mimiZ

mimiZのライブ情報、音源などを発信していきます。

2010年07月04日(日)

フローズンマリーの神託(笑)ラジオ更新。 [告知関係です。]

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

フローズンマリーの神託(笑)ラジオが更新されていました。
録音場所はベルリン!

http://www.voiceblog.jp/f_m3000/1162450.html


声が何となく違う気がしました。
ボコーダー処理も変わっている。。

Posted by shimaf at 01時32分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2010年07月02日(金)

100702 [《変容の対象》]

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

濱地潤一さんより2010年7月2日に《変容の対象》7月の1小節目が送られてくる。

この1小節目にはいろいろと繋がる思いが密やかに練り込まれている。時間の蓄積を考えずにはいられない。詳しい解説は以下の濱地さんの文章でも確認できますが、とても重要に思えるので、保存の意味も込めて勝手にここにも転記させてもらいます。
(問題ありましたらお知らせください、濱地さん。)

http://d.hatena.ne.jp/hamajijune/20100701








**********(以下転記)
今日はcomposition,impression IIIという作品を書いていました。というか、そのモチーフを書いていて、変容の今月の自分の動機とリンクさせることを思いつき、このブログは福島諭さんも多分チェックしてくれているので少し書こうと思います。まあ、私信のようなものでしょうか。

 composition,impression IIIというからにはIとIIとが当然あります。これは新潟の近代美術館で福島さんとともに発表しました。我々がここ数年取り組んでいる「サックスとコンピュータの為の室内楽シリーズ」の作品です。そのIIIを書きたいと先日から思っていて、IとIIはコンピュータ・プロセッシングもそれ用に福島さんが組んだものですが、IIIに関してはポスト・セッション方式を採用してもらいたくて書く準備をしていました。どう違うかはポスト・セッションの方がプロッセッシングに関しては即興性がとても強く反映されることがまず第1でしょうか。(ちなみにポスト・セッション方式とは福島さんが参加されているmimiZというスーパーインテレクチュアル(私の確かな印象です)なユニットで採用されているシステムで、音源をその名のとおり郵送して、それを受け取った演奏者がその音源をリアルタイムでプロッセッシングとセッションを行うものです)

僕自身も、2度ほどmimiZのその演奏を見ていて、そのポスト・セッション方式の可能性を体験してみたく、福島さんにお願いして先日自身の「layered music op.1-1 sax-piano ver」という作品のポスト・セッションをしてもらって、その音源を確認し、おおいに刺激を受け、composition,impression IIIは是非この方式でやってみたいと思ったのでした。

 それで、モチーフを書いているとこれを「変容の対象」の動機として採用してみたいと思い出し、変容の対象はピアノとソプラノサックスの作品なので、試みとしては興味の惹かれるものだと思ったわけです。勿論、変容についてはモチーフ部の採用だけで、それ以降の音の組織はポスト・セッション版とは違ってくるのですが、サックスとコンピュータの為の作品も、変容も福島さんと僕がやっていることなので、その作品がひとつの完成をそれぞれみたときにあとで、アーカイブ的にも面白いはずです。

 題名のとおり、「印象をコンポジション」する意がその通底する思想にあり、印象派へのオマージュという意味もある(自分的にはポスト・印象派とは?という概念も少しあって)作品で、音の組織についてもその色彩が色濃く出ています。例えば5音音階と全音音階の採用がそれで、サックスとコンピュータのverはサックスのみがまず、それらを提示して、コンピュータはそれを加工し、2次的、3次的、時にはそれ以上の旋律を組織することも方法論としては想定されますが、「変容の対象」はそのサックスの旋律に対して1次的なピアノが介入、干渉するもので、それぞれ大きな差異があることが想定されます。

そのモチーフを書いていると、思いのほかボリュームのあるものになっていき、今日はそれをねかしたいと思います。明日、またはそれ以後に福島さんには動機を送ろうと思います。気がつくと、今日はそれに数時間。あたりは夕刻の霞がかかっています。


 

 
**********




今日の濱地さんの文章は以下。
http://d.hatena.ne.jp/hamajijune/20100702

Posted by shimaf at 19時56分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2010年07月01日(木)

Mimiz [Layered Session] [BOOK&CD系]

画像(180x177)・拡大画像(506x500)

Mimiz の正式プレス版CD [Layered Session]がwebより購入できるようになっています。

BOOK OF DAYS 様
http://bookofdays-shop.com/?pid=21529883

円盤 様
http://enban.cart.fc2.com/ca0/2147/p-r-s-mimiz/

の2店限定となっております。よろしくお願いいたします。

Posted by shimaf at 20時33分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2010年06月30日(水)

100630《変容の対象》2010年6月のfine. [《変容の対象》]

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

先ほど濱地潤一さんより《変容の対象》2010年6月の13-14小節目を受け取り
ここで濱地さんはFineとなった。僕も14小節目まで確認して、やはり僕は13小節目で終わりのままでいこうと考え濱地さんへそれをメールでお伝えした。

ただ、最近お互いのメールが文字化けしてしまうことがありそこが少し悩ましい時がある。再び返信されてきた濱地さんのメールも文字化けしており判断できない。

今月は僕の動機からスタートした。そのモチーフはずっと僕の中で発展せずに留まっていたものでもあったけれど、今月のやり取りで少しその動機から始まる旅を経験したような気分になった。これはありがたいことである。

来月は濱地さんの動機より開始される。


濱地さんの記述は以下のリンクです。
http://d.hatena.ne.jp/hamajijune/20100630

Posted by shimaf at 21時59分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

100629-30 [《変容の対象》]

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

2010年6月29日の夜に、濱地潤一さんより11-12小節目を受け取る。

濱地さんの記述は以下リンクです。
http://d.hatena.ne.jp/hamajijune/20100629


29日から日付変わって30日に12-13小節目を書き、僕はここで今月は終わりとさせてもらった。濱地さんからの12小節目に終曲の感触を感じるもそこでおさめられなかった感じです。今月の最終日。

Posted by shimaf at 08時42分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

menu

7

2010


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

広告

PHOTO

mimiz 送信音 連続7/10。

mimiz 送信音 連続7/10。

re voice

re voice

_

_

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

RSS1.0 podcast

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2007-2009 mimiZ All rights reserved.