mimiZ

mimiZのライブ情報、音源などを発信していきます。

2010年11月13日(土)

101123 [告知関係です。]

画像(180x119)・拡大画像(800x533)

http://tamatamalive.blogspot.com/

大木裕之presents『ネオハイブリッド宣言2「家と躯(カラ、ダ!)」〜第3次世界大戦をのりこえるためのLOCALな道〜』

会場:原宿 VACANT

2010年11月23日(祝)夜の部


前田真二郎+福島諭+濱地潤一 (ライブ上映)

として参加させてもらいます。



上記イベントのためのミーティングとして、映像作家前田真二郎さんと夜に1時間ほどスカイプをした。ライブ上映のためのいろいろな可能性が話された。大枠の構成はいくつか候補はある状態だけれど、まだ数日可能性を探る日が続きそうだ。

その話し合いのログが前田さんからメールで流れた頃、濱地潤一さんから23日のための作曲作品候補が2曲テスト録音版として送られてきた。2曲ともとても可能性を感じるものだ。
http://d.hatena.ne.jp/hamajijune/20101112



残り10日ほどだが有意義なものにしたいし、自然とモチベーションは高くなっているのを感じる。
こちらも早速、処理の録音を叩き台として送らせてもらった。

Posted by shimaf at 22時12分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

101113 [《変容の対象》]

画像(180x119)・拡大画像(800x533)

濱地潤一さんへ《変容の対象》2010年11月の1-2小節目をようやく送る。

濱地さんの第1小節目は今年の9月の曲に見られた性質と類似するものが感じられた。どのような展開になっていくか楽しみだが、返信が遅くなってしまったのが気がかりだ。2010年11月13日。

Posted by shimaf at 00時28分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2010年11月11日(木)

101111 [twitter]

Twitter、端から見ているとだいぶ扱い方も固まって安定状態にある気がする。とはいえ、ほとんど知り合いの人のものしか見ていないので何か言える訳でもないのだろう。けれど、逆に言えば勝手にこちらがそういう印象を持ったのだから、僕自身はTwitterをやり始めてもおかしくはない状態にあるような気がしている。
自分の中でTwitterがどういうものなのかは半分くらい理解したつもりになっているが、なぜそれを求めるのかをもう少しみつめてみたい。



先日のお寺での発表前に高橋悠さんのツイッターで以下のようなものを見つけていた。
http://twitter.com/slow_glass/status/27514293989

素直に嬉しく、こんな風に聴いてくれているのかと驚きもあったため、お寺ではお礼を言いたかったが、なんだかタイミングを逃してしまって言えずじまいだった。他にも話たいこともあったのだけれど。


円秀さんのツイート。円秀さんがustを考える、ということを考えてしまう。
http://twitter.com/enshh/status/2379100018708481

Posted by shimaf at 08時35分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2010年11月10日(水)

101105 [《変容の対象》]

画像(180x119)・拡大画像(800x533)

2010年11月5日に濱地潤一さんより、今月の《変容の対象》第一小節目を受け取っている。幾何学的な楽譜だった。

その後、6日loop-Lineでの発表を終え、新潟に戻り10日になるが諸事情で返信できていない。他の方にも返せていないメールがいくつかあり、申し訳なく感じている。

風邪はだいぶ良くなるが、数日前は咳で眠れないこともあった。それから、なぜか夜あまり眠れない。こんなことは珍しいのだけれど、飛谷君や池田君などからたまにチャットで情報交換が出来たりするので悪くはない。ただ、体力は落ちるので気をつけたい。

Posted by shimaf at 09時00分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2010年11月07日(日)

101106 電子音楽なう 終了 [レポート]

画像(320x213)・拡大画像(800x533)

《Amorphous ring II》、濱地さんの力演で無事に初演してきました。ブラッシュアップし、12月3日昭和音大にて再演予定です。
アルト・サックスとコンピューターによる《contempt》、僕がどれだけ貢献できたのか、、濱地さんの演奏アルト特有の早いパッセージにやられました。
それから会場の特性やPAの特性/相性などもあるのでしょうか、生楽器とスピーカからの音のバランスが難しく、普段正福寺などで苦労せず良い音でやれている事のありがたさをあらためて痛感しました。

ご来場くださったみなさまありがとうございました。
個人的には久しぶりの再会もあり、終演後お話できたのも嬉しかったです。
会場には前田真二郎さんも来てくださり、深夜は今月23日の「前田信二郎プロジェクト」発表※1 の打ち合わせも。有意義な時間になりました。

皆様ありがとうございました。

※1「二日間の大木裕之presents企画
@原宿VACANTネオハイブリッド宣言2「家と躯(カラ、ダ!)」〜第3次世界大戦をのりこえるためのLOCALな道〜」
2010年11月22日、23日
VACANT
渋谷神宮前3-20-13






画像(320x213)・拡大画像(800x533)
画像(320x213)・拡大画像(800x533)
画像(320x213)・拡大画像(800x533)
画像(320x213)・拡大画像(800x533)
画像(320x213)・拡大画像(800x533)
画像(320x213)・拡大画像(800x533)
画像(320x213)・拡大画像(800x533)
画像(213x320)・拡大画像(533x800)
画像(320x213)・拡大画像(800x533)
画像(213x320)・拡大画像(533x800)

Posted by shimaf at 21時49分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

menu

11

2010


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

PHOTO

_

_

110504-05

110504-05

第80回定期演奏会

第80回定期演奏会

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

RSS1.0 podcast

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2007-2009 mimiZ All rights reserved.