mimiZ

mimiZのライブ情報、音源などを発信していきます。

2007年12月30日(日)

mimiz 送信音 連続6/10。 [音系]

画像(180x135)・拡大画像(800x600)









【内容】(6:36)
繰り返しの中の差異。
去年の山本精一さん。
今年のLEINの演奏、トビくんの意見。
トビのホワイトノイズ。





※タイトルをクリックで再生/ダウンロードのGUIが表示されます。

※※このシリーズは現在、都合によりpodcastになりません。
検討中なのですが、ご了承ください。

Posted by shimaf at 23時17分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2007年12月28日(金)

mimiz 送信音 連続5/10。 [音系]

画像(180x135)・拡大画像(800x600)









【内容】(6:44)
mimizの今後をどうするか。
トビくん原因不明の不参加。
マリンバ六重奏の作曲について。
ヤスコさん一部参加。


※タイトルをクリックで再生/ダウンロードのGUIが表示されます。

※※このシリーズは現在、都合によりpodcastになりません。
検討中なのですが、ご了承ください。


Posted by shimaf at 14時15分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2007年12月26日(水)

mimiz 送信音 連続4/10。 [音系]

画像(180x135)・拡大画像(800x600)








【内容】(7:13)
ホストがタクオくんに変わって会話環境が改善。
鈴木さんの様態。
新作マリンバ6重奏。
トビくんの研究室に学生が帰ってくる。
時々、福島の笑い方が気持ち悪い。



※タイトルをクリックで再生/ダウンロードのGUIが表示されます。

※※このシリーズは現在、都合によりpodcastになりません。
検討中なのですが、ご了承ください。


///
会話素材は公開する会話としては全般的にパーソナル過ぎはしないだろうか。

また、トビくんの研究室内の会話とネットワーク上での会話とが交錯する箇所は
日常会話とネットワーク会話とが、トビ君を起点にして一方通行になる。
ネットワーク上で会話する僕らは、その一瞬亡霊のように
トビ君の日常に「立ち会った」のだ。

Posted by shimaf at 20時24分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

mimiz 送信音 連続3/10。 [音系]

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

【内容】(3:54)
4人そろったが、ノイズで会話が成立しないようだ。


※タイトルをクリックで再生/ダウンロードのGUIが表示されます。

※※このシリーズは現在、都合によりpodcastになりません。
検討中なのですが、ご了承ください。


Posted by shimaf at 00時39分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2007年12月24日(月)

mimiz 送信音 連続2/10。 [音系]

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

【内容】(4:24)
タクオくんの声がクリア。
アプリケーションが会話中に落ちる。
トビくんが会話復帰できない。


※タイトルをクリックで再生/ダウンロードのGUIが表示されます。

※※このシリーズは現在、都合によりpodcastになりません。
検討中なのですが、ご了承ください。







///
作った動機から考えて、どうもこれはネットラジオではないなと感じているのだけれど、正確に言い表せない。そもそもの動機がネットラジオを作ろうとしていた訳ではないからだ、という主観的な根拠以外に何かあるだろうかと考えてみると、ネットを使って音を配信していることには変わりなく、その意味でまぎれもなくこれはネットラジオ(オンデマンド)である。

よってここで見つめるべき問題は放送内容の姿勢に対する事柄になってしまうのだけれど、4人はこの日の会話をネット上で公開することをもちろん了解しているという条件はあるが、話す内容は打ち合わせのない日常の会話である(ように思える)。

しかし各人が話さなければと用意していたであろう内容を録音として残しておこうと試みる(即興演奏にも似た)対話となる場合もあり、所々そうした思いが交錯する駆け引きの瞬間は独特の気恥ずかしさが伴う。ただ、それは長い会話の中で占める割合は少ないともいえ、やはり全体にながれているのは4人のごく個人的な日常会話と、アプリケーション不良などに伴うハプニング/ノイズを含んだドキュメントとはいえるのだが、

しかしこの(録音を予告されていた)会話は、完全な日常会話などにはなり得ない。
日常を装った会話である。そしてまた会話自体は本来想定されている聞き手に直接語りかけることをしていない。



ここから、さらに二つの興味を生じさせる。


一つは、4人をこうした特異な会話に向かわせるものは何だったのか。


一つは、そうした会話の編集の際にたちのぼるもの。(残される会話と消される会話、消されたものから生じる文脈)



Posted by shimaf at 01時45分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

menu

12

2007


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

広告

PHOTO

130113-18

130113-18

試作 mimiz podcast 第一回目。

試作 mimiz podcast 第一回目。

Twill The Light 026 : openFrameworks

Twill The Light 026 : openFrameworks

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

RSS1.0 podcast

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2007-2009 mimiZ All rights reserved.