mimiZ

mimiZのライブ情報、音源などを発信していきます。

2014年02月25日(火)

『BETWEEN YESTERDAY & TOMORROW 2014 in SEOUL』 [レポート]

前田真二郎さんが明日から韓国滞在だそうです。

以下転記させてください。

+(前田真二郎さんのFBより一部転記)
2月27日、ソウルでメディアアーティストのセオ・ヒョンジョンさんと、コラボレーションプロジェクト『BETWEEN YESTERDAY & TOMORROW 2014 in SEOUL』を開催します。

韓国の作家の方にBYTを制作してもらって3/2に上映会をする予定。

"BETWEEN YESTERDAY & TOMORROW 2011-2012 for FUKUSHIMA" も出品しています。

http://jmaf-promote.jp/global/945.html

Posted by shimaf at 23時20分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

円盤田口史人のレコード寄席@北書店 [レポート]

2014年2月23日:高円寺「円盤」の店主、田口史人さんが新潟の北書店に来て、レコード寄席を行うというので足を運んだ。都合で最後の1時間だけ聴くことができたが、いつものごとく楽しかった。会場も40名近いお客さんが集まっていて良い雰囲気だと感じた。

田口さんとは約4年ぶりの再会で、おそるおそる挨拶させてもらうと、あ、福島君、と笑顔で挨拶してくださり嬉しかった。

打ち上げにも「最初だけ。」のつもりで顔を出したが、結局最後まで参加した。Mimizで2005年くらいからちょくちょくお世話になった円盤でのライブの話になると、僕自身もいろいろなシーンが蘇ってきた。大分曖昧な記憶になっているものもあるけれど、それらは時系列にならべるのが難しいだけで、印象的なシーンはわりと鮮明に覚えてる。人の記憶はそういうもののようだ。最終的には時系列は関係ない。僕自身では田口さんのパフォーマンスが一番多く印象に残っているようでもあった。

Asunaさんと田口さんがメインメンバーのユニット「船」の話になる。「船」は完結しました(「船」は小川未明の「赤い船」の世界を歌にしてきたユニットで、最後の話に曲ができ、完結)、という田口さんの言葉に、清々しい寂しさを覚えた。田口さんの作品はいつもきっちりとした時間の構成や物語を持っている。
「船」での楽譜を濱地潤一さんに吹いてもらいながら演奏した事を田口さんは思い出されて(僕も濱地さんからそのデュオの話しは伺っていた)、あの演奏はとても良かったんだよね、と嬉しそうだった。僕もそれを聞いて嬉しくなり、それは濱地さんに伝えますね、と言って後日濱地さんへメールした。

田口さんは東京に「円盤」という重要なスポットを続けながら、ご自身のライフスタイルを貫き通している、ということをつくづく感じた時間だった。もし「円盤」が無ければ、私は濱地潤一さんと知り合っていなかったわけだから、少なくとも音楽に対する私の現在は全然違っていたのだ、そんな事を翌日の朝に強く感じた。

Posted by shimaf at 19時17分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2014年02月24日(月)

140223-24 [《変容の対象》]

2014年2月23日に日付の変わった深夜、9−10小節目を受け取る。

23日の夜は北書店にて、円盤の田口史人さんによるレコード寄席があった。
終わり1時間前くらいに足を運ぶことができた。
田口さんとは2-3年ぶりだったが、お会いできてとてもうれしかった。



24日のお昼に10-11小節目を送る。

Posted by shimaf at 18時40分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2014年02月22日(土)

140219-22 [《変容の対象》]

4-5小節目を濱地潤一さん送ったのがたしか19日。

5-6小節目を受け取ったのが20日の朝。

6-7小節目を送ったのが20日の夜。

7-8小節目を受け取ったのが21日に日付の変わった深夜。

8-9小節目を21日のお昼頃に送る。

途中小節番号が違ったままでメールのやり取りが進行してしまうなど、少し混乱を招く事態になったが原因は私にあった。その他にも細かいところでミスが目立つ。

自分の進めなければ行けない作業もどうも良い集中力で行えない日々になっている。特にどうのという原因もないので、単なる気の弛みなのかもしれないが、あまりに多いので嫌になる。

《変容の対象》の曲自体の進行はミスと思えるところは少なく進んでいるから最低限良いとは思う。



2013年10月の下旬に韓国で発表したイベントのレビューのようなものを見つける。韓国語だが、翻訳機を使って悪くは書かれていない事は理解した。
http://www.ewhamedia.net/294
良い経験だった。



+(追記)
翻訳用にコピーペーストしやすいページは以下でした。内容は同じようです。
http://www.ohmynews.com/NWS_Web/View/at_pg.aspx?CNTN_CD=A0001920767

Posted by shimaf at 08時36分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2014年02月20日(木)

2014.02.22 Sat - 03.09 Sun [告知関係です。]

アンスティチュ・フランセ東京×アツコバルーarts drinks talk連携展
オルタ-ナラティブ|物語の網み目に
ピエール・カルニオー/ティエリー・フルニエ 前田真二郎

にて、前田真二郎《BETWEEN YESTERDAY&TOMORROW》(2011-13)の上映や

IAMAS出身アーティストのセレクションを前田真二郎さんが担当した約120分の上映などが行われるそうです。池田泰教さんの「3Portraits and JUNE NIGHT (2013) 」も!

http://l-amusee.com/atsukobarouh/schedule/2014/0222.php


以下<IAMASセレクション(120分)>の詳細も一部転記させてもらいます。
+++++++++++++++
<IAMAS出身アーティストによる短編 8作品>

01
VOICE PORTRAIT self-introduction Remix 2013 (2009-) 3'55"

VOICE- PORTRAITは、YouTubeなどにある”自己紹介動画”を作者が模倣するという映像表現の試みです。映像上の人物が話している言葉や表情、身振り を模倣することで、「私」が語っているように見えながら、声やそれが語る言葉は「私」のものではないという状況が生まれます。

松島俊介
1984 年生まれ。代表作に、ヨコハマ国際映像際(2009)、アートアワードトーキョー丸の内(2010)でグランプリを受賞した『VOICE- PORTRAIT self-introduction』がある。近作はストックフォトサイト“PIXTA”で自身のポートレートを販売する実験的作品を展開。

02
RGB Home Video (2013) 4'30"

父 が撮ってくれたホームビデオをPCによって赤.青.緑の三原色に分解し、手書きで再構成したアニメーションです。記録というより思い出という言葉がふさわしいホームビデオを、一つ一つ手でなぞり再構成していくことにより、昔の記憶を私なりに見つめなおした作品になります。

北上伸江
1985 年生まれ。手書きアニメーションによる映像制作をおこなう。「絵画」「写真」「ビデオ」「イラストレーション」をキーワードに、新たな表現手法を模索して いる。川崎市市民ミュージアム「新世代アーティスト展 in Kawasaki - セカイがハンテンし、テイク」に参加(2013)

03
TODAY Album 1201-1207 (2013) 08'40"

両親が作成した作者の幼少期のアルバムをもとに場所を設定し、その忘れてしまった場所を巡り、7日間の撮影を行った。撮影したショットには何かしらの価値があるという仮説のもと、膨大な全てのショットを作者が設定したルールで機械的に編集した「風景映画」。

伊藤遼
1988年生まれ。大学時代から自主制作映画に出会う。以降、劇映画にはないスナップ映像に宿る映像の生々しさを描き出す風景映画の制作を始める。

04
Road Cut Through a Hill (2013) 9'20"

近所の浜を散歩していて排水用の構造物を目にした。その佇まいからうろ覚えの絵画を思い出し、そこを「切り通しの坂」と名付けた。絵画とは洋画家・岸田劉生 による『切り通しの写生』のことであった。映像作品『切り通しの坂』は、その場所の風景をモチーフとして過ごした作者の3日間の日記である。

木村悟之
1977 年生まれ。デュッセルドルフ在住。GPSを頼りに空間を移動しながら撮影する『軌跡映画』が2006年にSOL CHORDよりリリース。このシリーズは国内各地で制作されている。大橋仁写真事務所を経て、スチール・カメラマンとして活動後、2013年よりドイツで 制作を行っている。

05
たまたび 春水荘2012 (2012) 13'40"

愛知県蒲郡市の形原温泉街にある旅館 ”春水荘”をアーカイヴすることをテーマに構成された作品。2012年に”春水荘”において発表した、映像と実空間を連動させたビデオ・インスタレーション作品の映像パートを抜き出し、再構成したもの。

斎藤正和
1976 年生まれ。主な作品にコンピュータ自動編集による『Sunsession』シリーズや、岩下徹(ダンサー/舞踏家)とのコラボレーション 『動の影 ~ 岩下徹というからだ ~』がある。シングル・チヤンネルの作品だけでなく、国内外でビデオ・インスタレーションを発表。

06
Mr.S &Doraemon (2012) 15'25"

2008年に制作した『DORAEMON』という作品と、2011年の震災という大きな出来事が自分の頭の中でつながり、制作にするに至った。実写とアニメーションのサンプリングを構成した1秒1カット15分の映像作品。

鈴木光
1984年生まれ。代表作にシネマヴェリテを再解釈した短編映画『安楽島』がある。現在は、2013年ポーラ美術振興財団 若手芸術家在外研修員としてベルリンに滞在。

07
PASSAGES (2011) 13'45"

東洋と西洋、各地のフィールドレコーディングを再構成する映像作品。撮影、編集、作曲、演奏など、すべての制作プロセスをアーティスト自身が行う。オリジナル音声は、DSDフォーマット(2.8224MHz)にて収録。

三澤太智
1983年生まれ。オーディオビジュアル、インタラクティブアートに関心を持つ。Ars Electronica 2012、ADAA、Japan Instituteなどで展示。オーストリア・リンツ在住。

08
3Portraits and JUNE NIGHT (2013) 44'35"

栃木県益子町の震災前後を2つの手法で描いたドキュメンタリー映画。前半の"3Portraits"は東日本大震災前のインタビューを元にした3つのビデオポートレート。後半の"JUNE NIGHT"は震災後の聞き取りを元に監督が脚色を加え、本人による再現を交え制作された≒ドキュメンタリー。

池田泰教
1976 年生まれ。49日間のドキュメンタリー「7×7」、福島に住む家族を主人公にした短編「BYT A QUIET DAY」「BYT Hanging in mid air」など。仏レーベルlowaveのコンピレーション企画[HUMAN FRAMES]への参加など、国内外で発表を続けている。
+++++++++++++++



是非。

Posted by shimaf at 07時45分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

menu

2

2014


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

PHOTO

Feb.05,2008_円盤mimizの演奏抜粋。

Feb.05,2008_円盤mimizの演奏抜粋。

mimiz 送信音 連続3/10。

mimiz 送信音 連続3/10。

130113-18

130113-18

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

RSS1.0 podcast

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2007-2009 mimiZ All rights reserved.