mimiZ

mimiZのライブ情報、音源などを発信していきます。

2012年01月22日(日)

mikkyoz 2012 砂丘館 特別展示 [レポート]

昨日、mikkyozの特別展示に足を運んだ。閉館が21時までということだったので、20時頃入館。なんとか間に合ってよかった。

最近、個人的な鑑賞の仕方として「生命に触れる」つもりで観る、ということを試している。少し前なら「精神に触れる」と書いていたはずだ。

新潟という同じ土地を共有している人たちがこうして何かを捉えて声を上げているという事実そのものにまずうれしさと、そして前向きな刺激を受ける。

彼らの置いた写真、映像、音から僕は何かしらの記憶を刺激されるような気持ちになった。その記憶の先には「雲間から覗く太陽の光」があり、これはこの土地に生活する人達なら比較的共有しやすい記号かもしれない、この展示が多くの共感を持って迎えられていることも納得できた。そして個人的な精神の発露だけで終止せず、自然の、生命の佇まいにそっと身を置くことをかろうじて可能にさせる、貴重な領域も確かに持ち合わせているようだった。


展示は今日(2012年1月22日21時)まで。
http://www.hanga-cobo.jp/sakiyu/index.html

Posted by shimaf at 08時30分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2012年01月17日(火)

120117 [《変容の対象》]

2012年1月17日に日付の変わった頃:濱地潤一さんへ《変容の対象》2012年1月の3-4小節目を送る。あっという間に時間が過ぎるのでまいる。

http://d.hatena.ne.jp/hamajijune/20120116


+
Mimizの鈴木悦久さんが無事に日本へ帰国している。
メールのやり取りをしていると、Mimizの感じが戻ってくるような気がする。

あぁ、これでも僕も無理に対面的なバランスをとろうなどと思わなくてもいいんだな、と思えるなにかを感じる。

Posted by shimaf at 02時25分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2012年01月12日(木)

120112 [《変容の対象》]

画像(320x213)・拡大画像(800x533)

2012年1月12日の朝:濱地潤一さんより《変容の対象》2012年1月の2-3小節目を受け取る。

http://d.hatena.ne.jp/hamajijune/20120111

濱地さんのアプローチに、ここのところ濱地さんがずっと研究されているものの一端が反映されてきているように感じられた。(もしそうだとしても、あくまでも一端だと思う。福島さん、そんな浅はかなこと言わんといてください、とか言われそうだけれど。)

でも間違いなくこの曲も、また新たな枝葉になりそうな気がしています。


++++++++++++

《変容の対象》2011年版の総括のための文章を一応書き終える。
後日、校正予定。

Posted by shimaf at 08時03分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2012年01月10日(火)

120106-10 [《変容の対象》]

画像(320x213)・拡大画像(800x533)

《変容の対象》2012年の作曲が始まった。


2012年1月6日に濱地潤一さんより、第一小節目を受け取っていました。
http://d.hatena.ne.jp/hamajijune/20120106

10日に午後に1-2小節目のピアノパートをようやく送りました。


+++

その間に、合唱の本番、濱地さんとSkypeチャット、東京でミーティングなど行う。まだまだやる事はあるが、ひとつひとつ。
去年の反省を活かして、ちょっと頑張らないとと思う。

Posted by shimaf at 13時48分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2012年01月03日(火)

111231-120102 [《変容の対象》]

画像(320x213)・拡大画像(800x533)

2011年30日から31日に日付が変わる頃、夜行列車に乗るために駅のホームにはいった。ところが、何やら秋田で起きた停電の関係で列車の到着が大幅に遅れているという。駅員さんが一人いらっしゃって、「この駅からお一人乗車される事は分かっておりましたので、ホームの待合室を暖めて待っていました。」
丁寧な対応に恐縮しながらホームで待つことにした。約2時間のぽっかり空いた時間だった。

そこで、ホームの中で《変容の対象》2011年の12曲(ついさっき完成したばかり)を聴き直すことにした。全曲を通して聴くと改めて感じる部分も多く、それは2009年と2010年版とも違った質感を持っているようだった。それに幾分不思議な質感を感じたが、それは何かを言葉にしたいと思った。

これに関しては、現在、総括する文章を作成している。濱地さんも同時に作業を進めているので、2人の文章が書き終わった段階でお互いに情報交換しようと思う。(昨日メールで濱地さんからも軽く感想をいただいた、概ね似た感想を感じている。)

http://d.hatena.ne.jp/hamajijune/20111231

31日の夜にMimizの鈴木悦久さんから電話をもらった。無事に帰国したという。お疲れさまでした。これから楽しみになっています。


31日から元旦、この二日は移動が多かった。1日2日は実家でゆっくり過ごした。でも少し疲れが出たのか頭痛に悩まされた。


3日は体調も普通に戻った気がする。夕方にはメールもゆっくりできる体調/環境に戻るだろう。





Posted by shimaf at 12時06分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

menu

1

2012


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

PHOTO

COOKIE SCENE vol.55

COOKIE SCENE vol.55

100906

100906

111217

111217

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

RSS1.0 podcast

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2007-2009 mimiZ All rights reserved.