mimiZ

mimiZのライブ情報、音源などを発信していきます。

2008年08月09日(土)

飛躍。 [福系]

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

何も考えずに文を書く、というのは意外と難しい。

一瞬、頭によぎった印象をすぐさま紙にとどめようとして、それをそのまま定着させる事はむずかしい。その印象は言葉ではなかったからだ。飛躍のない手段をとればじっくり時間をかけてやがて整え何らかの方法で出力する事はできるかもしれない。たとえそれがレプリカであったとしても練り上がったものの質感は保っているだろう。

最初に閃いた一つの印象に一生の一部を捧げることは、それは確かに堅実で素朴で時には美しいかもしれない。

ただ、いままであまり飛躍の事は考えてこなかったことに今日ふと気がつくことがあった。


時に人の思考は飛躍する。


何も考えずに言葉を並べる、というのは意外と難しい。飛躍を恐れる心が作用しているかのようだ。



Posted by shimaf at 03時35分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2008年08月06日(水)

音の視覚化。 [福系]

画像(180x122)・拡大画像(799x545)

先日濱地さんにお送りした短い単旋律、その2番目の旋律をつかって
試しにグラフ化してみた。

横軸が時間。縦軸が周波数(音の高さ)。

赤い線がオリジナルの旋律を表していて、青がオリジナルの旋律の1.5倍長く(オリジナルよりゆっくりに)演奏したもの、黄色が2倍の長さで表示されている。同じ旋律が3つの異なる時間で演奏されている、とも言える。

これだけでも、視覚的には各瞬間に様々な響きが交錯しているのがわかるが、予定ではもう少し増やして7種類ほどの時間軸をつがう予定だが、どうなるか。

図はオリジナルの旋律(赤)が最初から最後まで吹かれる範囲。


鳴ると予想される音を視覚化して分析する方法をもっと簡単にできるようにさらに改良していきたい。現在はMaximaを使っている。LISP言語なのでリスト処理は高速で行ってくれるが、一度に多くのリストをペーストするとエラーが出たり若干面倒くさいところもある。新しいバージョンでは改良されたりしているのだろうか。もっと短縮してどんどん視覚化していきたい。











画像(180x122)・拡大画像(799x543)



旋律の変わり目に縦線を入れると若干輪郭がはっきりする。

画像(180x124)・拡大画像(799x552)



オリジナルは左のような旋律線。

Posted by shimaf at 23時18分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

単旋律と重なりと。 [福系]

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

[蝉と蟻]の後、和歌山のsax奏者であり作曲家の濱地潤一さんに短い旋律を2種類送らせていただいた。

音の高さと音価だけはなんとか指定してある拙いもので、大変恐縮なのだけれど、それをどんな形であれ録音していただいて、受け取り、そこからコンピューター処理の実験にうつらせていただく予定です。

同時に濱地さん作曲の楽曲も拝聴させてもらい、こちらは今月の円盤にて演奏できるように作業を進めます。自分としてはコンピューター処理をどう絡めるかがポイントになりますが、こうした形の作曲は初めてなので、慎重かつ大胆に、結果的にお互い有意義なものとなればうれしいと思います。

Posted by shimaf at 12時18分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2008年08月05日(火)

「蝉と蟻」から思う。 [レポート]

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

先日のイベント「蝉と蟻」にて演奏してきました。ご来場くださった皆様本当にありがとうございました。僕自身、他の演奏者さんから学ぶ事も多く勉強になりました。

今回は個人的な楽曲の話だけに絞ると、賛否両論久しぶりに二つに分かれた感じがしました。どうやら後半のリズムマシーンの音が受け入れられたかどうかというところで、意見が分かれたようでした。

[演奏形態]
コンピュータからの8本のサイン波、先月繰り返し録音していた1つのサウンドファイルのを八分割し、各箇所の音を加工しつつ八カ所同時に再生。それにリズムマシンの演奏を加えたものでした。

個人的にリズムマシンは、一度はやってみようという気持ちだったので、今回がそれにあたりました。演奏後にいろいろ意見が聞けたのは良かったです。やはり一人で部屋でやっていても見えてこない部分は多いです。

音にはやはり時代をしょっているものがあります。多く使われた音に対してはなおさらだと思います。そこをどう踏み越えるかはそれぞれのアプローチになるのでしょうが、そう簡単なことでもなさそうです。

サイン波のFM合成も同様と思います。
(余談ですが、現在新潟にはFM変調を中心に熱心にサウンドデザインされている方がいて、彼の多彩な音色は目を見張るものがあります。すべてMax/mspによる音響合成です。田口雅之さん。)

[演奏について、曲の構成など。] 
 本番は、リズムボックスの操作もプリセットなしの即興で演奏しました。こうしたときに使う感覚は普段の即興とあまり変わりません。いま出た音に対してそれまでの演奏との文脈のようなものを判断して、対処しながら進み続ける、といった感じでしょうか。逆に言うと、これは本当にリニアな、、一直線の時間の上に構成されるもの、ということを改めて感じました。
(次のチカチカさんの楽曲は展開の変化等巧みに準備されていますし、その後の長谷川さん勝野さんの弾き語りの音楽にも音(場面)の出し引きが含まれます。いわゆるAメロ,Bメロという構成はそれにあたります。また、勝野さんの音には特にですが、1つのメロ内でも微妙な押し引きが常に行われているようで、それが独特のグルーブになっていたように感じられました。)

瞬間的な裏切りになるような展開はやはり準備が無くては難しいです。

響きの差異をじっくり変化させるような演奏はだいぶなれてはきましたが、今回に関して言えばリズムマシンを使わなければ1曲30分はもたなかったという実感ものこりました。

サイン波による音の重なりと、リズムの音は完全に分離して聴こえました。リズムが入った瞬間からリズム隊とウワモノという二つに分離したもとなり、その分それぞれに対する注意力は散漫になります。変化が起きたものに対しての注意力は高まりますが変化無くうごめいているように感じる音は背景に回ります。ではこのような分離の良い要素が二つから三つ四つ、、と増えていったらいったいどうなるか。


終演後、勝野さんから「コンピューター音楽は足し算の発想になりすぎるね。」と忠告いただきました。確かに。
足して足して、それが「音楽」でなくなるまで足し算してみたらいったいどうなるか、と、少し考えています。

Posted by shimaf at 00時42分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2008年08月02日(土)

[蝉と蟻] [告知関係です。]

画像(180x124)・拡大画像(578x400)

去年に引き続き今年もweekly templeが新潟・古町の正福寺にて行われます。

第一週の2008年8月2日(土)は「蝉と蟻」。京都、名古屋、仙台、新潟と各地から出演者の集まる演奏会になります。福島は個人で参加します。

福島は最近の実験、
(1)8本のサイン波から作られる音響の録音、
(2)その録音を加工処理をしつつ、新たに8本のサイン波を加え録音。
(3)以後そのステップ(2)を続ける。
(3)
(3)
(3)
...

という作業で練り上がってきているサウンドファイルを使用して、ライブ演奏を行います。

この作業を繰り返して思うのは、プラスされていく音響の調和と不調和です。各ステップは毎回同じ方法で繰り返されますが、いずれも単なる自動処理で行わないためにいつも演奏者の音響的な微調整が加わります。その都度奏者がベターと感じる音響を得るために試行錯誤する事になるわけですが、演奏自体はリアルタイムで行うのでそこには常に即興的な要素も加わります。
繰り返しと最前を目指す調整(意思)の絡む反復作業から積み上げられた音響。

同時になる音数が増えていくと、ある閾値を超えると奏者がとらえられる音の限界を超えてしまう時がくる。8本のサイン波も一定の音色で和音を響かせているときは8本というより一つの響きとしてとらえられるが、各サイン波が独立した周期でFM合成され始めるとそれぞれ単独の音となり、やがて同時に8本を把握するのは難しくなっていく。

その先にある感覚、極度に各音の把握の難しくなった状態に向かっていく必要がある。しかし一方でこれらは人間の認知に関する事でしかない。


2008年 weekly temple
第一週「蝉と蟻

●出演
・勝野タカシ(歌とギター from 京都)
・長谷川裕二(ブルースギター)
・チカチカ(童謡テクノポップユニット from 名古屋)
・福島諭(PCによるプロセッシング)
・水沼慎一郎(生楽器+PCの作曲作品)

◆会場
・正福寺 本堂 (新潟県新潟市中央区西堀通7番町1548)
・8月2日(土曜) 18:00open/start
・当日のみ ¥500



Posted by shimaf at 00時30分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

menu

8

2008


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

PHOTO

appel

appel

161002

161002

20100209-10 東京

20100209-10 東京

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

RSS1.0 podcast

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2007-2009 mimiZ All rights reserved.