mimiZ

mimiZのライブ情報、音源などを発信していきます。

2007年08月22日(水)

FM NIIGATAさんにてライブ音源OA。 [発表系]

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

FM NIIGATAさん(77.5MHz)で来月9月4日にmimizの音源の一部が放送されるようです。放送圏内で都合のつく方はぜひ聴いてみてください。





番組名称 : ROCKS special edition feedback feever
放送日時 : 9月4日 19:00−19:55
出演者(音源等): みみづ、麻生愛、sunn O)))、BORIS

Posted by shimaf at 16時20分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2007年08月20日(月)

『Weekly Temple』@正福寺 第三週目。 [福系]

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

2007年8月18日(土)は古町の由緒あるお寺、正福寺でウィークリーテンプルがありました。先週参加させていただいた身ですし、このイベント自体今後のどうなるか楽しみ。今回は吉原悠博さんが出演でNYにあるギャラリーWAで83年頃に行われたライブパフォーマンスのレアな映像などを上映されました。
僕は合唱の練習日だったので練習後、平澤くんに会場まで送ってもらいました。感謝。合唱メンバーの横山君もご夫婦で聞きにきてくれました。

円秀さんの「前座」、毎回出演者にあわせて考えているというもので、今回は映像作品。内容は円秀さんがスピーカーを前後に担いだ状態(第一回weekly temple参照)でテーマ曲を流しながら夜の古町を闊歩。地下のロザーナ(電動マネキン)のピアノ演奏に合わせてノイズ演奏で警備員に注意されたり、伊勢丹のライオン像にまたがってデンデン太鼓演奏。路上ライブ時の少女像の横でコンタクトマイク接触演奏などなど、とにかくなんか言いようのない刺激がありました。よく考えたらどれも銅像や人形との関わりを持っているところや、映像そのものもなんか手持ちカメラ独特の(かおりさん撮影)、語弊を恐れないで書けば“ドキュメント感”が素直に出ていました。素直に出ているというのがなんだかとても新鮮に感じられました。とにかくなんだかそれはストリートスターだったのでした。

メインは吉原悠博さんと円秀さんの対談形式でスタート。吉原さんのこれまでの活動などを映像で綴られました。ロバート・アシュリーさんとのオペラの様子など、あらためてほんとにいろいろな活動をされているなという印象。今年の9月10月は展示の機会なども増えるそう。10月に2週間ほど行われる西区DEアートへの参加作品『新川史眼』のプレビューなどみて前半終了。

休憩後、83年のNYのギャラリーWAで行われたある著名な方のライブパフォーンマンスの秘蔵映像を鑑賞。かなりレア映像でした。ヴァイオリンの演奏に圧巻、構成のうまさも目に入りました。当時のNYの自由な感じが最近のweekly templeのような様子にも感じるというような趣旨の話など興味深く聞きました。多分僕の知る範囲だと、名古屋のアンダーグラウンドシーンや東京・円盤の様子などにも感じるものとも共通しているかもしれないし、ほかにも面白い動きはますます盛んになっているのかもしれない。

その後、去年の映像作品「ナルミ」を観て、僕は終電の時間が来てしまい約20分走って白山駅へ。最後の話も面白そうだった。会場で聞いていた人でもしよかったら最後の話を補足してほしいです。よろしくお願いします。

会場には結局たくさんの人がいて、個人的にゆっくり話したい人もいたのだけれどあんまりはなせず。あの場にいっしょにいただけでもいいのかなとも思う。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

Posted by shimaf at 00時42分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2007年08月19日(日)

feedback feever Vol.4 [告知関係です。]

画像(216x320)・拡大画像(447x661)

2007年9月30日のイベントにお誘いいただきました。まだ構成段階みたいですが、情報転記させてもらいます。

僕がソロ名義になっていますが、新潟に今年5月にSUNN O)))を呼んだstunことsuzuki takayaさんとデュオを予定しています。stunさんの意向でチラシには入っていないのですが、ここだけの話、stunさん と 福島諭のデュオ(予定)です!

****************************************
feedback feever VOL.4
2007年9月30日(日) 新潟 Z-1 open 17:30 start 18:00
LIVE: KTL, le (kudan / rrr), miminary, 福島諭
DJ: jacob (rrr)
前売/¥2.800 当日/¥3,300 (ドリンクチャージ別)
チケット取り扱い: marilou, BOOK OF DAYS, キングコング新潟店, BULLET, DISC GARAGE
feedbackfeever@gmail.comにて前売チケット予約も可能

主催 / 企画/製作: heavy heaven
協力: Daymare Recordings, ANTI Music
Total Info: heavy heaven
Web Site. http://heavy.typepad.jp/
Mail. feedbackfeever@gmail.com
大音量暗黒サウンド・チーム「KTL」来日決定!!!!!!
2007年5月の衝撃の来日+奇跡の新潟公演において見た人の音楽的価値観を根底から揺さぶるほどの超衝撃的なショウ
を見せつけたSUNN O)))のコアメンバーであるStephen O'Malleyと、電子/音響音楽シーンを代表するレーベルであ
るEditions Mego主宰者でもある電子音楽家のPITAの2人による大音量暗黒サウンド・チーム「KTL」の来日と奇跡
の新潟公演が決定!
共演はSUNN O)))新潟公演において素晴らしいライブを披露したmimizの福島諭のソロ、新潟のクラブシーンを代表す
るイベント「red race riot」を中心に活動をするleのライブとjacobによるDJ、そして新潟を中心に活動する即興演
奏集団miminary。
feedback feever vol.3に引き続き、見たもの全てに衝撃を与えるイベントとなる事は必死!
PITA (Peter Rehberg): http://www.peterrehberg.com/
Stephen O'malley: http://www.ideologic.org/
Satoshi Fukushima: http://www.iamas.ac.jp/?shimaf02/
red race riot: http://www.redraceriot.com/
Daymare Recordings: http://www.daymarerecordings.com/
ANTI Music: http://www.bookofdays-niigata.com/antimusic.htm

****************************************

画像(216x320)・拡大画像(446x660)

Posted by shimaf at 00時50分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2007年08月12日(日)

Weekly Temple @ 正福寺 第二週 [福系]

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

:::::::

本日、正福寺の本堂にてweekly temple の第2週がおこなわれました。
日本海夕日コンサートや大きなライブイベントがある中、想像よりも多くの方が足を運んでくれたので、ありがたいことだなぁと思いました。

円秀さんの最初のパフォーマンス。カセットテープの信号音をテープに録音し再生する、という行為を見せる部類のものでした。デッキをいじっているときの音をコンタクトマイクでひろっているのですが、すごく生々しい機械音だと、、機械音はとても生々しいのだなと気がつきました。すごい。

その後、前半福島がソロで演奏と約10年前にディレイのみでやっていたことを再現、ソロだと音が小さくまとまってしまうということに気づかされる。

10分休憩。

後半、今後のイベントの告知をした後、丸山健一さんと渡辺拓さんを紹介。二人の過去作品(かなり緻密)を聴かせてもらって、3人でセッション。先週のリハーサル以来2回目。
トータル60分弱の演奏、山あり谷ありで途中音が消えそうな瞬間もあったけれど、はまったところははまって、2回目としてはだいぶまとまっていたのではないかと思う。前半に毒出しのような音の固まりができてしまうも、それが引いてからきれいな岸辺が見えたりした。

丸山さんも渡辺さんも出ている音に反応する器用さがあるので大きな破綻は起きなかった。すごいことだと思う、コンピューターでのリアルタイム・セッションがこんなにさりげなくできる時代になったのだなと思う。
たぶんこれから数年はとてももっと面白いこと(音楽的進歩)が起こるのではないかと、そんな考えが演奏中にあたまをよぎった。


円秀さん香織さんはじめ準備、後片付けに関わってくださった方々、会場に足を運んでくださった方々、両親、どうもありがとうございました。そして何より丸山さん渡辺さんとても意義のある時間でした、どうもありがとうございました。

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

円秀さんとデッキ。


画像(180x135)・拡大画像(800x600)

信号音録音中。


画像(180x135)・拡大画像(800x600)

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

画像(135x180)・拡大画像(600x800)

Posted by shimaf at 01時51分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 3 )

2007年08月07日(火)

「Weekly Temple」 at 正福寺 の第一回。 [福系]

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

入場する能勢山陽生

*************************

 先日2007年8月4日(土)は新潟は古町のお寺、正福寺にて「ウィークリー テンプル」の第一回目が行われました。ほぼ毎週いろんなゲストを呼んでゆるくライブをしていこうというもの。ちなみに八月は全て出演者も決まったとか。

 今回はディーゼル・ギターの能勢山さんがご出演でした。開演時間が22時と遅かったので、終電で帰れない事が明確な僕は一度実家へもどり実家の車を借りて古町へ。最初の円秀さんの前座を最後の方しか見る事ができなくて残念。
でも、アンプ内蔵スピーカーを前後に背負ってデンデンするパフォーマンスにはやられました。毎週どんな演奏するのか今後も楽しみです。

 能勢山さんは合計で4セット、1−2セットは通しで行って10分休憩。後半第一弾は約10年前にやっていたというギターのフィードバックのみによる演奏を再現。最後は最近の機材を入れてのドローンでした。最後が一番色彩がありましたが、ドローンはどれも空間と相まっていろんな場所から音が迫ってくるのでした。

 今回個人的には音のなる方へできるだけ目を動かすようにして聴いていました。その方が「気配を感じる」という人間本来の機能が働く気がしたのですが気のせいかもしれません。個別の周波数の音にそれぞれ個性があるような気がして、新鮮だったのですが、ただ黙々と演奏している能勢山さんの耳がそれらを把握しつつこの空間全体を「鳴らしている」のだと想像してみたときにちょっと恐ろしくもなりました。

 蚊取り線香の匂いや扇風機や集まった方の雰囲気はそれはとても素敵な夏の夜でした。

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

円秀さん1


画像(180x135)・拡大画像(800x600)

ディーゼル・ギター+PA円秀さん


画像(180x135)・拡大画像(800x600)

ディーゼル・ギター


Posted by shimaf at 16時10分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

menu

8

2007


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

広告

PHOTO

COOKIE SCENE vol.55

COOKIE SCENE vol.55

オクターブから半音までの音程をそれぞれ12等分する(3)

オクターブから半音までの音程をそれぞれ12等分する(3)

アンチ ミュージック テンプル!

アンチ ミュージック テンプル!

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

RSS1.0 podcast

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2007-2009 mimiZ All rights reserved.