mimiZ

mimiZのライブ情報、音源などを発信していきます。

2012年07月07日(土)

I am we_interactive image(2) [告知関係です。]

画像(320x213)・拡大画像(800x533)

島国の日本に育っているせいか、普段のコミュニケーションというものは多くの前提の上で成り立っているように感じる。それに自国の人が相手ならば、些細な身振りや表情でおおよその心の機微を受け取る事もできるし、想像以上に複雑なニュアンスをやり取りしているのだと思う。

一方で、海外で感じるのは(特に私のようにほとんど言葉も話せない者ならなおさらだろうけれど)感覚的には明確で、しかし静かな世界が広がっているということだ。複雑なニュアンスは分からないし、必要ないような気もしてくる。明るい、暗い、楽しい、恐い。喜んでいる、悲しんでいる。
非常に分かりやすい情報だけを扱っているように思う。こうしたところにこそ、ある種のポップネスは存在しているともいえるし、それを前提に物事が進行する世界というのもたまには清々しい。そして言語の世界ではこうした静けさがあり、しかし、視覚や聴覚からは対照的な、異国の情報の渦の中にあり、まばゆい刺激を得ることになる。ここから、どのような情報が鋭く伝達し得るのかということを考える余地は出てくるとは思う。


wolfさんの作ったI am we_interactive imageのプラットフォームをたまに使用していると、写真のアップロードやmp3のリンクに対して、比較的多くの方がコメントを残してくれる。その方達からは、この写真をどう言葉にするのか、何を感じたかを伝えるという意思が強く感じられる。個人的にはこうした映像や音声情報をどう判断するかを声に出してもらえるのはかえって新鮮な感じがする。
みな同じように感じてくれているようだ、とも言える安心感と共に、しかし皆同じように感じない可能性もあるからわざわざ言葉にしてくれている、というような少しばかりの緊張感も潜んでいるようにも思う。


2ヶ月ほど前、I am we_interactive imageに参加しているChristiane Maruschka Hasselmeierさんより連絡をいただいた。彼女はピアニストで20年ほど前にはバロック音楽を演奏するために日本でツアーをした事があるという。今回のwolfさんの展覧会にあわせて、詩を作り朗読する予定らしい。それに音楽を付けられないかというのが彼女の提案だった。
数回のメールでのやり取りをした後、様々な可能性を考えたが、
とにかく素材用にと、詩の朗読の録音を送ってもらった。その声を聞いたときに、自分の中で何かが腑に落ち、方向性が定まった。あとはスムーズだった。
この場合は声に潜むある種の質感によって方向性は決定したと言ってよい。

また、この曲はオープニングイベントで再生され、展示中もヘッドフォンで聞けるようになるそうだ。(また、他にもイベントが行われ、日本からは赤松正行さんも現地に足を運び演奏されるようである。)


その後もMaruschkaさんとは写真や音を通してやり取りしている。
言葉でのコミュニケーションはぎこちないが、音や映像での情報交換は驚くほどしっかりした芯を持って行われたように思う。不思議な体験だった。

Posted by shimaf at 12時59分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2012年07月05日(木)

I am we_interactive image(1) [告知関係です。]

画像(320x231)・拡大画像(800x579)

Wolf Nkole Helzleさんの展覧会が2012年7月15日から8月15日まで行われる。
展覧会の副題には「A global social media art project by Wolf Nkole Helzle」と書かれている。Wolfさんのアートテーマに賛同して集まった多くの方たちとの交流の場にもなることだろう。

Wolfさんを僕が知ったのはIAMASの頃で、たしか大垣ビエンナーレの招聘アーティストとしてドイツから来られていた。作品は大垣市の多くの方の顔を撮影して、モーフィングしながら大きくプロジェクションするというものだった。
その後、そうした作品の流れに繋がるものとして、近年は知人の写真を収集して画像のドットとして扱い、そこからモザイク・イメージを生み出すような事をやられていた。

そして現在は、そのような作業をWolfさんの手作業ではなく、web上のプラットフォームとして完成させたのが今年のようだ。現在そこは独自のSNSのようなものになっている。参加はメールとパスワードの登録のみで可能。参加者はログインしたら自分の日記に画像をアップロードすればいい。普通にブログのように使っている方もいるようだ。
http://interactive-image.org/en/

今回はこのプラットフォーム完成後、おそらく2回目?の展覧会という事で、オープン当日には参加者の様々な発表とともに交流会が行われるようだ。
「I am we」というテーマも明確だし、なによりWolfさんの人柄から感じるものが多く今でもたまにメールなどでやり取りできるのはありがたいことだと思っている。

wolfさんがテレビ?に出演されている映像があったので、
(facebookでは公開されているようだったので)リンクを張ってみる。
Youtube I am we_interactive image

Posted by shimaf at 09時20分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2012年07月03日(火)

念願の書籍が到着。 [福系]

画像(320x217)・拡大画像(800x543)

メール便だったのにポストに投函できなかったからと、持ち帰られてしまい、受け取りが今日に。

まだパラパラと見ただけだけど、すばらしい内容。
情報の充実ぶりに心が震えた。

Posted by shimaf at 19時01分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2012年07月02日(月)

. [福系]

画像(211x320)・拡大画像(460x695)

生来怠惰でわがままな人間であるので、そういう自分の嫌な部分は極力観たくない。非生産的なものの考え方もしたくない。限られた時間のなかで作らなければいけないのはかけがえのない一瞬だし、そこから繋がって行く何かのはずだ。

ただ、夜中にすれ違うことごとく酔っぱらって奇声をあげる若者達に本気で厳しい視線をおくったり、心の中で愚痴をこぼすような事もたまにはしよう。
そんな状態の時はSNSなどを通じて伝わってくる情報の多くが反転して心に響いたりもする。受け手の精神にこれだけ依存してしまう情報というのも、とても危ういと思うし、それこそ怒りに身を任せようものなら泥沼に落ちることになりそうだ。そういう非生産的な議論はうんざりなのだ。

今日はバランスはとらない。

睡眠は大事。

Posted by shimaf at 22時32分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2012年06月29日(金)

120629 [《変容の対象》]

画像(320x213)・拡大画像(800x533)

2012年6月29日:早朝、濱地潤一さんへ10-11小節目を送る。

Posted by shimaf at 22時17分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

menu

7

2012


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

広告

PHOTO

110709

110709

090909

090909

130103

130103

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

RSS1.0 podcast

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2007-2009 mimiZ All rights reserved.