mimiZ

mimiZのライブ情報、音源などを発信していきます。

2009年09月03日(木)

090831@円盤hamaji×fukushima [レポート]

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

2009年8月31日は高円寺の円盤にて濱地潤一さんと福島諭のデュオをしました。この二人での発表はこの日以降少なくとも年内は予定がないので大切に発表できればと思っていました。





:::::::::
当日の早朝に新宿着。どうやら台風が近づいているらしくここは肌寒い。風邪をひかないようにしたいと思う。新宿駅を出ようとすると雨が土砂降りだったので傘を売店で購入してまだオープンする気配のない街並をぶらぶらと歩く。写真などを撮ってみるもなにか虚しく、喫茶店に入ってコーヒーとパンを購入。パソコンをいじり作業をしたけれどやがて電源がなくなり、考え事をしようかとノートを探すがどこかに忘れてきたようだ。ならば買おうと店を出て、売店でノートを一冊買って改めて別の喫茶店に入る。コーヒー1杯。ノートに何ともなく数字の羅列を書いてみたりする。《Amorphous ring I》の内部処理を思い出しながら整理する。独特の時間の流れを考慮に入れなければいけない。《Amorphous ring II》への構想を考える。それまでには24曲+1曲の短い習作を作る必要があるように感じた。

11時にオープンするネットカフェに移動。ネット環境が復活してお昼過ぎまで作業。濱地さんから13時半頃メールをもらう。無事に東京へ着いたとのことで安心する。後ほど新宿のタワーで合流することに。10分ほど遅刻してタワーへ到着。濱地さんを待たせてしまった。朝からぼうっと独りで作業し、コーヒーも多く飲んでいたせいか、頭と身体と言葉がどうやらチグハグな時間を持っているようであまり言葉がいいように出て来ない。
それでも久しぶりの再会を喜び、高円寺へ移動する。

高円寺ではいつも2人でよく入るカフェに入り飲み物を注文する。さすがにブラックコーヒーも飽きたかしらと黒糖入りのカフェにしたけれどこれは少し甘すぎた。

濱地さんが用意してきてくれた新曲「mimesis」の楽譜とCDRを受け取る。作品の説明を受ける。今回の作品は濱地さんのほうで旋律以外の響きも構築されていた。それならばまずはその響きをコンピュータープロセッシングでリアライズすることができるかどうかを考えてみて、今回はうまくいくかもしれないアイディアも閃いたのでお話しする。もしかしたら、この作品から本格的な共同制作が可能になるかもしれないと思いつつ、まずは後日プログラムを書いてみることにしようと心に決める。

それ以外は何となく僕がむにゃむにゃした話ぶりで何となく時間が過ぎていった。濱地さんへ《amorphous ring I》の楽譜付きCDRをお渡しする。



会場へ移動し、リハを終える。


リハを終え、濱地さんから《amorphous ring I》への質問を1つ受ける。「途中で音が薄くなる瞬間はあれは何ですか?」そのときはとっさに
「同じ音が重なってしまうのではないでしょうか」と答えたけれど、
後日、おそらくあの空白は録音しているサックスのフレーズの音と音の間の無音が極端に引き延ばされている箇所であろうと考え直す。
些細な演奏の変化が極端に拡張されて全体に被さってくるようなものであり、作品のあり方は当初想定していたよりも非常に多様な側面を持っているように思われた。こういうことも再演を重ねたことでようやく見えてくるありがたい観点だった。


本番、《Amorphous ring I》も
濱地潤一さん作曲の《contempt for soprano saxophone and computer》も大きなミスはなく、無事に終えられた。contemptなどはコンピューターのプロセッシングと濱地さんの旋律が非常によい具合に反応しあった瞬間も多く驚きとともに演奏することができた。
contemptのPC処理に関しては一任されているので、即興的にパラメーターを変えていくのだけれど、それに対して濱地さんがcontemptのシステマチックなフレーズ(音列群から選ばれる)のアプローチを瞬時に反応して積み上げていくその速度の速さにもかなり驚いた。
ある箇所では、
「あ、ここでこうくるのですね。面白い。これはどこかでも感じた感覚だけれど それはなんだったか、、あ、確か《変容の対象》の何月だったかにあったアプローチと、、」
などとも演奏中に感じてしまう始末。でもこれはやはり事実で、いろいろな意味で重要な瞬間となった。

:::::::::

演奏後はすぐに東京を出発しなければいけなかったので、会場にいらしてくれた土居哲真監督やmimizの鈴木悦久さんらと出来るだけ多くお話するようにして、実際いくらか楽しくお話できてよかったです。音を出した後は言葉も自然に多くなりやっと楽しくしゃべれそうだったのに帰らなければいけないのが残念でした。


この日の他の出演者も非常にレベルが高く、ご一緒できてとても光栄でした。演奏後に出演者を紹介するのもとても素敵ですね。僕は今回も恥ずかしくて演奏後のお辞儀をきちんとできなかった気がします。
聴いてくださった皆さん、本当にありがとうございました。



画像(180x120)・拡大画像(799x535)

撮影:土居哲真

画像(180x120)・拡大画像(799x535)

撮影:土居哲真

画像(180x120)・拡大画像(799x535)

撮影:土居哲真



.




土居さんの写真も掲載されている本が出版されています。

ART BOX vol.3 Photography (ART BOX MOOK SERIES)
体裁:A4型変型/オールカラー
定価:3,150円
ISBN978-4-87298-834-5

http://www.artbox-int.co.jp/publish/mook/mook_artbox_03.html

http://www.amazon.co.jp/ART-vol-3-Photography-MOOK-ARTBOX/dp/4872988345/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1250777449&sr=8-1










.

画像(135x180)・拡大画像(600x800)

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

濱地潤一さんからの文章はこちらから。
(すっきりまとまっています。)

Posted by shimaf at 22時45分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2009年08月29日(土)

濱地潤一×福島諭 '09ラスト。 [告知関係です。]

月日の流れるのはあっという間ですね。
今回こそはと思っていた早めの告知も叶わぬ夢となりました。
2009年8月31日(月)に東京、高円寺の「円盤」さんで濱地潤一さんと演奏してきます。演奏曲目は

「Amorphous ring I」(福島諭 作曲)

「contempt for soprano saxophone and computer」(濱地潤一 作曲)
です。

二人での演奏はおそらく今年は今回で終わりです。寂しいですが気合いを入れて集中します。よろしくお願いいたします。
タイバンの方も凄い方ばかりで、とても楽しみです。ぜひ。




「ここに音楽を入れて下さい」

出演:濱地潤一×福島諭/中尾勘二セッション/Shibata&TABATA/BONSAIt

日時2009年 8月 31日 (月曜日)

19:00-/Charge¥1500 出演:濱地潤一(from和歌山)×福島諭(from新潟)/中尾勘二セッション(中尾勘二tb,cln、古池寿浩tb、牧野琢磨g)/Shibata&TABATA/BONSAIt(ミヤカワイヅミ/サボテン、ミヤカワアツシ/グンジョーガクレヨン、ウエハラリョウコ/タグチフミヒト)

http://enban.web.fc2.com/

Posted by shimaf at 17時54分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2009年08月28日(金)

《 Amorphous ring I 》リリース。 [CDR系]

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

a
m
or
pho
us
rin
g
I



2009年8月、《 Amorphous ring I 》のCDRをリリースしました。



今回は、名義をshimafではなく福島諭とし
楽譜、楽曲の解説などをまとめた16ページの小冊子を同封しました。



CDRの音は濱地潤一さんに演奏/録音をしていただいたソプラノ・サックスの旋律を元にしています。それにコンピュータ処理を加えて再現させた《 Amorphous ring I 》のシミュレーション・バージョンを1曲と、さらに、その1曲を極度に加工して再構成した《 KUMINAOS 》シリーズを3バージョン収録してあります。
そのため、結果的にCDR内の音はすべてソプラノ・サックスの音色とそれの加工音によって仕上がりました。

《 KUMINAOS 》シリーズは非常に感覚的に編集/構成されています。1つの録音素材に対してどれほど新鮮なアプローチが残されているのかを探った末に、わずかに体験された発見を留めたつもりです。
 原曲《 Amorphous ring I 》の痕跡はわずかにしか感じられませんし、結局のところ、「どこから始まり、そしてどこへ到達する(した)のか」ということにおいてのみしか、原曲と《 KUMINAOS 》シリーズを繋ぐ接点はないのかもしれません。音響的にも構成的にもほとんど別物でありますが、また同時に、極めてそのようになるべきだとも考えました。



BOOK OF DAYSさんのオンラインショップからのご購入も可能です。
(BOOK OF DAYSさま、いつもありがとうございます。)

(オンラインショップでの簡単な解説は以下のリンクです。)
http://bookofdays-shop.com/?pid=15570907


また、今後福島諭か濱地潤一さんの関係するライブの会場等で見かけた場合はぜひ手に取って見ていただければと思います。

Posted by shimaf at 01時10分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2009年08月27日(木)

090823 [福系]

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

2009年8月23日、合唱団Lalariの本番が終わりました。

今年は珍しくパートのバランスも整っていました。練習回数は少ないのですが(遠方の団員がいることや、県内でもあまり時間を割けない方が多いため)本番へ向けての練習ごとに新たな発見と挑戦の残るもので、毎回楽しく、団としても前向きな姿勢が出ていたと感じました。

コンクールの結果は銀賞で次の関東大会へは進めませんでした。本番終了後に会場で他団体の演奏を聴いたのですが、どの団もかなり勉強されているのが分かり全体的なレベルが高くなっているように感じました。

合唱は自分の旋律を自由に歌えるようになってからが断然楽しいですし、この段階までいち早く進めることが結果的に合唱を長く楽しむことになるはずと感じました。正直、あの自由曲を今回限りでしばらく歌えなくなると思うと寂しいですが、、寂しいと言えば今回のメンバーでの演奏もしばらくできないと思うとなおさら寂しいのですが、コアなメンバーがしっかり支えてまた次に向けて進めればと思います。

Lennox Berkeley "Mass For Five Voices, Op.64"より"Kyrie"、"Gloria"

Posted by shimaf at 19時58分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2009年08月23日(日)

090822-21-31 [福系]

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

23日は合唱団Lalariにて県のコンクールに参加します。県民会館。

22日はその前日練習でした。歌うべき旋律が身体に染み付くにつれて曲全体の細部へ注意が行くようになるのは不思議だけれど、そのような感じが今年は少し感じられました。いつ以来でしょう。
参考として聞いているCDの演奏も練習後には違って聞こえたりするは不思議でした。鑑賞の段階もいくつもの階層になっているようで、フラクタル幾何学を思い出します。

だとしたら、普段何気なく聞いて分かったような気になっている多くの録音をもっと違った鑑賞の段階へ進める努力をするべきなのかもしれない、などとも感じる夜となりました。


21日に濱地さんから《変容の対象》8月の8小節目を受け取る。ここで濱地さんがこの曲を終わりにしますといわれました。10日前に曲を終わりにすることはこれまではなかったですが、濱地さんらしい潔さを感じました。その捉え方はいつも僕には的確に感じられます。思えば先月の近代美術館での一曲目の終止の仕方は、予定とは違ったものの、あれ以外には考えられないのでした。

濱地さんとは今月の31日に高円寺の円盤で演奏します。二人で演奏できるのは今年はおそらくこれで終わりです。非常に寂しいのですが、また新曲を制作して来年発表できればと思います。
今のところ、31日は土居さんが観に来てくださるという予定でお会いできるのがうれしいです。

Posted by shimaf at 01時32分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

menu

9

2009


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

PHOTO

みみづの演奏について考えてみました。(1)

みみづの演奏について考えてみました。(1)

MとM-1

MとM-1

情報の距離

情報の距離

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

RSS1.0 podcast

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2007-2009 mimiZ All rights reserved.