mimiZ

mimiZのライブ情報、音源などを発信していきます。

2011年03月07日(月)

110306 [《変容の対象》]

画像(180x119)・拡大画像(800x533)

濱地潤一さんより、メール。今月の変容の対象の返答は少し難航しているので少し考えさせてくださいということだった。ゆっくり着実にいきましょう。

今月の動機を考える際に、それは先月中からいくつか可能性は考えてはいた。いくつか候補があったのだけれど、結局どれも採用しなかった。3日の日の夜に自然と出て来た響きとフォルムを採用した。

これまで《変容の対象》ではどれも何か未聴である部分というものを探して来たと感じている。作品をうまくまとめるという思考よりもそれは強く働いていたように思う。僕と濱地さんの中にはそういう部分が少なからずあるように思う。

その結果、今年の2月の曲のような中にはある種の難解さと取れるものが作用してくることになった。それは本当に一聴して「よくわからない」という部類のものなのかもしれないが、丁寧に組織した結果そうなっている事の面白さを感じている。
「現代音楽」と言ったときに必ずつきまとう一定の「難解なトーン」というものと同質の領域と同じとも思えない「別種の難解さ」があるように思うからだ。これは我々にとって宝である。

一方で今月の動機は一見明快な響きを持っていると思う。さて、ではここに濱地さんはどのような旋律を加えられるのか。もちろん、今月の位置づけはこれまでの《変容の対象》で作られて来た曲との関係とも無縁ではない、それらすべての影響しあっている状況の中で次に打つ手を考えていかなければ行けないのだから、これは大変な状況にはなってきているのだ。妥協はそのままモチベーションの低下をもたらしかねないからだ。表の方法論もあり裏もある。裏の裏も考えてみる、そんな一手をどう置くかが、また未来の小曲に影響を与えていくのだろう。

一見明快なものを未聴の領域に導くための魔術の存在は我々は知っているけれど、(モーツアルトの長調が一般的な短調よりも物悲しく響く場合)
それをどのように系統立て再利用できるかはまだ知らない。ただ、《変容の対象》は3年目に入り、時間の蓄積からようやく見いだされつつある種のパターン、そうしたものには接触しかかっているかのように見える。



http://d.hatena.ne.jp/hamajijune/20110304

Posted by shimaf at 01時11分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2011年03月05日(土)

110304 [福系]

画像(180x119)・拡大画像(800x533)

2011年3月4日 雪

午前中に古町の画廊FullMoonで藤井君と4月11日のイベントの打ち合わせ。平日だけれど多くの人に満足してもらえるものにしたい、という話になる。藤井君の熱意がすごくありがたい。FullMoonの柱時計の音を久しぶりに聴く。やはり生々しい。今日から栗田宏展が行われている。こちらもぜひ多くの方に見てもらいたい作品。「気」という作品すごいです。

その後、「旅の途中のカフェ」で藤井君とお昼。とても込み合っているが、打ち合わせも兼ねていろいろ話ができてよかった。興味は尽きない。藤井君はご出身が岩手。

その後、夕方まで喫茶店で作業。濱地潤一さんへcontemptの楽譜付きCDR音源用のまとめ(2回目)をして、郵送する。「ゲーテ形態学論集ー植物編ー」重要な箇所は読む。

夕方、寺尾に移動して劇団スリランカの公演を見に行く。満員御礼。レベルの高さに驚くとともに、とても楽しめた。開演前にスタッフの方に無理を言って撮影の許可をもらう。席を動かない、ストロボ、シャッター音は無し、の条件でOKをもらう。ただ、本番中は気を使ってしまって枚数は撮れなかった。思い返せば、撮っておきたいシーンはたくさんあった。細かくはまた。明日は最終日、応援してます。

元気をもらって村上まで電車移動。移動中に写真の焼き作業をしていたら、数年ぶりに乗り物酔い。脂汗。

夜中に去年の暮れに発表した、Amorphous Ring II の昭和音大での演奏を音質調整して寝る予定。まだまだやれることはある。ひとつひとつやっていこう。

トップの写真は藤井さん。

Posted by shimaf at 00時50分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2011年03月04日(金)

110206 [告知関係です。]

画像(127x180)・拡大画像(450x635)

日が経つのが早い。今週末はこれ。

http://www.ne.jp/asahi/moya/moya/aloneinthedark.html


alone in the dark

◆日時
3/5 土曜 19時〜22時

◆会場
正福寺 広間
(新潟市中央区西堀通7-1548)
地図→ http://j.mp/a6Lntd
無料&フリー味噌汁

◆出演
村上巨樹蛍光灯ギターソロ @murakaminaoki
Morito @moritoo
zombienience store @enshh

◆チラシ制作
基村英行(漫画研究会 犀の眼) http://sainome.moo.jp/

◆連絡先
070-5503-7063 笠原円秀

Posted by shimaf at 01時32分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

110303 [《変容の対象》]

画像(180x119)・拡大画像(800x533)

2011年3月3日 《変容の対象》3月
第1小節目を濱地潤一さんへ送る。ようやく送ることができた。まだまだやることはあるが、ひとつずつ進めていきたい。

Posted by shimaf at 00時59分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2011年02月28日(月)

110228 [《変容の対象》]

画像(180x119)・拡大画像(800x533)

濱地潤一さんへ《変容の対象》2011年2月の15小節目を送らせてもらう。ここで、今月の曲はFineとなった。
http://d.hatena.ne.jp/hamajijune/20110227

濱地さんからの15小節目は4分4小節の全休符で、メールに「15小節目は意図して休符にしました。fineへのピアノ組織に委ねます。」とのこと。
確認したところ、14小節目の終わりのほうに終止の響きを感じ、それ以上繋げる事が出来なかった。これには要因は様々考えられるがはっきりと言葉に出来ない。曲全体のフォルムを考えて、その方が好みに近いということかもしれない。
今月は最後の小節(15小節目)まで4分の10拍子の変更が無く進んだ。通して聞くとそれほど意識できないかも知れないが、各小節で主従関係は交代しており結果的にピアノとサックスの響きの距離が離れたり近くなったりを繰り返している。そこが面白いと思う。曲としては難解だと思う。個人的にはこの難解さが何かを考える事が今年の課題でもあるだろう。
http://d.hatena.ne.jp/hamajijune/20110228

Posted by shimaf at 16時07分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

menu

3

2011


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

PHOTO

091125-28

091125-28

170404

170404

オクターブから半音までの音程をそれぞれ12等分する(3)

オクターブから半音までの音程をそれぞれ12等分する(3)

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

RSS1.0 podcast

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2007-2009 mimiZ All rights reserved.