mimiZ

mimiZのライブ情報、音源などを発信していきます。

2012年12月30日(日)

121230 [《変容の対象》]

画像(320x213)・拡大画像(800x533)

夜に濱地潤一さんより11-12小節目が送られてくる。2012年12月30日の夜。

11-12小節目とほとんど同じ音形の濱地さんの組織。それでもまったく別のものに感じられると言う、目と耳が遊離する感覚を覚える。これはすばらしい。

おそらくここでfineになると思う。明日、濱地さんへ返事をして、今年の《変容の対象》も終わる。
来年は5年目だから2013年の第1小節目は福島から、かな?

http://d.hatena.ne.jp/hamajijune/20121230
+


ほら、夢であるじゃないですか あ、これは夢だなーとか考えながら見ている夢
あれ不思議ですよね 半分だけ寝ているような状態なんでしょうかね 後半から話を自分でコントロールしはじめたりして、、

などと知人に延々と話をしている夢を見て 目を覚ます。

その話し相手は、知人と思われる存在であるけれども、よくよく考えれば見知った人の誰とも一致しないのだから面白い。存在の影に触れているようなものかもしれない。

+

コンピュータ処理における手法で最近考えている事があり、厳密にアルゴリズミックなものなのかどうかの判断は分からないのだけど、それは「音の写像」を考えるということにある。

ひとつの楽曲から相対的な関係を抽出する。それらはおそらく数値のリストになるのだけれど、そのリストをコンピュータの再生条件に当てはめて変換利用するとどうなるか。

これは個人的には《氷中フロレット》から無題シリーズに移行した流れと結局同じ行為になる。それらを通して毎回感じて来たのは数値上に現れている数の関係がどの程度音の組織の関係に反映されるのかという事だった。いや、結局反映されているものをどれだけ知覚できるのかどうかということになる。

先日の12月22日の演奏は12×12の行列を処理の根幹においていたし、そこから生まれた音はすべてその再生原理の上に成り立っていることになる。特に、ピッチに関しては12種類の音の内のどれかが使用されているけれども、演奏中にその「どのように12種類の音を振り分けるか」という尺度は変化させている。12平均律の音高世界の中であるときもあるが、多くはオクターブの幅を広くとったり狭く取ったりしているのである。基本となる調律が任意に動く世界で、12種類の音の分別をするなど、相当に訓練された人でなければ意識的になれないと思う。
実際、その日の演奏を何度か聴き返しているけれども、そうした関係性を意識はするけれど、正しく判断できているとは思えない。それ故に、毎回気づきがあるとも言えるのだけれど、演奏時にはそれほど聴き得ていなかったのは事実で、結局のところリズミックなアプローチに逃げているとも思える。ただ、単なる反復に陥っていないのは12×12の行列の情報量が単なる反復と知覚するには難しいほどの充分な長さを持っているということなのだろう。
だとしたら既に充分なほどに人のための音楽では無くなりはじめている。それが喜ばしいかどうかは分からないけれど、一方で聴き手としての立場になった場合は、これらの音響に対してはその背後で働いている極めて抽象化された関係性(ここでは数の関係性)に耳をやる事に集中したい。その関係性の存在の影こそがこの音響なのだという意識で聴くのとそうでないのとでは聴こえ方も違ってくるだろう。

+

濱地潤一さんの最近のアイディアでサックスとコンピュータのアルゴリズミック・コンポジションの話が話題になっていた。上記の最近の興味から素直に反応すれば、まずはそのバッハの旋律を分析して数値のリストを作り、それを処理のエンジンに使えば良いのではないかと思う。
今のところ、試してみる価値があると思えるのはそのような方向性だ。

http://d.hatena.ne.jp/hamajijune/20121227

http://d.hatena.ne.jp/hamajijune/20121229

Posted by shimaf at 23時28分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2012年12月28日(金)

121228 [《変容の対象》]


2012年12月28日:濱地潤一さんへ、ようやく10-11小節目を送った。

Posted by shimaf at 08時13分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2012年12月27日(木)

121224 夜 - 25 朝 [《変容の対象》]

2012年12月24日の夜:日付が変わる前に濱地潤一さんへ8-9小節目を送る。

http://d.hatena.ne.jp/hamajijune/20121224

2012年12月25日の朝:濱地潤一さんより9-10小節目が送られてくる。一応fineを想定できる組織になりました、とメールに添えられていた。

http://d.hatena.ne.jp/hamajijune/20121225


+
《Amorphous ring II》の楽譜が完成したら、次は濱地潤一さんの曲《埋没する3つのブルースに捧げるcondensed music》の楽譜制作に入らないといけません。時間はいくらあっても足りませんね。いや、時間はあるのですが、良い集中力がないようです。コーヒーで一時的に垣間見える事もありますが、おそらくそれは偽物、幻なのでしょう。

《Amorphous ring II》の楽譜はあとは表紙とクレジット表記さえ整えれば良いようにも思うし、まだなにか忘れているようにも思います。

+
もう何年も迷って、結局今年のはじめに《氷中フロレット》(マリンバと室内アンサンブルのための)という曲において12×12の行列を一つ作りました。私はクラリネットという楽器の閉管という特性から現れる音階の特徴にささやかな魅力を感じていますが、今回この12×12の行列はこの楽器の特性を少なからず反映させたものでもありました。《氷中フロレット》の根幹となっているこの行列を、今年は5月に濱地潤一さんとの二人展の中で1曲だけコンピュータのみ演奏で使用しました。6月には結局未完に終わっていますが、コンピュータと木管楽器(クラ×2、オーボエ×1)の為に書き、木管パートのみ録音しました。その録音を使って再編集した習作をいくつか残し、ライブでは11月と12月の発表に使用しました。特に先日の12月の発表では、12×12の行列をエンジンとしてコンピュータ内部でも走らせ、音を多用に処理/構築していく様が(まだ決定的ではないにしろ)見られたように思います。
12という数字を把握するのは私には難しく、ライブ中にすべてを聴くことができたとは思えませんでした。それはやってみて分かった事ですが、しかし次へのキーワードになるように思いました。

そして、今月の《変容の対象》でもこの12×12の行列は使用しました。濱地さんのアプローチと相まって、また一つ様子の違ったものに仕上がりそうで嬉しく感じています。

生命においては12×12の要素などほんの些細なものに違いありませんが、それでも音の世界でこれだけ多用に振る舞うという事実を充分理解する必要がありそうです。もしそれが正しく理解できれば、世界の多様さと生命の尊さがいっそう響きを増して迫ってくるかもしれません。


+
http://d.hatena.ne.jp/hamajijune/20121227

Posted by shimaf at 08時38分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2012年12月24日(月)

121222-23 [レポート]

Posted by shimaf at 18時08分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2012年12月21日(金)

121220-21 [《変容の対象》]

画像(320x213)・拡大画像(800x533)

2012年12月20日の夜。濱地潤一さんより今月の《変容の対象》7-8小節目を受け取る。
http://d.hatena.ne.jp/hamajijune/20121220

+

トポロジーはおそらく、粘土をこねたり身体を使って造形を作る事を経験している人のほうがきっとイメージしやすいに違いない。そこから入って、もはや身体の経験が意味を持たない理論の先の世界を覗く段階になった時はどうなのだろう。

+
プログラミングを進めているが、パラメータが増えすぎて焦点がしぼり切れない。毎回違った地平にたどり着く。プログラミングは静的に確定しているのだけれど、そこから何が引き出されるかがまだ触れていない領域もありそうだから、それらに向き合う作業が必要になってくる。思考の先に隠れていた表現に出会えた時ははっとする。

だけれども、現段階だと大部分の時間を何もおこらない状態のまま浪費してしまう。悩ましい。

Posted by shimaf at 08時01分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

menu

12

2012


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

広告

PHOTO

試作 mimiz podcast 第一回目。

試作 mimiz podcast 第一回目。

土居哲真さん次回作。

土居哲真さん次回作。

101203

101203

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

RSS1.0 podcast

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2007-2009 mimiZ All rights reserved.