mimiZ

mimiZのライブ情報、音源などを発信していきます。

2008年05月24日(土)

武満徹作曲賞。 [福系]

画像(180x119)・拡大画像(800x533)

今年はスティーブ・ライヒが審査員の武満徹作曲賞を観に東京日帰りしてきます。

今年の武満徹作曲賞のファイナリストにIAMASの先輩の方が選ばれたためです。



Posted by shimaf at 21時41分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

武満徹作曲賞。 [福系]

画像(180x119)・拡大画像(800x533)

今年はスティーブ・ライヒが審査員の武満徹作曲賞を観に東京日帰りしてきます。

今年の武満徹作曲賞のファイナリストにIAMASの先輩の方が選ばれたためです。



Posted by shimaf at 21時41分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2008年05月18日(日)

『flea ongak』 [告知関係です。]

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

2008年5月31日(土)に對嶽山 正福寺 (新潟市中央区西堀通七番町1548) において、ライブイベントがあります。








『flea ongak』

出演 :[東京より] 佐藤実、Asuna、吉田アミ、ユタカワサキ
   [新潟より] 和田英夫、田口雅之、福島諭
日時 :2008年5月31日(土) open 17:00 start 17:30 
チケット:当日券のみ1,800円
場所 : 對嶽山 正福寺 (新潟市中央区西堀通七番町1548)


(詳細へのリンク)http://fleaongak.blogspot.com/


モヤ日々での告知文


viciousさんのマイスペースでの無断転載(ありがとうございます!)
※マイスペースのアカウントを持っていないのでコメントできないのですが、よく拝見させてもらっています。




福島は、鍵盤ハーモニカで旋律を吹き、コンピューターに処理させてその旋律を「八つ折り」にするということを考えています。どうなるかはまだはっきりわからないので申し訳ないですが可能性は感じているのでもう少し進めてみます。

Posted by shimaf at 12時00分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2008年05月08日(木)

初期みみづライヴ(2)。 [CDR系]

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

2004年当時のライブセット。

前回書いたことの続きですが、みみづの初期ライブの仮CDRを作りました。
現在メンバーに郵送して確認してもらっている最中です。トータルでいまのところ37.8分程度(iTunes調べ)になっています。




収録したライブは以下です。

Jul.10,2003:「meeting」 at 恵比寿MILK、TOKYO

Oct.18,2003:京都ビエンナーレ「ウラ高速スローネス」 at 吉田神社、KYOTO

Nov.03,2003:(LIVE) at CafeM、西湖 SHIZUOKA

May.09,2004:「第二回日曜ノイズ劇場」 at Canolfan、NAGOYA


これにMILKのライブ用に行ったリハーサルの音源を加えてあります。
恵比寿MILKでのライブですが、そのときの会場に山倉淳(le)君がいらっしゃったらしく、ライブを聴いてくれていた、ということがその数年後新潟で初めてお会いしたときに話題になって何とも不思議な気分(でもなんだかうれしい)になったものでした。


iamas内のスタジオや工房にて、その頃は3人でリハーサルをしましたが時間の使い方も今よりも十分時間が取れていましたし、あの時間がなかったら今もなかったと思えば貴重なことだったように思います。当時の画像が数枚出て来て当時をすこし思い出しました。

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

Posted by shimaf at 21時17分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2008年05月03日(土)

初期みみづライヴ。 [CDR系]

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

最初の動機は少し忘れてしまったのですが、先日、mimiZの過去音源をなぜか引っ張りだしてきて聴いていました。

2003年から2004年の頃の録音で、主に鈴木さんのDATで録音したものをCDRに保存してあるものがほとんど。最近のライブこそPC内録音ですが、その頃はPC内で録音するということはCPU速度の関係もあって極力避けていましたし、それともう1つ大きな理由がありました。

みみづはその頃、飛谷君と福島のラップトップに鈴木さんがドラムやパーカッションで変則リズムを叩く、というバンド形態をとっていたのでPC内録音のメリットがなかったわけです。もうそういうことまで忘れてしまっていたのですが、録音を聴返すうちに思い出してきて、なんだか新鮮でした。

その後の録音の変遷をたどると、だんだんと鈴木さんはドラムからパーカッションメインにコンパクト化していって、飛谷君はラップトップをやめてギターにアナログシンセを組み合わせ始めたり、ミキサーのハウリングやリンなど、楽器演奏に向かっていったりして、
3人の演奏は毎回ライブ中に破綻しながらも数分は良いテンションにたどり着いたりを繰り返していました。3人とも学生だったし、この頃が一番リハーサルも重ねていたかもしれない。

当時は発表ごとにいろいろ迷ったし、3人で毎回話し合ったり(これはいまでも)、聴いてくれた方からもいろんな意見をもらったものでした。ましてや即興なのでどこがよかったかはしばらく暖めないとわからないしで、一年くらい経ってもやっぱり本当の意味で客観的になれないものです。演奏を聴いているうちにMax/mspのパラメータの変更値がよみがえってくるようだと本当の意味で音を聞いている気がしないし、実際聴いていないのでしょう。
2003-2004年と言えばついこの間のようですが、約5年前ということでさすがに、録音の客観性は獲得するぐらいの間はあいていたようでした。

リハーサルをほとんどしなくなった最近のみみづにとっては、今後もライブが公開録音の場になる訳なので、それをまた人生を通して編集していくわけです。


そんな過去音源を少しまとめてCDRにまとめようと思い立って、5月2日に仮の編集を終えました。恵比寿MILKでのライブとリハーサルをメインにあと数カ所のライブをまとめたかたちです。



詳しくはまた書き出してみますが、まずはメンバーに確認してもらう予定で、先日仮のCDRを郵送しました。





Posted by shimaf at 15時46分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

menu

5

2008


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

広告

PHOTO

121109

121109

BOHEMIAN FOR☆

BOHEMIAN FOR☆

090711

090711

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

RSS1.0 podcast

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2007-2009 mimiZ All rights reserved.