mimiZ

mimiZのライブ情報、音源などを発信していきます。

2008年06月26日(木)

音の手触り。 [福系]

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

先日、濱地潤一さんへCDRを郵送し、その感想を聞く。やり残したことはまだあるので、引き続きやり取りを。

後日、濱地さんからの新たなCDRが郵送されてくる。非常に洗練されたもので、確かにそれは単なる素材ではなく作品であった。1、2曲目は完全なコンポジションもの。3曲目は特殊奏法と循環呼吸による約5分にわたる演奏。1、2曲目を通過した耳で聴くと音の痙攣の背後にテーマとなる地平が透けて見えるようであった。このCDRを素材にまたこちらで処理を進めることになった。その際にはプロセッシングの構造を少し変えてみる予定だ。
細かくはまた少しまとまってからにしたい。

みみづの過去音源を整理していることや、先日偶然自分の過去音源を聴いてしまったこともあり、録音物のとどめている音質について考えてしまう。
音の手触りとも言うべき質感に、必要に執着していたことがあるが、時間が経ってもそこに留まっているものを不思議に思う。普通、それらは個人的な経験と関係しているし扱うのが難しい。つまりは環境や聴くタイミングや聴き手によって伝達は定まらず、(作り手の意図の伝達などという大それたことを考えずとも)正確に行われるとは考えにくい。
一般的にはこの手の質感は音楽作品の議論の対象にあまりならないし、あえてしないことが大人な振る舞いとなっている節もある。

しかし、なにかもう少し整理したい。「**時代の音」というような類いの言葉のさすものとはそもそも何なのか。



五線譜による作品の演奏と、記録物の再生とは本質的な違いがあるのだから、ならばいっそ
記録物と時間を資材として扱うコンポジションの実験をしてみる必要はないか。

『いま1分間録音したものを、ちょうど30年後にすべて再生せよ。』



Posted by shimaf at 01時11分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2008年06月10日(火)

SAXをプロセッシング。 [福系]

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

今年の2月高円寺の円盤でmimizの演奏をさせてもらったことが縁となって、sax奏者でありコンポーザーでもある濱地潤一さんとのやり取りが現在少しずつ続いています。
作品/演奏の考え方もその後blogやメールでやり取りする中で感じるのですが、身体性と作曲理論との両バランスがあり、どちらかに大きく偏っている感じがないのは大変貴重です。濱地さんは和歌山在住の方ですが東京等で活動の幅も広げておられます。

先日、その濱地潤一さんから一枚のCDRが送られてきました。今回は、それらを使ってコンピューター上でプロセッシングするということが約束になっています。CDRには濱地さんの演奏されたsaxとギターによる作品をはじめてとして、特殊奏法による演奏、フレーズの断片が記録されていました。
それらはどれも丁寧に録音されており、最初に聴いたときにあれこれとアイディアが浮かびました。最近は好んで音楽を聴いていないせいもあるからか、純粋に音楽体験として聴けることも少ないのですが今回は映像的に音が迫ってきてそれも貴重な体験でした。

これらの録音は、それだけでも一定のテンションを保っているので下手なプロセッシングは不要なのではとも思ったのですが、どのような可能性があるのか分からないので時間を作ってあれこれ試させてもらっています。


みみづは昔、演奏楽器のひとつとしてザフーン(xaphoon)をつかっていたことがありました。ザフーンは別名バンブーサックスともいわれてるように竹でできたリード楽器なのですが、福島が吹くと(手癖で吹くので)呪詛のようになってしまってメンバー内でも少し怖いのでは?という話がでたこともありました。

ただ、以前からリード楽器とプロセッシングの相性はいいと感じていたこともあって興味はあったのですが、濱地さんのような演奏能力のある方の音を処理させてもらうのは非常に緊張もしますが、大変光栄です。

ということで、こうした処理プロセスは今後も続けるとして、処理素材はだいぶたまって来たのでそろそろ濱地さんへ一枚目の返信をしたいと考えています。録音素材は膨大ですべてを網羅するにはまだまだ時間がかかりそうです。


濱地潤一さんは今月19日に高円寺円盤にて演奏されます。asunaさんとも演奏されるのでしょうか。

高円寺「円盤
2008年6月19日

19:00-/Charge¥1500
「日々の音楽〜わたしたちのはなし〜」
LIVE:asunashibata濱地潤一/アヤコレット/大城真/LIVING ASTRO

Posted by shimaf at 08時07分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 2 )

2008年06月06日(金)

OM Japan Tour 2008 [告知関係です。]

画像(320x320)・拡大画像(400x400)

contrarede presents OM Japan Tour 2008
2008.6.8 (Sun) Niigata CLUB RIVERST (a.k.a Z-1)
open 18:30 / start 19:00
Live: OM, ANTI Music Laboratory, はいからはくち
Ticket: adv 3,500yen / door 3,800yen

詳細
・OM Japan Tour 2008 新潟公演

解説
モヤ日々での親切な解説



ANTI Music Laboratoryとして福島が参加します。
先日3日にリハーサルを行いました。今回のメンバーはディーゼルギターの能勢山陽生さんと、以前KTLの時もご一緒させてもらったstunさん、の3人編成です。この3人での演奏は初めてですが、リハーサルの感触はなかなか良くて、久しぶりに音楽に没入することができました。音楽はまだまだ可能性があるぞ(聴覚における楽しみとしての)、と思える瞬間が多く、今回は即興なので特にですが瞬間を大切にしつつ本番にのぞみたいと思います。

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

stun


画像(180x135)・拡大画像(800x600)

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

能勢山陽生


画像(180x135)・拡大画像(800x600)

Posted by shimaf at 00時56分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2008年06月04日(水)

flea ongak レポート。 [レポート]

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

2008年5月31日 新潟 古町の正福寺にて「flea ongak」が行われました。

当日はあいにくの雨でしたが、多くの方にご来場いただき盛況のうちに終えることができました。ご来場くださったみなさまはじめ、気にとめてくださった方々など本当にありがとうございました。

貴重な演奏形態の集まる演奏会だったので会場で時間を共有した人たちが何を持ち帰ったのかが一番気になります。単純に好き嫌いのわかれるものだったかもしれませんが、事前に用意された出演者のインタビューをまとめた小冊子が配られたりして、演奏者がそれぞれどんなことを考えているかなど、親切だったと思います。演奏者自体もそれぞれ解説を交えていくのも印象的でした。
また、会場には焼き菓子屋「Pitu」さん、移動喫茶「cafe-POT」さんが参加されるなど和やかな雰囲気作りも工夫されていて単にストイックな音楽の並ぶ演奏会とは違ったものになっていて良かったと感じました。



画像(180x135)・拡大画像(800x600)

福島諭>鍵盤ハーモニカとコンピューター。(1)鍵盤ハーモニカで吹かれた旋律を一定時間録音し、(2)それをちょうど半分に切り同時に重ねて再生、(3)次にその重なった音源をピッチや再生時間の長さを変化させる。このとき再生速度はピッチの変化とは独立されている。(例えばアナログテープの再生のように、ピッチを2倍高くしても再生速度が半分になるような絶対の関係はない。)
(1)-(3)のステップをリアルタイムに進めながらの演奏となる。このステップが曲の最小単位で前提でもあるのでその上での作曲を考えた。小品が4曲ほどまとまっていたので当日は解説を交えて演奏した。音源は後日ここのブログでアップ予定。



画像(180x135)・拡大画像(800x600)

田口雅之>Max/msp内で作成した自作のシンセサイザーを使用して構成され、複合拍子によって様々なモチーフが重なりあい、そして消えていく。田口さんのライブは何度か拝見しているが、観た中では今回が一番独自性が感じられたような気がした。楽曲全体のBPMは変化なく終始続くが、フレーズやモチーフが徐々に現れかみ合いすれ違い消えていく。進行はゆっくりとしたものだが、拍子の絡み合いの瞬間にときどきはっとさせられる瞬間がある。モチーフはおそらく事前に調整されているのだろうが、それらのミックスこそが彼のライブ感覚だろうし、全体の大きなうねりを作り出していた。

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

佐藤実+吉田アミ>最初に佐藤実さんからの曲の解説。曲は吉田アミさんのために佐藤さんが作曲されたもの。事前に6トラック分、アミさんの演奏を録音して重ねたものを流しながらライブではアミさんが演奏を行う。実質7声からなる演奏が会場を満たす。約10年前の録音のものと、同じコンセプトで去年行った録音のものとの2曲が演奏された。
事前の佐藤さんの解説では、「即興とはいえ、奏者の頭には何かしらのイメージがあるはず。」という部分が興味深かった。
演奏内容は録音物と実際のパフォーマンスとの絡み合いで非常に面白い展開を見せた瞬間があった。意識されたものか、偶発かはわからなかったが、2曲目のラストで終わったと思える瞬間の繰り返しは珍しく思えたし、そのような感覚は以前どこかで体験した気もしたが、それがなんだったか思い出せない。

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

和田英夫>和田さんの演奏は自身のスピーカーを持ち込んで、お寺のPAとは独立させての演奏でした。演奏によってはPAの使用せず、生音のみのアンプラグド演奏もありました。ハルモニウムのソロも生音のみでしたが、空間の広さとも相性がよかったように思います。音のダイナミクスも幅があり、豊かな倍音、生楽器はいいものだと感じました。ちょうど前半の演奏の後ということもあり、スピーカーからの音に対して一つのブレイクにもなっていたと思います。
そのほか、改造おもちゃテルミン+アナログエフェクタ、小型のハルモニウム(押す鍵盤はなくフイゴ状)、自作打楽器、スタイルフォンの演奏など、多岐にわたりいろんな音色が楽しめました。

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

Astro Twin (ユタカワサキ+吉田アミ) >ユタカワサキさんのアナログシンセに吉田アミさんのvoiceによる演奏でした。ユタカワサキさんのアナログシンセは改造でもしてあるのかと思うほど※1、硬質な音が発せられて展開していましたし、吉田アミさんは前半の佐藤実さん作品の時のアプローチとはまた違った音質の声を発せられていました。両者が不思議とシンクロして聴こえる瞬間もあれば、その後の展開でそのシンクロはやはり聴き手の誤解だったように思えるほど淡々と展開してみせたりと、様々に考えは巡った。

※1(ユタカワサキさんのシンセは改造はされていないそうです。フィードバックさせるようなパッチングなどを多用して本来の使い方とは違うアプローチによって発振させているとのことで、こうした方法はデジタルのシュミレーターなどでは難しく、アナログならではとのこと。)

前半でも感じたように、即興演奏の終わり際というものを考えさせられる。どこで終わるか、終わったと感じるか、また感じた後の展開をどう進めるか、これまで数多い演奏を続けてこられた方達の着地点は明らかに異質なものに感じられた。演奏会後数日が経ちこの文章を書いているけれど、じつはそうした着地点への再考へ導かれていることが示すように、このような部分こそ演奏会一番の聴き所があったのではないかと思えてしまう。

 音の 
 点々と転がる石の荒野だ。

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

佐藤実+asuna>asunaさんの解体オルガン2台に佐藤実さんガラス管4台からなる演奏。asunaさんの解体オルガンは電動スイッチを入れるとともに、すべてのリードが鳴りだす。(つまりすべての鍵盤が押された状態になる。)そのクラスター音響はそれだけで神秘的だ。以前、asunaさんの個展でアンプラグドのオルガンを聴いたが、リードから音がそこに息づいていると思え、それは確かに電子楽器ではないのでした。
今回はそのクラスター音響を向かって左のオルガンではasunaさん本人がミキサー+エフェクターで調節し「演奏」。佐藤さんのガラス管は向かって右側のオルガンからの音を拾ってそれぞれのガラス管に受け渡していく方法で会場を包みました。音量のバランスによっては、おそらく会場からの音のフィードバックもおこるでしょうし、空間そのものが物理的な即興空間になっていたのかもしれません。(私はビデオ録画のためあまり動けませんでしたが、)聴く位置によって様々な音場の変化が現れていたとのことでした。
asunaさんはストップウオッチを持っての演奏、佐藤実さんは自作アンプをドライバーで操作しての演奏でした。持続音は時間感覚を狂わせる場合がありますが、それだけにasunaさんの握る時計がなぜか非常に切実なものに思えました。
このとき奏者は演奏者自身の感覚をも狂わせかねない音響を出し続けており、それを繋ぎ止め、構成を促すものが器械仕掛けのタイマーだったということが、即興における身体感覚への一つのアンチテーゼだったようにも感じたし、もしくは単にしっかりとした時間の構築美を見せられたということだったのかもしれない。実際、「演奏」は聴きやすく構成されていた。

画像(180x135)・拡大画像(800x600)







他にもこの日の様子は以下のリンクなどから。

モヤ日々

田口雅之の音楽制作日記+mp3(新潟より。)その1
田口雅之の音楽制作日記+mp3(新潟より。)その2
田口雅之の音楽制作日記+mp3(新潟より。)その3

Posted by shimaf at 02時40分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2008年05月24日(土)

武満徹作曲賞。 [福系]

画像(180x119)・拡大画像(800x533)

今年はスティーブ・ライヒが審査員の武満徹作曲賞を観に東京日帰りしてきます。

今年の武満徹作曲賞のファイナリストにIAMASの先輩の方が選ばれたためです。



Posted by shimaf at 21時41分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

menu

6

2008


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

広告

PHOTO

120417

120417

BOHEMIAN FOR☆

BOHEMIAN FOR☆

みみづの新曲ではないですが。(6)

みみづの新曲ではないですが。(6)

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

RSS1.0 podcast

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2007-2009 mimiZ All rights reserved.