mimiZ

mimiZのライブ情報、音源などを発信していきます。

2010年06月03日(木)

100529-30 [福系]

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

2009年5月29日 loop lineでのMimizの発表を終え、その後新宿で濱地さんとミーティングをし、日付が変わって30日の2時半頃に解散。
始発の電車で移動を考えていたので残り3時間弱をどう過ごそうかと思う。
濱地さんには仮眠を勧められたし当初は僕もどこかで座れたらと思ってはいた。しかしそこは新宿、結局僕のような始発待ちの人達でどこも空きはなく。24時間営業のファーストフード店も大概席は埋まっていて、荷物の多い身としてはそこに割って入るほどの余地はなかった。人の多さに軽くショックを受ける。
ただそうしているうちになんだかすこしどうでもいい気持ちと、下手に寝てしまうと起きれないのではないかという気持ちもあって夜が空けるまで結局どこともなく歩くことに。
深夜なのに街頭その他の明かりが灯っているというだけでも地方とは様子は違う。路上で小雨をしのぎながら寝ている人も多く見られた。
1日多くの人に会うことが出来て、演奏も行なって、それはおそらく幸せなことだけど非日常的な刺激はやや多かったし、少し独りになる時間はどちらにしろ必要だった。このざわめきはいっそこの小雨で洗い流してしまって、それでも残ったものを大切に持ち帰ろうというような、そんな心構えは確かにあったかのかもしれない。いずれにしろ頭はやや興奮し落ち着きがなく、しかし諸々を考えるだけの余裕もなく、ただぼうっと街頭の灯る道を歩いては
この夜の時間の止まってしまったような感覚におそらく魅了されていたのだ。
そして歩き疲れ一息つこうと立ち止まった頃、見れば空はやや白々とし1日の終わりと始まりとが交錯していた。

Posted by shimaf at 18時42分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2010年06月01日(火)

100529「IMJ祭り」 [レポート]

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

2010年5月29日は東京のloop lineにてMimizの演奏を無事に終えることができました。ご来場くださった皆様、本当にありがとうございました。演奏後にMimizの演奏についていくらかお話できた方にはさらに感謝しています。話をする事でまた新たな発見につなげる事ができました。


今回は個人的に数日間の寝不足がたたってか、座るたびに眠くなってしまいました。Mimizの本番にできるだけピークを持っていきたいという思いもあり、当日は本番以外ほとんど記憶がないというのも現状で、ほかの方のレポートが充分にできないのが本当に申し訳ない気がしています。
loop lineという場所でこうした演奏会が行われることの意味などを考える一日となりました。




Mimiz
トビ君は友人の結婚式の合間をぬっての参加でした。リハーサル時には礼服姿でそれもかっこいいからそれでやればと提案してみるものの、あっさり拒否されいつもの私服に。

本番中の録音を聞き返しながらこの文を書いているのですが、
中盤から終盤までがとてもスリリングに感じられます。その点に関して本番中、僕自身はあまり危機感を感じてなかったのですが、録音だけを聞き返してみると、これに危機感を感じていないのはやはり少し問題だったかもしれません。メンバーの他の二人は演奏後に終わり方を迷った、などの話が出ていたので僕より危機感をもってアプローチしたようでした。

いろんな要因があり、結果的には良い意味で裏切りの多い展開になっていますが、悪い意味では後半の焦点がずれているような印象も。

僕個人の反省点としては今回に向けてプログラムの内部処理を珍しく大きく変更して臨んだことで、本番中に求める状況を他の二人に事前に相談もなく結構強引に強要している部分が見られた事です。録音を聴くと、僕の執拗な要求に二人がどんどん引いていく瞬間があり、演奏のベクトルが大きく交錯するのですがそれはここ数年ではあまりなかったことでした。
それでも結果的にはそこは今回面白く感じられる部分の一つだったのですが。



トビくんが演奏後やや消化不良の感を話していて、それはちょっと申し訳なく思いました。ただ、お互いの引き出しが分かりすぎている現状況も本当は不確定要素を取り入れるためにはあまり良い状況とも言えないので、その辺は今後の課題として残りそうです。

Mimizの3人で演奏できるのも今後1年程度はなくなりそうで、今回予定調和で終わるよりも何か課題を残して終わりたいという思いもありましたから、前向きな課題が明確になりつつあるという点で個人的には評価しています。

そもそもMimizは毎回課題が出てそれを修正しながらここまできているので、今後もそうありたいと思った一日となりました。




演奏会後は搬出を終えたあと、濱地潤一さんと待ち合わせて深夜2時過ぎまで話をしMimizの演奏の感想をはじめ「サックスとコンピューターのための室内楽」シリーズの話もつめることができました。

皆様ありがとうございました。

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

画像(135x180)・拡大画像(600x800)

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

画像(135x180)・拡大画像(600x800)

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

画像(135x180)・拡大画像(600x800)

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

Posted by shimaf at 12時12分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

100528-31 [《変容の対象》]

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

《変容の対象》2010年の5月6小節目を28日の濱地さんより受け取る。
http://d.hatena.ne.jp/hamajijune/20100528

ここで、今月は濱地さんがFineとしていました。


僕はその後、それを受けて、結局加筆せずここで終わりにしますと31日に濱地さんへ連絡を送った。

通して聴いてみると、非常に独特な後味が残る月となった。終わるようで終わっていないような。100年続くもののほんの数分を切り出しているような。しかし、密度あるブロックがごろごろと横たわっている。
そうやってモヤモヤ考えて、何度も聞返してしまう。
そのまま今年の1月から4月も聞き返したが、3~4月にもどうもそうした感じは潜んでいるようだった。
そうした態度の違いとして2009年とは明らかに違う組曲になりそうで今後も楽しみでもある。

来月は福島の動機からスタートする。

Posted by shimaf at 01時26分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2010年05月26日(水)

100526-30 [告知関係です。]

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

以下転記させてもらいます。
29日はMimiz、30日は「牧野琢磨 + 鈴木學 + 濱地潤一」のトリオがあります。是非お越し下さい。




**********
Improvised Music from Japan
『IMJ 2009』 (本 + 3 CDs) のCD収録ミュージシャンを生で聴いてみる


『Improvised Music from Japan 2009』祭り


2010年5月26日 (水) 〜30日 (日)


2009年12月に発売しました本 + CD3枚組の『Improvised Music from Japan 2009』は、おかげ様で国内外で好評を持って迎えられております。今回はこれまでよりも1枚多い3枚のCDに31トラックを収録し、しかもほとんどがIMJ(およびFtarri)初参加のミュージシャンとなりました。そこでせっかくだから、CDで聴くだけでなく、ライヴ会場でも生演奏をまとめて聴く機会を作ってみようと思い立ち、東京地区のミュージシャン23組が出演する5日間のイヴェントを企画しました。果たしてどんな演奏が聴けるのか? 彼らの生演奏を一気に聴く機会など滅多にありません! お見逃しなく!!



5月26日 (水)

polyphonic parachute (yuki kaneko + takahisa umehara)

大城真

さや

Segments String Quartet (木下和重 + 千葉広樹 + 池田陽子 + 公文南光)

5月27日 (木)

shotahirama

堀尾寛太

すずえり

盆ノ窪 (大田正彦 + 高杉晋太郎 + 山岸直人)

5月28日 (金)

黒澤勇人 + 加藤裕士 + 高橋優 + 齊藤僚太

平間貴大

山口晋似郎

中野恵一

nishide takehiro

5月29日 (土)

古立太一

大上流一

Mimiz (福島諭 + 飛谷謙介 + 鈴木悦久)

BOBO (安藤健)

Tetragrammaton (TOMO + Cal Lyall + Nobunaga Ken)

5月30日 (日)

浦裕幸

河野円

矢代諭史

神田聡

牧野琢磨 + 鈴木學 + 濱地潤一



会場:東京、千駄ヶ谷「Loop-Line」

26日 (水) 〜 28日 (金) 午後7時開場、7時30分開演

29日 (土) & 30日 (日) 午後6時30分開場、7時開演

各日 : 予約 1,500円、当日 2,000円 ( + ドリンク・オーダー)

3日間券 (5日間からご自由にお選びください) : 3,500円 ( + 各日ドリンク・オーダー)

5日間通し券 : 5,000円 + 各日ドリンク・オーダー

予約 : info@ftarri.com (鈴木) まで、氏名、予約の種類 (1日、3日間、5日間)、1日または3日間の場合には希望日をお送りください。

各日の演奏順は未定です。
**********

Posted by shimaf at 08時42分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2010年05月23日(日)

100520-22 [《変容の対象》]

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

2010年5月20日に濱地潤一さんより4-5小節を受け取り、
http://d.hatena.ne.jp/hamajijune/20100520

2010年5月22日の夜に濱地潤一さんへ5-6小節目を送らせてもらった。

Posted by shimaf at 09時14分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

menu

6

2010


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

広告

PHOTO

090909

090909

みみづ ポッドキャスト 試作 第2回。(再配信)

みみづ ポッドキャスト 試作 第2回。(再配信)

150601

150601

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

RSS1.0 podcast

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2007-2009 mimiZ All rights reserved.