mimiZ

mimiZのライブ情報、音源などを発信していきます。

2016年09月30日(金)

タイトル無し [福系]

画像(320x132)・拡大画像(512x212)

今更かもしれないけれど。
Maxのmessageオブジェクトに右インレットの機能がついてから、リスト処理も随分楽に扱えるようになっていた。今まで何となく邪道かなと思って敬遠してたのだけど、この際、使えるものは使う。

この変換は今後自分のパッチで必要になってくるから形になって良かった。

Posted by shimaf at 23時56分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

Noism0『愛と精霊の家』新潟公演 [告知関係です。]

Noism0『愛と精霊の家』新潟公演
2016年 10/7(金)19:00 ※全1回
http://noism.jp/npe/noism0_2016_niigata/

初演は去年の夏だったのか、、まだついこの間のような気がします。去年のその頃は《春、十五葉》の再演のための作曲で頭がいっぱいで、公演中に流れるロマン派の音楽に、どうしてこんなにも聴く人に作用する(揺さぶられる)音があるのだろうか!と嫉妬と懐疑の入り交じった感情で観ていたのを思い出します。
また、作り手(金森壌さん)が音楽に対してどのように把握して聴いているかというものが、Noism0の身体の動きから感じられ、音楽がいっそう立体的に感じられるところもありました。また同時に、自分の全く気づかなかった聴き方を教えてもらう場面もあり、そうした瞬間は今でも忘れられません。

基本的に私は、音楽は人のためにだけ存在するものではない、という立場ではあるのですが、ロマン派の強力な音楽の磁場の中で揺さぶられて舞踊を観ることは極めて特異な経験として残っています。
全1回の貴重な再演のようです、皆様是非。

*また、この公演で映像を担当されている遠藤龍さんは、10月10日から行われる文化庁メディア芸術祭新潟展でも地元招待作家として映像インスタレーションを発表されます。あわせてご覧頂けたらと思います。http://www.mediaarts-niigata.com/exhibition/

Posted by shimaf at 23時08分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2016年09月29日(木)

160929 [《変容の対象》]

《変容の対象》15-16小節目を先ほど濱地潤一さんへ送る。

今朝、16小節目には2音だけ書いていたのだけれど、何度も聴き返すうちに不要に思えたので削除して、15−16小節目はピアノは無音とした。明日は今月の最終日だから、今月の《変容の対象》はここで終わるのかもしれない。

Posted by shimaf at 21時15分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2016年09月27日(火)

160927 [《変容の対象》]

濱地潤一さんへ《変容の対象》の11−12小節目を送る。

前回送った10小節目のピアノの左手に今更気に入らないリズムがあることに気がつくが、一度送ったものは訂正できない約束なので、反省して前に進むことにする。

Posted by shimaf at 23時15分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2016年09月26日(月)

160926 [《変容の対象》]

濱地潤一さんへ今月の《変容の対象》9−10小節目を送る。
今月は音数は少ない楽曲だが互いに機能する色濃い構造が見られる。

(先日の東京での再会が影響しているのかもしれない、などと勘ぐってみる。)

Posted by shimaf at 03時27分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

menu

9

2016


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

PHOTO

7月の2曲。

7月の2曲。

110803

110803

武満徹作曲賞。

武満徹作曲賞。

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

RSS1.0 podcast

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2007-2009 mimiZ All rights reserved.