mimiZ

mimiZのライブ情報、音源などを発信していきます。

2010年03月22日(月)

100321 [《変容の対象》]

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

濱地潤一さんより《変容の対象》3月の4-5小節目を受け取る。2010年3月21日の事。今月は今のところピアノも単音のみの組織が続いている。音数が少ない響きは元々好んでいる。シンプルだけれど不思議な引力がゆるやかに絡むのを感じている。リズム的和声的のどちらにもそれはささやかに作用するのがわかる気がする。


濱地さんの文章は以下のリンク。
http://d.hatena.ne.jp/hamajijune/20100321

2009年の《変容の対象》の確認作業濱地さんから上半期の確認一通り終えられた報告をもらう。不明箇所をもう一回洗う作業残る。


《変容の対象》3月の5-6小節目を夜に送る。

Posted by shimaf at 00時11分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2010年03月21日(日)

100320 AE30 (1) [レポート]

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

http://ae30.com/

mimizのポスト(〒)セッションを終えて新潟に帰ってきました。

出演者の作品/演奏はどれも良かったと感じました。それぞれにテクノロジーに対するアプローチや立場が違いますがそれぞれに何かもっと考えてみたくなる領域を持っている気がしたためです。

当日の様子はustにて配信されたようです。今のところ、記録は残っているようなので確認できます。
ustのことわからないー、とずっと言っていますが、何がわからないかって
ustというテクノロジーがあることによって何が変わるのかということで、確かに意識とかそういう部分で異変を感じている気もするんですが。


対比して、今回飛谷くんが送ってくれたCDRには数日前に飛谷君が本番を想定して演奏してくれた録音が入っていました。その時点では未来に対して飛谷君は意識を働きかけていて、それが当日に何かしらの作用を及ぼしたということが少なくとも言えるわけです。その上でそれが最善かどうかというのはまた別の事かもしれませんが、この「未来に対する意思」というのが記録メディアの、特に音として残った場合には当日に何か変えがたい「目の見えない叫び」となって残っている、、そしてそれに対して現在その場にいるmimizのメンバーが会場の空気と過去の叫びとの間に立ってセッションを試みるという。

ストリームは結局現在を扱いますが、その先にあるものを扱っているのかどうか、その辺りをもう少し整理していくと良いような気がしています。






mimizの演奏の残っているアドレス。
http://www.ustream.tv/recorded/5578837
確認してみると想像していたより高音質で配信されていました。優秀な方達ががっちりサポートしていたので、そのあたりはさすがですね。



他の様子は
http://ae30.com/
から確認できます。



当日の細かいことはまた書くかもしれませんがまたにします。

Posted by shimaf at 00時33分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2010年03月20日(土)

100320 [《変容の対象》]

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

濱地潤一さんへ《変容の対象》3-4小節目を送る。

だんだん今月の曲の形が見えて来た。



そして、今日は東京でmimiz。演奏はとても楽しみ。
mimizの出番は16:30分頃の予定です。
http://ae30.com/

Posted by shimaf at 06時07分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2010年03月18日(木)

100317 [《変容の対象》]

2010年3月17日、濱地潤一さんより《変容の対象》3月の2-3小節目を受け取る。


以下濱地さんのリンク。
http://d.hatena.ne.jp/hamajijune/20100317

Posted by shimaf at 08時18分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2010年03月16日(火)

100311「Permutation of Time」当日(1)。 [レポート]

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

2010年3月11日に新東堀にある画廊FullMoonさんにて
電子音響 室内楽'10 「Permutation of Time」を行いました。

まず最初にこのような機会を与えてくださいました画廊FullMoonさんに感謝いたします。
また本当にお忙しい中、当日のPAを担当してくださった円秀さん、丁寧に紹介文を書いてくださった近美・濱田さんへも特に感謝しております。


おかげさまで当日は平日にも関わらずちょうど定員程度の方々にお集りいただき大変恐縮でした。全く初めて聞きにこられた方にはどのように感じられたのかわからずなんだか申し訳なく感じる気持ち4分の1、これまで多く触れてきてくれている方たちにどうですかと弱々しく問うてみたい気持ち4分の1、それでもあとは自分の問題として新しく一歩踏み出せた気持ち半分というくらないバランスで、うまくいった部分、反省含めて大変実りのある演奏会になりました。

場によって育てられるという事があるとすれば、僕の場合は今回のような企画を通してそのようなものを感じる事ができました。



後は特に、
5年前にあの場所で演奏してくれたmimizにありがとう。
(演奏中に一部当時の録音を使わせてもらいました。)


去年素敵な写真を撮ってくれた土居哲真監督に、ありがとうございました。
(広報のチラシ等に使わせていただきました。)


数日前にスカイプで丁寧にお話をしてくださった濱地潤一さんに、ありがとうございました。
(当日の曲の一部として会話と
《変容の対象》のMIDIデータにて演奏したものの一部、
 を流させていただきました。)






演奏会直後に何人かの方と少しですがお話できました。
(ここに書いてもおそらく問題ないであろう方々だと、美術家の高橋悠・香苗さん、ディーゼル・ギターの能勢山さん、音楽家の田口雅之さん、haikarahakuti等の鎌田悠さん、Logosの金子さん、などにもお会いできました。ようやくお話できた人もおり、嬉しかったです。ありがとうございました。)
その後メール等で何人かの方からは感想等いただきました。
どれも貴重なご意見なので今後の参考にさせてもらいます。また、それぞれ気に入ってもらえた箇所がバラバラで、それも意外に励みになりました。
本当にありがとうございました。


曲の解説は当日お配りできなかったので、
やってみたうえでの感想も交えながらいつか書かせてもらおうと思います。
本当にありがとうございました。







以下勝手にリンクですが、もし問題ありましたらお知らせください。

鎌田悠さんのblogより
http://kamatayu12.exblog.jp/12296807/



DIESEL GUITARさんのblogより
http://blogs.yahoo.co.jp/dieselguitar_web/24669830.html

Posted by shimaf at 13時54分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

menu

3

2010


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

広告

PHOTO

新曲を進めよう。(2)

新曲を進めよう。(2)

mimiz 送信音 連続1/10。

mimiz 送信音 連続1/10。

LEIN4。ご来場ありがとうございました。

LEIN4。ご来場ありがとうございました。

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

RSS1.0 podcast

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2007-2009 mimiZ All rights reserved.