mimiZ

mimiZのライブ情報、音源などを発信していきます。

2008年04月24日(木)

MとM-1 [福系]

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

コンピューターグラフィックスについて書かれた、だいぶ古い本をずいぶん前に古本屋さんで見つけて、それをぱらぱらと今更目を通しています。

行列の積が座標軸上の図形の変換の際に、いかに便利かということが何となくわかります。というよりいま漠然と逆マトリクスのことが気になってしょうがありません。

逆マトリクスの役割を数学の世界の中のことと思わないで想像してみること、
自然界の中にも逆マトリクス的な役割をしているものはありそうだなぁ、などと思ってみたり、


数学という抽象化された世界に何らかの役割のある「機能」という観点から、
もう一度ゆっくり周りの世界を見渡せる時間とゆとりを持ちたいと

直感的にですが、感じました。

今は、周りの日常は忙しくてなかなかゆったりとは難しいのですが。


数学は、実は「機能」の発見ということをずっと続けてきたのかもしれないなぁ、とか。


つまりは多分、今自分が見ている世界というのが、何となくわかったような気でいるのがだんだんつらくなっているのかもしれません。



Posted by shimaf at 00時51分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2008年04月14日(月)

Feb.05,2008_円盤mimizの演奏抜粋。 [音系]

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

新潟はやっと桜が見頃になり数日が過ぎています。

2月5日に高円寺の円盤にて演奏しました。前半のトークは以前ここで音源をあげさせてもらいました。後半の演奏はいつか載せようと思ってはいたものの、なかなかモチベーションが上がりませんでした。

先日、濱地 潤一さんからリクエストをいただき、それではやっぱりアップしてみようということになりました。濱地 潤一さんありがとうございます。濱地 潤一さんは当日会場にて聴いてくださっていた方で、ご自身もクオリティー高い演奏家でもあります。直接お会いしてお話したことはありませんが、この場でこういう形でコメントいただきとてもうれしいです。

アップする音源は10分以内という制限があり、録音も会場の出音ではなく、コンピューター内部に入力されてきた音のみなので当日の印象とは違うものかもしれませんが、もうずいぶん前の話なのであまり重要なことでもない気がしています。よければ聴いてみてください。



********
音源はいつものようにタイトルクリックで
再生/ダウンロードのGUIが表示され、聴いていただけます。
今回は全体の演奏の中から7:02の抜粋です。
********



この日は鈴木さんがミキサーのフィードバック、福島がピアノの演奏でマイクで環境音を広いながら加工処理していました。

ピアノの旋律などは、この冬に自由に演奏していたモチーフが自然に出ていました。コンピューターのリアルタイム処理とセッションするということを強く意識していた頃でした。
その頃の演奏をまとめた音源もCDRで現在BOOK OF DAYSさんにておいてもらっています。よかったら手に取るか、持っている人からコピーして聴いてもらえればと思います。CDRは福島のソロでの演奏/編集ですが、この日のライブは鈴木さんとのセッションということもあり、似ている部分とやはり違う新鮮さとが入りますし、一回限りのセッションならではの展開という意味ではライブはやはり生っぽいなと、今聞くと感じられました。

shimaf:『OTO MO NAKU UGOKU MONO』(2008)

Posted by shimaf at 00時03分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 2 )

2008年03月20日(木)

土居哲真さん次回作。 [福系]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

撮影:土居哲真

現在、映像作家の土居哲真さんの次回作のためのピアノ曲をいくつか録音している。土居さんとは前回のセルフ・ドキュメンタリー「belief」以来となる。

録音自体はこの冬に何回かに分けて録音し続けていたのだけれど、それを育てる作業は楽しく、でも結構時間がかかる作業でもあるので結局最近までやることになっていた。

そうした関係もあって、この冬に東京に行く時はだいたい土居さんのアパートに泊めさせてもらって打ち合わせをかねさせてもらった。土居さんはいつも作品を作る際にとても念入りに物事の有り様やそれを取り巻く構造を詳しく調べられるようだ。一月前の話し合いではもやもやしていた部分が一月後にはずいぶんすっきり整理されて迷いがなくなっていた様はとても小気味のいいものだった。「結局自分の問題として捉えないと、、」といったその姿勢はとても実直なものだと思う。

ピアノ曲で関わらせてもらうのは二回目ということもあるのだけれど、最初のテーマがふと出てきた瞬間は、あ、これは土居さんの世界だ、と思えたのが今でもちょっと不思議だ。実際、そのテーマは土居さんからもすんなりOKがでた。その領域は多分土居さんが光を当ててくれた部分なのだと思う。僕の中では差別化ができていなかった部分を、これはいい、ここは違う、というやり取りをした中で少しずつ僕の中で意識化された部分だったのではないかと思う。その意識が持てれば後はそこを中心に離れたり、近づいたりすればいいのだし。
例えば、舞踏の山本瑠衣さんの中にも何か独特な音響世界が広がっている気がするけれど、山本さんの場合はまだその確信に近づけないでいる。でもいつかもっとつかめる日が来ることを願っているけれど。なにかもう1つのやり方が必要だ。

結局自分ができる範囲しかできないのだけれど、こうした対話によって出てくるものは、単なる音楽提供、演奏、作曲といったことで作られたものとはまた別の種類のもののように思う。クライアントの発注に単に答える作業でもないし、もっとゆっくり時間をかける部類のもので暖かく育ったものがそのまま答えになるようなものだ。

lalariやmimizでは対話自体が音に関するものだから、どちらかというとなれているのだけれど、すっかりそれに慣れてしまっていたな、ということを気づかせてくれるのは主な言葉が音でない人との会話においてかもしれない。

守るものは守って育てるものは育てる、結局それが一番難しいような気がします。たぶん、今月中に土居さんに音源を渡したらひとまず今回のプロジェクトが終わるので少しいろいろ思うところがあるわけです。


写真は土居さん撮影、能勢山陽生+福島諭(@難波BEARS)。

Posted by shimaf at 00時54分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2008年03月09日(日)

Mar.05,2008 らぬさゐ [レポート]

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

この日の
らぬさゐ :
山本瑠衣(舞)、
鈴木悦久(noise)、
井谷享志(perc)、
スペイシーK(b)、
伊藤めぐみ(cl,b-cl) 、
福島諭(mac)




詳しくは後日書ければ書きたいですが、ライブハウスで舞や舞踏を行うというイベントは実は珍しいらしいです。

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

Posted by shimaf at 02時17分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2008年03月05日(水)

らぬさゐ [告知関係です。]

画像(135x180)・拡大画像(480x640)

結局突然の告知になってしまいましたが、本日5日の夜に「らぬさゐ」にて演奏してきます。どうぞよろしくお願いいたします。

「らぬさゐ」は舞踏家の山本瑠衣(やまもとるい)さんを中心に「らぬさゐ」なりの舞踏を追求しています。彼の頭の中に広がっている世界を毎回様々な演奏家が即興で表現しようと試みているわけですが、僕の感覚からするとそのイメージが抽象的なものでありながら確固とした揺らぎのないものでもあるので、音でどう表現すればいいのか毎回苦戦します。
演奏家も結果的に毎回様々なバックグラウンドの人が集まるので、音楽的な対話方法もだいぶ違うと感じることがあり、それはまた面白いことでもあるのですが。

asunaさんがメンバーに入っていた時はmimizの僕や鈴木さんは馴染みやすかったと記憶しているし、
須磨和声さんがバイオリンで参加していた時は、舞踏とは関係なかったかもしれないけれどバイオリンとコンピューター処理の相性が良くて熱いものがありました。

井谷さんのパーカッションプレイは普段馴染んでいた鈴木さんのプレイとやはり違うのが分かって(井谷さんはjazzのフィールドを中心に活動)、そしてまたその人柄も魅力ある方で、またやりたいなぁと思える人でした。で、井谷さんとは今回1年以上ぶりに一緒に演奏できるので楽しみ。

去年「曇天」という作品でお世話になったクラリネットの伊藤さんは、普段はクラシック、現代音楽の分野で活躍されていますが、即興もされるということで、今回のらぬさゐに参加。即興方面にも強い耳を持っている演奏家というのは今後クラシックの分野でももっと必要な存在になっていくでしょうし、ここで自由に実験してほしいですし楽しみです。




「らぬさゐ」のことばかりになってしまいましたが、舞踏の世界で有名な方も多く出演されるということです、興味のある方はどうぞお気軽にご一報ください。








********以下転記。
3/5(水) 新宿LiveFreak(http://www.live-freak.com/)
Performance OPEN 18:30  START 19:00 Price¥3000(1Drink込み)
(fterParty START 22:30〜 Price¥1000(2Drink+Foods Free))
<東京百鶏>
らぬさゐ :
山本瑠衣(舞)、鈴木悦久(noise)、井谷享志(perc)、スペイシーK(b)、伊藤めぐみ(cl,b-cl) 、福島諭(mac)

出演:ささらほうさら(舞)/目黒大路(舞)/らぬさゐ(舞+音)/Angel_Rose(舞)/紅庵(舞)/山口紘×小早川慎一郎(音+舞)/進也(描+音)/DJ hippy(音)

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

Posted by shimaf at 02時38分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

menu

4

2008


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

PHOTO

新曲を進めよう。(3の2)

新曲を進めよう。(3の2)

告知こくちコクチ

告知こくちコクチ

111109

111109

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

RSS1.0 podcast

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2007-2009 mimiZ All rights reserved.