mimiZ

mimiZのライブ情報、音源などを発信していきます。

2011年01月18日(火)

110117-18 [《変容の対象》]

画像(180x119)・拡大画像(800x533)

2011年1月17日の夜は濱地潤一さんと電話で話をした。
変容の対象の音源についてや、近況や、「ダンス ダンス ダンス」についてなど。
http://d.hatena.ne.jp/hamajijune/20110116


先日送らせてもらった《変容の対象》2009年版の修正個所などについて。4月のsaxの旋律に明らかな誤りがあった。その後、夜に30分程度で修正する。音源の大方は仕上がったことになる。

18日の午後は時間が取れたので、《変容の対象》2009年版の楽譜のレイアウト調整を少し進める。ひとつの作業工程もページ数分(33ページ)あると思うとなかなか時間がかかる。地道に進めていきたい。

濱地さんの関連した記述
http://d.hatena.ne.jp/hamajijune/20110117




Posted by shimaf at 17時56分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2011年01月17日(月)

110115 [福系]

画像(180x119)・拡大画像(800x533)

11年01月15日は合唱団Lalariの練習に参加してきました。

数年前と状況が変わってきて男声の人数が少なくなってきた今年、どうなるかなとおもいますが、初心に返って自分の発声をもう一度見直したい。そんな一年に。

声を出すと元気になります。

練習後、古町等歩いて新年のご挨拶がまだの方に挨拶。行き当たりばったりだったけれど実際に会って話をできた方も何人かいて嬉しかったです。実際に会って話をしたいのだけど、なかなかタイミングが合わなかったりそもそも新潟にあんまり頻繁には足を運んでいないので気がつくと数ヶ月があっという間、困ったものです。


タワレコでグールドの平均律クラビアの第一巻No.1~No.8と
同じくグールドの弾くベートーベンピアノソナタNo.8とNo.14とNo.23の入ったものがとても安かったので購入。念願。
ビルエヴァンスのYouMustBelieveInSpringは地味なジャケットで普通なら買う気もないのだけれど、どこかの批評でエヴァンスにおける「カインド オブ ブルー」という評が気になっていたのと、濱地さんがエバンスで唯一薦めていた「B Minor Waltz(For Ellaine)」が冒頭に入っていたのを確認してそれならばと購入。


できるだけ今年も足を運んでいこうと思える日でした。
今年もよろしくお願いいたします。

Posted by shimaf at 00時36分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2011年01月14日(金)

110114 [《変容の対象》]

画像(180x119)・拡大画像(800x533)

《変容の対象》2009年版の音源(12ヶ月分)を濱地潤一さんへ郵送する。
http://d.hatena.ne.jp/hamajijune/20110113

今回は実際の演奏を録音したものではなく、MIDIデータをサンプリング音源でリアライズしたものを作成した。このようなやり方は10数年自分の中では封じていたものだ。そもそも封じた理由が労力の割に結果が伴わないからであったのだけど、その間に進歩するところは進歩していて想像以上に使いやすくなっていたことなどは勉強になった。

ただ、ソプラノサックスの音源に関しては思った通りというべきか、濱地潤一さんからの正式なOKは得られなかった。が、このまま進めましょうということに。二、三日無気力とお茶をするような日々を過ごした後、作業に。短いとはいえ、12曲のリアライズは思ったよりも面倒な部分が多かった。ひとつのミスが12倍になって返ってくる。

いま、濱地さんへ送った音源を聴き直している。

4月のピアノの音割れを何カ所か発見したので、これはまた調整しないといけない。


通して聴くと、客観的には聴きにくい部分ももちろんあるが、確かにある単位の時間を通過した部分も含んでいるようだ。


2009年。

Posted by shimaf at 19時00分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2011年01月13日(木)

110112 [《変容の対象》]

画像(180x119)・拡大画像(800x533)

雪。


2011年01月12日は三条の真昼造船さんへ足を運びました。

当日はすごい吹雪で電車移動は心配でしたが、思ったような遅れもなく順調でした。
三条の街は高校時代に通ったせいもあり、歩くと何か不思議な感じがしました。当時がふとよみがえったり、当時あったものが無くなっていたり。その変化にいろいろ思うところはありました。

真昼造船のオープン前に着けたので、近くのドーナツ屋さんでコーヒーを飲みながら《変容の対象》2009年版の音源作業を進めました。最終の詰めの段階ですが、まだ少し微調整が続きます。


真昼造船のオープンの知らせを受けたので、早速お邪魔しました。
以下、内装などは写真等で。

それから、何枚か個人のCDRとMimizのCDもおかせていただきました。
あまり売れないとは思いますが、
と言われましたが、
もともと売れる部類のCDではないのでこちらこそすいません。
恐縮してしまいました。。

店長のイチシマさんとお話していたらあっという間に13時半になっていました。いろいろ話しましたが、音楽系や美術関係などかなりコアな部類にはいる本も揃っていて、こういう古本屋があるのはすばらしいなと感じます。
ネットで通販等はやらないのですか?と問うてみたのですが、

結局、買い手が県外の人だけになっちゃったりするのが予想できるし、それには意味は感じないんだよね、とのこと。
値段設定もかなり良心的だと思うし、確かに県外には書い手は多くいるだろうという気もしました。


お昼をルイジアナママさんでいただきました。こちらも温かいお店で、ランチもとてもおいしかったです。また三条に足を運べればと思います。






***********
帰り、駅での待ちの時間や移動中に《変容の対象》2009年版の音源を一通り完成。夜に通して聴くとpianoとs.saxのバランスがもうひとつなので、数曲調整が必要か。一通りできたら濱地さんへ郵送する予定。


村上春樹「羊をめぐる冒険(上)(下)」読み終わる。
     移動時間が長かったので12日のおかげもあり
    「カンガルー日和」も読み終える。

いろいろこれまでとまた違った感想も持ったが、「まずは黙ってダンスダンスダンスまで読み終えてください」と濱地さんから言われているのでそうする事にする。
「風の歌を聴け」
「1973年のピンボール」
「羊をめぐる冒険(上)(下)」
が初期三部作で、ここに「ダンス ダンス ダンス」が加えられて四部作になっているとのこと。

「羊をめぐる冒険(上)(下)」を読み終えてすぐに「ダンス ダンス ダンス」を読む気分になれず、 「カンガルー日和」を挟んだ。 

12日の夕方「ダンス ダンス ダンス(上)」を購入。

画像(180x119)・拡大画像(800x533)

画像(180x119)・拡大画像(800x533)

画像(180x119)・拡大画像(800x533)

画像(180x119)・拡大画像(800x533)

画像(180x119)・拡大画像(800x533)

画像(180x119)・拡大画像(800x533)

画像(180x119)・拡大画像(800x533)

画像(180x119)・拡大画像(800x533)

画像(180x119)・拡大画像(800x533)

Posted by shimaf at 08時40分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2011年01月11日(火)

110111 [《変容の対象》]

画像(180x119)・拡大画像(800x533)

新潟には雪が積もっていますか?

今日のお昼過ぎに濱地潤一さんと電話でお話をした際にそんな質問を受けた。
今日の午後は自由な時間があったのでこちらの身勝手で電話をさせてもらった。特に何をという事もなかったのだが、楽譜作成など話で進めなくてはいけないこともなくはなかったのでひとつひとつ思い出しながら話していった。昼間だったしよくよく考えたら迷惑なはなしだが、ありがたかった。
http://d.hatena.ne.jp/hamajijune/20110110



実は電話の途中で ゆたろー君と偶然お会いした。一瞬まさかと思ったがやはりそうだった。ゆたろー君もそんな顔をしていた。握手をして また連絡とろうとお互いジェスチャーをして別れた。



contempt for soprano saxophone and computerの楽譜をまとめる計画は少しずつだが全体像が見えてきているし、《変容の対象》2009年版の楽譜と音源まとめの件も一歩一歩という感じ。前回話した時と状況はあまり変わってもいなかったが確認する事はできた。僕が眠気に負けなければなんとか進んでいくだろう。

《変容の対象》2011年の返答はまだ濱地潤一さんから送られてきていない。その件も少し話しをした。濱地さんの中で二つの可能性があり、そのどちらも魅力的な内容に思えた。今月はまだ半月以上あるし、そもそも何小節進めなければいけないということもないのだ。
http://d.hatena.ne.jp/hamajijune/20110111


電車から降りて道ばたの雪を一握り手に取った。他愛の無い儀式のようなつもりでここ数年やっている。雪の手触りは何か遠い記憶を思い出させてくれる気がするが、そのニュアンスは毎年薄くなっているような気もした。

しばらく雪玉を握って歩いていたが、今年は陸橋の上から電車の路線に向かって投げた。右の肩から背中にかけてピリッと筋が痛んだ。

Posted by shimaf at 19時49分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

menu

1

2011


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

PHOTO

20130119-23

20130119-23

appelライブ音源の編集。(1の2)

appelライブ音源の編集。(1の2)

LEIN4。ご来場ありがとうございました。

LEIN4。ご来場ありがとうございました。

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

RSS1.0 podcast

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2007-2009 mimiZ All rights reserved.