mimiZ

mimiZのライブ情報、音源などを発信していきます。

2010年04月04日(日)

情報の距離 [福系]

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

スティーブジャクソンmimizなどの鈴木悦久さんがtwitterを始められました。

http://twitter.com/yshs_szk

最近、電車の移動中などに何気なく考えては消えていく事の中に、情報の距離感というような事がある。

ustなどを聴くときに感じる感覚は何なのかをずっと考えていたこととすこし関係があるのかもしれないのだけれど、おそらく受け手が受け取れる情報量が著しく多い状態にあるときに そこには現在性が立ち上ってくるのではないかという何とも漠然とした考えである。

初めて通る道が往々にして長く感じられるのは受け取っている情報量の多さに関係していないか。

ひどく乱暴な書き方だけれど、情報の現在性というものはおそらく必ずリニアな時系列にそっていて、それ以外の一度通過した過去の情報というものは時系列を持っていないのではないかということ。

例えば歩き慣れた道を毎日歩いているとき、そこにはひょっとしたら現在性はほとんどないのではないかということ。

例えば音楽の作用で10分がほんの数分に感じられることがあるがそれはどういうことか。逆に10分が20分に感じられるほどの事があるがそれはどういうことか。
そして一般的には時間は短く感じられたほうが音楽的には効果していると考えられていることについて、再考の必要はあるかどうか。


時の経つのを忘れるノイズ・ミュージックというのは矛盾を孕んでいるように思えること。


自分のiTunesの中に入っている曲をランダム再生していても、より集中して聴きたいと思える曲は近くに感じ、その逆はやや遠くに感じ飛ばしてしまうことについて。デジタルのデータ上は等しく格納されているにも関わらず、受け手の曲に対する解像度は変わるものである。


twitterが扱っている情報の距離、とその感じ方について。



**********
スティーブジャクソンmimizなどの鈴木悦久さんがtwitterを始められました。

http://twitter.com/yshs_szk
**********

などと書くことは当事者にある種の緊張を強いる行為ではないかということについて。
整理しなければいけないことは山ほどある。

Posted by shimaf at 01時20分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2010年04月03日(土)

100410濱地さん演奏。 [告知関係です。]

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

2010年4月10日に濱地潤一さんが和歌山市で演奏されます。

最近の新作が聴けるはずです、是非足をお運びください。

開場もwebで観る限りとても雰囲気が良さそうな場所です。
デパートという響きからは違った印象を受けました。和歌山すごい。

新潟で閉店が続く大手のデパートの再利用も例えばこうした前向きなものであってほしい、などと思う。


以下濱地さんのブログにて詳細が。
http://d.hatena.ne.jp/hamajijune/20100331

Posted by shimaf at 16時41分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

鈴木さん twitter [福系]

鈴木悦久さんが twitterを始めたそうです。

まだどこかわからず。うまく検索すれば見つかるのかな。

Posted by shimaf at 13時23分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

100402 [《変容の対象》]

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

2010年4月2日の朝、何気なくエレピアンを弾いて音を選ぶ。
どこか使い古された響きの進行だったがそのまま採用した。
濱地潤一さんへ《変容の対象》2010年4月 第1小節目を送る。

Posted by shimaf at 01時09分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2010年03月31日(水)

100330-31 [《変容の対象》]

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

昨日のhaikarahakutiの鎌田君のust聴けてよかった。
アナログで温かいノイズの、はじけるようなのが印象的だった。


今晩は田口君がustで演奏するらしい。眠気がひどいが、待ってみようか。
寝ちゃったらごめん。23:50頃との事。
http://www.ustream.tv/channel/tgcmsykust


昨日の30日、濱地潤一さんより《変容の対象》10小節目を受け取る。濱地さんはここでfineとした。
http://d.hatena.ne.jp/hamajijune/20100330


30日の深夜に濱地さんの10小節目を入力し、何度も聴きかえす。
時間をおいて考え、やはり僕もここでfineにしようと思い、先ほどメールでお伝えした。


3月は忙しかった。行きたいイベントにもほとんど足を運べなかった。ただ、学びも多かった。とにかく一歩進めて発表して、たとえ後悔にまみれても何か一つでもつかめたならまだ先は用意されている。


最近では長岡近代美術館の阿部展也も多くの発見が得られたという点ですごくよかった。シュールレアリスムに興味ある人にも観てもらいたかった。
http://www.art-index.net/art_exhibitions/2010/02/post_770.html

Posted by shimaf at 23時33分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

menu

4

2010


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

PHOTO

090509楽屋。

090509楽屋。

130701 Alto Saxophone solo 曲

130701 Alto Saxophone solo 曲

110613-17

110613-17

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

RSS1.0 podcast

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2007-2009 mimiZ All rights reserved.