mimiZ

mimiZのライブ情報、音源などを発信していきます。

2007年08月12日(日)

Weekly Temple @ 正福寺 第二週 [福系]

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

:::::::

本日、正福寺の本堂にてweekly temple の第2週がおこなわれました。
日本海夕日コンサートや大きなライブイベントがある中、想像よりも多くの方が足を運んでくれたので、ありがたいことだなぁと思いました。

円秀さんの最初のパフォーマンス。カセットテープの信号音をテープに録音し再生する、という行為を見せる部類のものでした。デッキをいじっているときの音をコンタクトマイクでひろっているのですが、すごく生々しい機械音だと、、機械音はとても生々しいのだなと気がつきました。すごい。

その後、前半福島がソロで演奏と約10年前にディレイのみでやっていたことを再現、ソロだと音が小さくまとまってしまうということに気づかされる。

10分休憩。

後半、今後のイベントの告知をした後、丸山健一さんと渡辺拓さんを紹介。二人の過去作品(かなり緻密)を聴かせてもらって、3人でセッション。先週のリハーサル以来2回目。
トータル60分弱の演奏、山あり谷ありで途中音が消えそうな瞬間もあったけれど、はまったところははまって、2回目としてはだいぶまとまっていたのではないかと思う。前半に毒出しのような音の固まりができてしまうも、それが引いてからきれいな岸辺が見えたりした。

丸山さんも渡辺さんも出ている音に反応する器用さがあるので大きな破綻は起きなかった。すごいことだと思う、コンピューターでのリアルタイム・セッションがこんなにさりげなくできる時代になったのだなと思う。
たぶんこれから数年はとてももっと面白いこと(音楽的進歩)が起こるのではないかと、そんな考えが演奏中にあたまをよぎった。


円秀さん香織さんはじめ準備、後片付けに関わってくださった方々、会場に足を運んでくださった方々、両親、どうもありがとうございました。そして何より丸山さん渡辺さんとても意義のある時間でした、どうもありがとうございました。

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

円秀さんとデッキ。


画像(180x135)・拡大画像(800x600)

信号音録音中。


画像(180x135)・拡大画像(800x600)

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

画像(135x180)・拡大画像(600x800)

Posted by shimaf at 01時51分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 3 )

2007年08月07日(火)

「Weekly Temple」 at 正福寺 の第一回。 [福系]

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

入場する能勢山陽生

*************************

 先日2007年8月4日(土)は新潟は古町のお寺、正福寺にて「ウィークリー テンプル」の第一回目が行われました。ほぼ毎週いろんなゲストを呼んでゆるくライブをしていこうというもの。ちなみに八月は全て出演者も決まったとか。

 今回はディーゼル・ギターの能勢山さんがご出演でした。開演時間が22時と遅かったので、終電で帰れない事が明確な僕は一度実家へもどり実家の車を借りて古町へ。最初の円秀さんの前座を最後の方しか見る事ができなくて残念。
でも、アンプ内蔵スピーカーを前後に背負ってデンデンするパフォーマンスにはやられました。毎週どんな演奏するのか今後も楽しみです。

 能勢山さんは合計で4セット、1−2セットは通しで行って10分休憩。後半第一弾は約10年前にやっていたというギターのフィードバックのみによる演奏を再現。最後は最近の機材を入れてのドローンでした。最後が一番色彩がありましたが、ドローンはどれも空間と相まっていろんな場所から音が迫ってくるのでした。

 今回個人的には音のなる方へできるだけ目を動かすようにして聴いていました。その方が「気配を感じる」という人間本来の機能が働く気がしたのですが気のせいかもしれません。個別の周波数の音にそれぞれ個性があるような気がして、新鮮だったのですが、ただ黙々と演奏している能勢山さんの耳がそれらを把握しつつこの空間全体を「鳴らしている」のだと想像してみたときにちょっと恐ろしくもなりました。

 蚊取り線香の匂いや扇風機や集まった方の雰囲気はそれはとても素敵な夏の夜でした。

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

円秀さん1


画像(180x135)・拡大画像(800x600)

ディーゼル・ギター+PA円秀さん


画像(180x135)・拡大画像(800x600)

ディーゼル・ギター


Posted by shimaf at 16時10分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2007年08月02日(木)

円秀さん路上ライブ。 [レポート]

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

*******

先月、2007年7月26日は新潟でANTI musicをとりまとめている円秀さんのお誕生日でした。

ご自身の誕生日に何か一つデビューする事を決めていたという円秀さんは、今年は新潟の古町にて路上ライブデビューをされました。

そのことは事前に聞いていましたし、何事でも最初の一歩といいますか惰性でなく新たに踏み出すときは勇気がいりますし、そういうときは新鮮な集中力が降りてくることが多いと思っているので、見なきゃだめだなと足を運びました。

古町に少女の銅像がありまして、円秀さんのライブはそこで行われました。

円秀さん誕生の時間だという22時ころからスタート。隣では路上工事も始まったりしていました。

少女像周辺に設置された機材、設置中にはアナログレコードがプレイされる細やかさ。アンプ内蔵スピーカーやサンプラー等全て電蓄駆動のものらしく、ほんとに路上演奏っぽい。でもどこか見た事ない感じで新鮮でした。

曲は基本は即興ですが、使用機材によって「一曲目〜、二曲目〜」と言っていくスタイルはもうだいぶ定着。

コンタクトマイクからのノイズを使った最初のほうの演奏ではコンタクトマイクで少女像を触れつつノイズを出す等なんかすごいもの観た気になってしまいました。誰がやっても成立するというものではない、あるいはなにかががずれてしまう、もの。

後半は没入感が増して聴いているほうも、周りの環境音や通りすがりの人の反応等と相まって全部路上音楽になった。近くの工事現場の重機の音がやけに音楽的に聴こえたのもこのあたりから。

最後はハウリングをつかった立ちポーズ演奏でしめ。

こういう路上演奏も全然ありだなと思ったし、かっこよかった。

中心オーディエンスが10名ほど集まったし、ふらふら近寄って去っていく人等含めて良い体験でした。
なにか一歩踏み出すということの意義を、少し感じたような気がしたかも。

お誕生日おめでとうございます。

ご本人のBBSにも詳細書かれていて、こちらから=>モヤ日々

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

2007年9月9日
『 Live Electronics in Niigata Vol.4 』


画像(180x135)・拡大画像(800x600)

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

Posted by shimaf at 09時54分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2007年07月21日(土)

新潟古町BOOK OF DAYSにて、『basic composition』。 [福系]

画像(180x180)・拡大画像(358x358)

昨日の20日の夜は新潟の古町にあるセレクトショップBOOK OF DAYSにて
m.o.k + basic form の自主企画『Basic Composition』が行われ、福島も参加してきました。

ライブのINFOは以下でした。

>>BOOK OF DAYSさんのブログへ




画像(180x135)・拡大画像(800x600)

三線(さんしん)を沖縄に移り住んで約10年学んでいるという川村健一さん。もともとは新潟出身の方。
今回唯一のアンプラグド演奏で、とても生音のすばらしさを感じました。声もよかったし、聴いたことのある沖縄民謡が今も頭の中で鳴っています。

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

この日、DJをやってくださったjacob(red-race-riot)さん。どちらかというとターンテーブル使って演奏しているようなスタイルで好感もちました。もっといろいろと聴いてみたいと思いました。今月27日には新潟のjunkbox miniでイベントされるそうです。

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

m.o.k.+basic form。とてもピースフルでしっかりした楽曲構成。僕が言えることはあんまりない感じの正当派クラブミュージックなんでしょうか。でもバンドっぽい感じもあるし。ベースは作り込まれたシーケンサーが流れているようですが、楽曲としてのエネルギーが出るのは楽曲がしっかりしているからかもしれません。すばらしいことです。

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

le(kudan)さん。以前のANTI music テンプルでごりごりのノイズだったために今回もそういう感じを想定していましたが、きれいな響きのループも使っていらっしゃいました。あ、こんな感じもできるんだ、と幅の広さを感じました。僕とフィールドの似ている方ですし、今後もどんどんご活躍していってほしいです。

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

今回のイベントは、収益の一部を中越沖地震の義援金として寄付することになったそうです。

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

それだけでも、イベントに参加させてもらった身としては少し心のやり場も救われました。

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

ただ、まだ被災されている地域の状態は思わしくないようですし、一日も早い復旧が待たれます。


Posted by shimaf at 15時41分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2007年07月19日(木)

名古屋、KD Japonを振り返る。少しだけ。 [発表系]

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

holon(写真左と右端)とPAの星さん

先日名古屋のKD japonで行われたみみづ、holonのライブについて少しまとめておきます。

まず最初に、長年機会があわずにKD Japonに行けなかった福島にとっては大きな前進の一日でした。初KDハポン。モモジさんにも久しぶりにお会いできてうれしい。
また、今回はトビ君があえなく不参加になってしまったのは残念でした。

リハーサル後、PCの電源がおそらくショートで焼けていて、接触不良を起こしていたのがだいぶショックでした。鈴木さんに車を飛ばしてもらって栄のアップルストアで交渉。ライブ本番約10分おしでスタート、というちょっと申し訳ない出来事がありました。

お待たせしてしまった会場の方には申し訳なかったです。
鈴木さんと二人のみみづはとても久しぶりでしたが、導入部分を長くやった事で焦りも消えて落ち着いた演奏ができました。一部では落ち着き過ぎとも言われましたが、当人たちの頭の中はフル回転でした。

後半、holonさんへの音を福島が担当しました。新鮮さを保つため、リハーサルはほとんどなく、事前に場面の展開を話し合うのみでした。holonさんは去年AACサウンドパフォーマンス道場で拝見していたし、音はなくても充分成立するパフォーマンスだと思っていたので少し考え込みました。展開もゆっくりできるので、約50分のセッション、は貴重な経験でした。

OHPに映し出される自然の形態、泡や波紋といった動きはとても幾何学的にも思えます。数学的な音響処理が自然の仕草に歩み寄るように感じられるのは突き詰めれば納得できる事でもありました。

また、ハポンのPAの星さん、すごく音が良くて気持ちよくできました。
リハで「もっと音出していいですよ」と言われてなるほど、とんがっていますね、と思い、こういう場所が名古屋にあるというのはすばらしい事だなと思いました。
どうもありがとうございました。

Posted by shimaf at 11時52分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

menu

8

2007


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

広告

PHOTO

《氷中フロレット》:2

《氷中フロレット》:2

091109

091109

140705

140705

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

RSS1.0 podcast

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2007-2009 mimiZ All rights reserved.