mimiZ

mimiZのライブ情報、音源などを発信していきます。

2007年12月12日(水)

EXPERIMENTAL ROOM ♯3 [福系]

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

Dec.11,2007
EXPERIMENTAL ROOM #3
SLEEPING PEOPLE
Japan Tour 2007 in Niigata @古町woody


実際に作った本人にあって、その作家さんの作ったものに興味が持てるということが続いている。実際に足を運んだ演奏会やライブによってその演奏者の表現を素直に受け入れることができる。その場に足を運んだのだから良い悪いという価値基準は二の次でもよい。
この冬、なぜか体調があまり良くならないがライブ後は元気をもらった気持ちになったのは確かだった。いろいろな方とお話ができたし、出演者からの音楽には間違いなく様々な景色と刺激をいただいた。

DJ円秀
円秀さんは相当多岐にわたるジャンルの音楽を聴いている人だという前提があるのかもしれないのだけれど、未だに円秀さんをイメージしたときに円秀さんから好みの音楽ジャンルというのを背後に感じることができない。好んで音楽を聴いている人と接すると、この人はこういう音楽を好んで聴いていたな、というイメージがだいたい出来上がってくることもあるのだけれど、中にはなかなか固まらない人もいる。円秀さんの場合も例外ではなく、ジャンルでなく音楽そのもののイメージしかできていない。これは普通に生活していてそんなにあることではない。
だからこそ、円秀さんのDJは興味の対象になるのか。今回もきいたことのない感じを含む音楽が流れている。それらには、どこか一般的なカテゴリーに納まらない要素が含まれているのは少ない共通点とも思える。
今回はプレーヤーが一台だったこともあり、途中で針を上げ下げしてやや乱暴にカットアップ、選曲し直して行く様は演奏であり、ライブ転換時における闘争でもある。

NHK
通常メンバーからは規模を縮小したものだったらしく、ステージには二台のラップトップと2台のMIDIキーボードその他楽器エフェクター類に囲まれて2名による演奏だった。ラップトップを使った演奏のライブ感というのが問題にされることは長い間いわれているけれども、他人事ではないので今回はそれを考えるきっかけを与えてくれた。
マルヤマさんのギターの演奏が非常にわかりやすい感じで加工されていく、フィルターと色彩感ある音色とパンニング処理による多様な変化。ライブ感といえばマルヤマさんのギターは間違いなくそれを持っているけれど、それよりもそこで展開されている音の模様の方がなによりも存在感を持っている。じっと座って音の動きに集中していたが、そのような聴き方でも間違いはないのではないだろうか。
現時点では、演奏者が意味のない動作をしていないという前提がある場合にはこのような演奏形態も何の不快感を得ることなく演奏を聴くことができる。どのような些細な動きであろうと出てくる音に微妙な変化を付ける合図になっているように感じたからだ。音響の形がどのように変化するのかなどただそこに居座るだけのラップトップの中身を想像することは一つの問題解決の態度でもある。

(ただそうした演奏に対するある種の誠実さに対して、聴き手の関係を意図的に崩すか問題提起を投げかける類いのパフォーマンスも時々耳にする。ラップトップへ向かって出音とは全く別の作業(メール、チェス等)をしてみせるようなアプローチであるが、そうした話を聞くにつけいつも釈然としない気持ちになるのはそれが問題提起などではなく単に演奏精神の冒涜のようにしか感じられないからだ。そこでステージ上のパフォーマーの耳は死に、演奏は続く。ただし、出音を偽らない場合はまた別の表現とはなり得るだろう。)

また、会場のPA環境の状態によってなのだろうけれど、2曲目のドラムの音の一部がステージ中央上から聴こえる瞬間がありそうした作り手すら予期しなかったであろう事態というものにはいつもハッとさせられる。

音楽に魅せられて、実際に創作し、長い時間をかけて練り上げられたものをその時点で公開する、それが単なる再生であっても作り手がかけた時間を想像し賞賛をおくりたくなる。作者はまだ実際にそのにいて、人生の時間を使ってきたのだという事実がその音には反映していたのだからそれ以上なにを求めればいいのだろう。
サウンドのクオリティーはいわゆるツボをよく知っているものなのでにやりとさせられる部分も多かった。またどこかで聴くことができれば足を運びたい。


MIMINARY
ミミナリーを聴くのは今年9/30日のZ-1に続いて今年2回目。ギターハウリングなどを要所で使うスタイルでもあるので会場によって聴こえ方もかわるはず。その意味で当然なことかもしれないが、前回とはまた違った印象をもった。今回はキーボード(&鉄板等)ボーカルの音のバランスが前回よりも前にきていたので、前回のような音の渦に埋もれるような印象は少なくなっていたがその分加工されていても声の力というものは強く印象に残った。伸びやかに声が放たれる瞬間は解放的な気分を覚えた。また、全体の中間部分で鉄板をばたつかせている際に電源の関係か原因はわからないが火花が何度か出ていたのはひどく危険な気持ちになった。
ミミナリーは最初のNHKに比べると即興的な部分も多く含んでいるように感じるけれど、その即興性とは楽曲の展開そのものではなく、おそらく会場をどれだけ鳴らすかというようなボルテージに関係する部分ではないかと思う。メンバー4人の出す音が伺いをはかっている状態からかっちりはまって全体的にのぼって一段大きな音響状態に到達する際は眼がくらむほどである。



Pleeping People
変拍子を多く取り入れた楽曲構成は普段あまり聴いていないので、時々聴く機会があるとそれだけで何となくくすぐられるような印象を持つ。心が予測するパターンをうまくかわすように組まれたリズム型はそれだけで思わず叫びたくなるほど魅力的だ。
よく聴きなれた音楽でも車などで聴いた場合、低音部がマスキングされて強拍と弱拍が入れ替わって聴こえてしまうことがある。その際の音楽が今までに聴いたことのない魅惑的なものに聴こえてしまい一瞬だが世界の見え方さえ変わってしまいそうになる。そうした認識の倒錯や錯覚は個人的には最終的に音楽に求める部分の一つだけれども、作りながら常に倒錯していることなど元来不可能である。
一方で今日のSleeping Peopleのような音楽に触れるにつけまず感動するのは、4人のメンバーが変拍子の演奏を乱れなく演奏することだ。プロならば当たり前であろうこうした技術を身につけるための時間を想像するに気が遠くなるし、その身体から透けて見えるこれまでの個人の歴史があまりにも尊い。
あらかじめ聴き込んでいた訳はないので楽曲は常にこちらの認知パターンを裏切るように展開されて行く楽曲群は様々な発見に満ちているけれども、これは僕のように不勉強な聴き手の状態であって演奏側は身に付いたパターンを一糸乱れず吐き出していく様との差が非常におかしく思えた。演奏者の身体は一つの秘密としてそこに存在しているのは間違いなかった。
複数の拍子が同時に進行して拍子自体がうねるということはやらないようなので、sleeping peopleの音楽はサンプリングされた音源の再構築かのようにも鳴っていた。

個人的にはベースと男性とギターの女性の方が耳栓をして演奏をしていた理由を知りたかった。ドラムをセンターにして残り3人が取り囲むように演奏している姿もよかったし、少年のように演奏している姿から音楽本来の姿をみたような気がした。

Posted by shimaf at 01時11分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 2 )

2007年11月23日(金)

試作 mimiz podcast 第一回目。 [音系]

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

最後になりましたが今回のみみづ ポッドキャストの試作、第一回をアップします。これで全3回がようやく完結しました。なーなーにならずに今月中に一区切りできて、最後まで達成することの苦手な者としては一安心しています。



【今回の内容?】
タクオくんと鈴木さんと3人で話をするにはどうやったらいいかと試行錯誤している最初の部分の生々しいドキュメントになっていて(?)、話し方のテンションもやや堅苦しい。

特に何を語っている訳でもありませんが、大きな宇宙の片隅で非常に小さな発見にまつわる日常会話のなんとなく寂しい感じとか。ちょうど名古屋・新潟が寒くなり始めた頃でした。


2007年11月03日録音。




※この回は現在配信されていません。再配信の希望があれば気軽にコメント欄に書いてください。すいません。

Posted by shimaf at 13時51分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2007年11月15日(木)

繰り返し見えるもの。 [福系]

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

フリーペーパー「art on (weekend) / (週末)の美術vol.2」が届く。一息ついた10月中に読みたいと問い合わせてみたものの、一息つけきれず今頃になっていた。結局このタイミングで良かったとは思うけれど。

まだ若いこのフリーペーパーは今の自分にとって意識的に読もうと思える大切なもののひとつだ。その理由はいろいろあるだろうけれど、作り手の方を少しだけ知っているというのがひとつ。あとは結局、まだ柔らかい現在がそこにある気がするのかもしれない。

フリーペーパーの最初のページのに「このジンについての問い合わせ:」というのが目にとまり、「(手作りなど)小規模のマガジンという意味でマガをとっている、ジンというジャンルがあります。」といつか説明してくれたのはBOOK OF DAYSの帰山さんだったのを思い出す。

次の日に「art on (weekend) / (週末)の美術vol.2」を数部BOOK OF DAYSにお渡しする。店主さんは「art on (weekend) / (週末)の美術vol.2」の発行者の方を東京で見たことがあるというので、それはまたと思うけれどそれも自然な気もする。

古町がまた急激に寂しくなってきているという。老舗の古本屋さんも今月で店を閉じると聞き残念に思う。ナイトも閉じるというのは聞いていたけれど、BOOK OF DAYSも実家のある弥彦に移転する可能性も視野に入れているときいて少しやるせない気持ちになった。


その前日は実家のRoland MP-600(数年前に鍵盤が壊れているからとかなり安値で購入していたが、あまり弾く機会がなかった)をMax/MSPを通して深夜に3時間強録音した。意識して最近はこうしたアプローチを続けることにしている。必ず前回の体験を避けようとするし、これまでのアプローチを超えたところでしか面白いと思えるものがなくなってくる。だんだんとそれは狭くなっていくだろうし、その状況の中でのみ音について少し考えられる気がする。


短時間でまとめて情報を発信するということの意味を最近よく考えるのだけれど、紙媒体で考えるなら確かにジンのようなアプローチは身軽だ。テーマとクオリティーとが問われることは必至だろうけれど刻一刻と変化してしまうようなものを扱う場合にはなおさら求められるものかもしれない。

それともう一つ、毎日続けることで見えてくるものへの興味ですが、

即興を中心にやってきたことの裏返しなのではないかと思う。

Posted by shimaf at 22時10分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 2 )

2007年11月12日(月)

COSTA MUSIC (member of L'Altra from Chicago) [音系]

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

とても素敵なイベントでした。

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

鈴木恵QUINTET

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

ASUNA (Tokyo)

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

THE MEDIUM NECKS (Tokyo)

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

COSTA MUSIC (member of L'Altra from Chicago)

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

正福寺

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

DJ/円秀(ANTI MUSIC)  ※写真はPA中

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

星野真人

Posted by shimaf at 12時07分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 2 )

2007年11月01日(木)

EXPERIMENTAL ROOM #2    [告知関係です。]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

もう一ヶ月以上も前の話になりますが、東京は広尾でcompany izuruの方々と会う際に、同じく広尾のギャラリー[UNIVERSAL MARGINAL]で個展をされていたasunaさんにお会いしてきました。


一日目はasunaさんにお会いできず、それでも展示空間のなかで読書したりと有意義に過ごしたのですが、asunaさん自身とも去年の新潟(「Live Electronics in Niigata vol.3」)以来と久しぶりなこともあり良い機会なのでぜひ会いたいと、事前に連絡して二日目にお会いすることができました。

解体したオルガンという、それをいわば「器官」として存在させる、に注目したそのインスタレーションからは、一見すると解体オルガンからクラスター・ドローンが鳴っているだけなのですが、その場に浸って少し考えを巡らせば多くの発見に満ちている展示となっていました。
そこで、解体オルガン(発音体である)と自分の耳(それを受け取る側にある)の位置関係は特に重要な要素であるように思えました。実際にリード部分に顔を近づけると聴こえ方や感じ方が全く変化するという。新たに聴こえるリードの音色や、頬に触れる空気や、確かにそこに音が息づいている感覚というのが妙に新鮮だったのです。
少なくとも僕自身はスピーカー(のコーンの振動による)の音に慣れすぎてしるし、あの美しいオルガンのドローンが、アンプやスピーカーを通ることなしに静かにそこにたたずんでいる事に小さな感動をおぼえました。
オルガン自体は機械仕掛けですが、根本の発音は物理的なリードの振動によっているという、そうした拡張したアコースティック楽器の持つ独特の存在感はコロンビアのエレピアンにも何となく感じるものですが、そうしたものの突き詰めた見せ方は少なからず納得できるものでした。


今月の10日には、そんなasunaさんも参加するライブが新潟の正福寺にて行われます。オーガナイザーは以前ここでも紹介させてもらったexperimental room主催の星野真人さんで、かなり豪華なラインナップになっています。ぜひ見てみようと思います。

新潟近郊お近くの方はぜひ。



///////(以下転記)
COSTA MUSIC (member of L'Altra from Chicago)
Japan Tour 2007 in Niigata

2007.11.10(sat)
正福寺 本堂
(新潟市中央区西堀通七番町1548 MAP)
open 18:30 / start 19:00
adv 2000yen / door 2300yen ※高校生以下は入場時に学生証提示で入場無料!
w/ ASUNA (Tokyo), THE MEDIUM NECKS (Tokyo), 鈴木恵QUINTET (EXTENSION58 / Niigata)
dj/ 円秀 (ANTI MUSIC)

///////
イベント詳細->「EXPERIMENTAL ROOM #2」




Posted by shimaf at 14時57分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

menu

12

2007


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

広告

PHOTO

RADIO SAKAMOTO Podcasting Vol.91

RADIO SAKAMOTO Podcasting Vol.91

120129-30

120129-30

120807

120807

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

RSS1.0 podcast

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2007-2009 mimiZ All rights reserved.