mimiZ

mimiZのライブ情報、音源などを発信していきます。

2007年09月12日(水)

少し冷静になる。 [発表系]

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

撮影:ナルミさん

live electronics in niigata vol.4

Diesel Guitarの能勢山さん、ICHIさん、勝井祐二さん、共演者の皆さんはとてもすばらしい演奏を聴かせてくれ、本当に良い刺激になりました。


それではみみづはどうだったのかということを考えてみるわけですが、
しばらく考えて、もうそれ以上考えるのをやめました。

もしみみづの演奏で残るものがあるとしてば、それは「対話」しかないだろうな、ということで。。トビくんと鈴木さんはそれぞれにミキサーのハウリングを使いますが、それは会場空間の響きと密接に関係していて不安定なものですし、福島のラップトップは音源を持たない空の構造です。

お互いに何かが欠けているところから始めて、あとは会場の響きに耳を傾けてお互いに対話する。その対話から目指すものは、毎回、自分たちの聴いたことのない響きに到達することです。もちろんこれらはある程度の(音響上の)質の再現性が保たれている上での話で、これは会場や体調によっては全くどうにもならない状況ということも起こり得ます。

今回は大きな破綻もなかったという点では良かったのですが、到達した地点を省みることはしてみてもいいのかもしれない。

※(音響上の)質のことを書いたので少し補足すると、みみづで演奏してこの瞬間はうまくいった、という印象をライブごとに各自が記憶していて、それを次回のライブに持ち込もうとすることがあります。うまくいったと思う場合、たいてい今まで聴いたことのない瞬間を基準にするために出音としては歪んでいる場合もある。でもこの歪みがなぜか美しさと隣り合わせている部分だと感じる、というのは共通の理解になっていました。

今回のセッションは、たぶんこれまで約4年間の活動を通じて各人が得て来た「歪んでいるが美しくもあるもの」を循環して回りながら新しい地点を目指したものでした。歪んだ音故に不快に感じられた方もいらっしゃったことと思います。その場合、音は結果的に暴力になってしまいますしこの場を借りてお詫びしなければいけません。

しかし僕らは「対話」を通してしか新しい地点を目指すことができない、
そう思ったとき、みみづはいつも「音楽を演奏」しようとしていたわけでなく「音で会話する/対話する」ことだけを考えていたんじゃないかと思うのです。

今回、貴重な機会をもらって得ることができたものを今後の活動に活かしていければと思います。
ご来場くださったみなさまありがとうございました。

Posted by shimaf at 23時10分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 3 )

2007年09月11日(火)

LEIN4。ご来場ありがとうございました。 [発表系]

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

Live Electronics In Niigata vol4、多くの方にご来場いただき、無事に終えることができました。

みみづとしてもとても思い出に残るライブになりました。

ありがとうございました。

細かいレポなどは先ほど消えてしまって、また後日にいたします。

何より、スタッフの方の対応が去年に増して迅速だったこともあり、出演者はなんのストレスもなく演奏に集中できたことは本当にありがたいことでした。

会場の雰囲気から始まって、出演者、スタッフ、お客さん、とあの時間を共有できて幸せでした。ありがとうございました。

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

Posted by shimaf at 00時53分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2007年09月07日(金)

Live Electronics in Niigata Vol.4 [告知関係です。]

画像(320x236)・拡大画像(799x592)

去年のvol.3に引き続き、今年も行われますLive Electronics in Niigata Vol.4にみみづで参加です。
会場は去年同様の古町ナイトという昭和のダンスホールの空間でかなり良いです。音も良質かつ爆音にて行われますのでお時間ある方は新潟で年に一度のこのイベントにぜひ足をお運びください。

独自のギタードローンですばらしい演奏を行ったディーゼル ギターの演奏もまたあの空間で聴けるのかと思うといまから楽しみです。ディーゼル ギターの音は大きなPAで拡大すればするほど微細な宇宙が重なるように聴けるような気がします。

また、〈ROVO〉の勝井祐二さんの新潟初ソロライブは間違いなく今回の目玉でしょうし、名古屋から〈のうしんとう〉ではダブ担当のICHIさんソロは個人的にとても注目しています。今回、後半の二組はどちらも「演奏」という側面がすごくクローズアップされることになるんじゃないでしょうか。スタイルはそれぞれ違うと思いますが、演奏テクニックというものに対する考え方やアプローチについて演奏から得るものがあるはずだと思います。


そして、みみづのライブですが、3人そろってのライブはおそらく今回でしばらくお休みになります。メンバーの鈴木さんが来月にもドイツの方へ行かれる予定になりました。ライブ活動は表立ってしばらくしませんが、これまでにたまっている音源/ライブ音源の整理等の時間にあてたいと思っています。
と言った意味でも、今回のライブはみみづにとっても重要なものになりそうです。

ご都合のつく方はぜひ、会場でお会いしましょう〜。

Posted by shimaf at 17時04分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 4 )

2007年08月22日(水)

FM NIIGATAさんにてライブ音源OA。 [発表系]

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

FM NIIGATAさん(77.5MHz)で来月9月4日にmimizの音源の一部が放送されるようです。放送圏内で都合のつく方はぜひ聴いてみてください。





番組名称 : ROCKS special edition feedback feever
放送日時 : 9月4日 19:00−19:55
出演者(音源等): みみづ、麻生愛、sunn O)))、BORIS

Posted by shimaf at 16時20分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2007年08月20日(月)

『Weekly Temple』@正福寺 第三週目。 [福系]

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

2007年8月18日(土)は古町の由緒あるお寺、正福寺でウィークリーテンプルがありました。先週参加させていただいた身ですし、このイベント自体今後のどうなるか楽しみ。今回は吉原悠博さんが出演でNYにあるギャラリーWAで83年頃に行われたライブパフォーマンスのレアな映像などを上映されました。
僕は合唱の練習日だったので練習後、平澤くんに会場まで送ってもらいました。感謝。合唱メンバーの横山君もご夫婦で聞きにきてくれました。

円秀さんの「前座」、毎回出演者にあわせて考えているというもので、今回は映像作品。内容は円秀さんがスピーカーを前後に担いだ状態(第一回weekly temple参照)でテーマ曲を流しながら夜の古町を闊歩。地下のロザーナ(電動マネキン)のピアノ演奏に合わせてノイズ演奏で警備員に注意されたり、伊勢丹のライオン像にまたがってデンデン太鼓演奏。路上ライブ時の少女像の横でコンタクトマイク接触演奏などなど、とにかくなんか言いようのない刺激がありました。よく考えたらどれも銅像や人形との関わりを持っているところや、映像そのものもなんか手持ちカメラ独特の(かおりさん撮影)、語弊を恐れないで書けば“ドキュメント感”が素直に出ていました。素直に出ているというのがなんだかとても新鮮に感じられました。とにかくなんだかそれはストリートスターだったのでした。

メインは吉原悠博さんと円秀さんの対談形式でスタート。吉原さんのこれまでの活動などを映像で綴られました。ロバート・アシュリーさんとのオペラの様子など、あらためてほんとにいろいろな活動をされているなという印象。今年の9月10月は展示の機会なども増えるそう。10月に2週間ほど行われる西区DEアートへの参加作品『新川史眼』のプレビューなどみて前半終了。

休憩後、83年のNYのギャラリーWAで行われたある著名な方のライブパフォーンマンスの秘蔵映像を鑑賞。かなりレア映像でした。ヴァイオリンの演奏に圧巻、構成のうまさも目に入りました。当時のNYの自由な感じが最近のweekly templeのような様子にも感じるというような趣旨の話など興味深く聞きました。多分僕の知る範囲だと、名古屋のアンダーグラウンドシーンや東京・円盤の様子などにも感じるものとも共通しているかもしれないし、ほかにも面白い動きはますます盛んになっているのかもしれない。

その後、去年の映像作品「ナルミ」を観て、僕は終電の時間が来てしまい約20分走って白山駅へ。最後の話も面白そうだった。会場で聞いていた人でもしよかったら最後の話を補足してほしいです。よろしくお願いします。

会場には結局たくさんの人がいて、個人的にゆっくり話したい人もいたのだけれどあんまりはなせず。あの場にいっしょにいただけでもいいのかなとも思う。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

Posted by shimaf at 00時42分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

menu

9

2007


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

広告

PHOTO

150303

150303

141108

141108

091109

091109

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

RSS1.0 podcast

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2007-2009 mimiZ All rights reserved.