mimiZ

mimiZのライブ情報、音源などを発信していきます。

2014年05月11日(日)

140508-11 [《変容の対象》]

濱地潤一さんより、今月の《変容の対象》2014年5月の第一小節目を受け取る。
書かれたのは8日の夜のようだが、私がメールで受け取ったのは9日の朝だった。

聴いて、方向性が見えたが、それを上手く実現するためにちょっと整理が必要でまだ上手く書けない。

濱地さんからの旋律のリズムにはわずかに周期性があり1小節分を2つにわけてみると
4 3 3 2 3 2
4 3 3 2 3 3

となる。
冒頭文は「point_etude」。

Posted by shimaf at 09時26分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2014年05月07日(水)

《patrinia yellow》('13) 楽譜 [福系]

画像(320x307)・拡大画像(659x634)

《patrinia yellow》('13) 楽譜、解説文はほぼ書き終えたと思っていたけれど、あらためて見直すと何度読んでもよく分からない文章が多く、何を捉えていたのか不明瞭すぎてげんなりしてくる。先月の後半は頭もよく働かず、文をどう直していいか分からなかったので、そのまま清書してしまおうかとも思ったけれど、やっぱりそれは良くないだろうという事でここ数日手を入れている。

文を端的にできると意図も分かりやすくなり、あぁ、自分はこういうところに感心があるのだなとあらためて気づかされるところもあって良かった。(つまり楽譜をまとめる作業とは、そういう「発見」のための作業でもあるのだろう。)

最終的になぜそうしたかを説明するのは難しい部分もあるものの、どうできているのかだけは最低限記述できているものにしたい。完成にはもう少し時間が必要だ。今月に入ってからは少しだけ作業も進むようになったし、本や音楽にも少しだけ時間を割けるようになってきた。これは忙しさとかの問題でもなく、良い集中力があるかどうか、常にそうありたいけれどなかなか難しいものだ。

Posted by shimaf at 08時31分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2014年04月30日(水)

140430 [《変容の対象》]

濱地潤一さんと私で2009年より進めている今月の《変容の対象》も無事に終わった。今年は先月もそうだったけど曲としては大分難しいものになっていると濱地潤一さんと振り返った。演奏は優れた奏者であればおそらく不可能ではないだろうけれど。一般的な超絶さというものではなく、2つの時間が別々に流れているような、時に寄り添うような、、その辺りをずっと揺らめくように進行する、そういう表現を求められる難しさがあると思う。
でもそうした音楽の美しさをいつか生演奏で聴いてみたい。
(2009年から2013年までの曲は以下のwebに。http://www.shimaf.com/h/ )

Posted by shimaf at 23時49分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2014年04月24日(木)

140424 [《変容の対象》]

画像(320x213)・拡大画像(800x533)

2014年4月24日の朝に、14-15小節目を濱地潤一さんへ送る。

Posted by shimaf at 09時25分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

《patrinia yellow》('13) 解説 [福系]

画像(320x227)・拡大画像(773x549)

《patrinia yellow》(2013) の解説を書いている。内容自体はもうずっと前に書いていたのだけれど、空いた時間にしか作業できないからゆっくりとしか進まない。気を抜けばすぐに数ヶ月過ぎてしまう、そんなペースだ。

そんな様子で進めて、最近ようやくレイアウト作業に入っている。レイアウトしながら文章の微調整もしているが、分かりやすくはないな、、と思われるところが多く限界を感じる。そもそも曲の解説になっているのかどうか分からない。

作曲の出発点は音楽を作ろうとはしないこと、それ以前の準備をしっかり進めてその関係を時間軸の中で展開してみせることが重要な事柄なのだけど、
あわよくば音楽との接点を持つことができるならなぜなのか。そこから何を音楽的な要素として選び取っているのかが透けて見えないか。

実際の作曲中は締め切りもあるから言葉は抜きにいろいろな決定をしていくことになる。そこで上手く言語化できないものももちろん曲には反映されているはずなのだけど、こうして楽譜にする段階になってようやくそうした不明瞭な領域とじっくり向き合うことにもなる。もちろんそれが主な興味の対象でもある。

曲自体の解説(これをどう聴くべきか、というような)にはなっていないが、まずは曲の設計において一番気にしていた事、組み立て方をしっかり残しておこうと思っている。

Posted by shimaf at 01時47分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

menu

5

2014


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

PHOTO

100220-21

100220-21

ANTI music Temple ! のみみづ音源抜粋。

ANTI music Temple ! のみみづ音源抜粋。

180221

180221

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

RSS1.0 podcast

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2007-2009 mimiZ All rights reserved.