)・拡大画像(800x600)
画像(320x240)・拡大画像(800x600)

Posted by shimaf at 07時57分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2017年07月17日(月)

Twill The Light 020 [福系]

画像(320x189)・拡大画像(800x473)

同じく簡単なズームを使ったものですが、R G Bの速度をずらしてみたものをアップしました。
https://vimeo.com/225777814

Posted by shimaf at 08時50分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2017年07月13日(木)

電子音楽について [福系]

先月にMasayo Nakamuraさんから電子音楽について話を伺いたいと話をいただき、新発田のcaffenovaにて少しお話させてもらいました。Masayo Nakamuraさんは翻訳や校正などをお仕事でやられているそうです。おそらく電子音楽は異分野だと思いますが、分からない所を分かっておられて質問もたくさん持ってられ、そのおかげで僕も一つ一つ説明することができました。僕からはこの分野の歴史的な文脈について重要と思われるポイントを(一般的な範囲内で)話させていただいただけですが、なるほど、ここは分かりにくいポイントなんだなとか、もう普段は意識できない箇所をいくつも気づかせてもらったような気持ちで僕自身とても参考になりました。
と同時にこうした作曲についての話なども、今後は積極的に対話したり公開していく機会を持っていかないとな、、持ちたいな、とも感じました。作曲の背景を共有することで音の感じ方はかなり変化することなのかもしれません。そんなことを学ばせていただきました。
こうした話題を新潟県の新発田市で話しているということが意外でもあるけど、でももうそういうことがもっと普通になっていけば良いなと思います。
リンクは及川潤耶さんについて!

http://good-creator.jp/feel/generation/p1578

Posted by shimaf at 22時48分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

menu

8

2017


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

広告

PHOTO

Mp4-2.mp3

Mp4-2.mp3

単旋律と重なりと。

単旋律と重なりと。

feedback feever vol.4 リハーサル。

feedback feever vol.4 リハーサル。

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

RSS1.0 podcast

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2007-2009 mimiZ All rights reserved.