mimiZ

mimiZのライブ情報、音源などを発信していきます。

2012年11月21日(水)

121117-18 [《変容の対象》]

画像(320x213)・拡大画像(800x533)

終演後、山内桂さんにお願いして写真を3枚撮らせてもらった。
撮り終わり、ありがとうございます、というと
3、1、2の順で良いと思います。と山内さんがぽつり。

後日写真をみると表情のわずかな変化、その佇まいからしっくり来る物は確かにこの順番かもしれないな、などと思った。(写真の善し悪しは私の技術の限界もあるから端に置くとしても)少なくとも、シャッターを切られるその瞬間にどう対峙したかを記憶し即座に言葉にされた山内さんのそのあり方は、この日演奏された精神ととても自然な形でつながっているように思えた。



2012年11月17日の夜には古町の砂丘館で山内桂さんのソロがあると聞き、足を運んだ。今年は画廊FullMoonの越野さんが中心になっていたようだ。去年、2011年4月11日に画廊FullMoonで共演(オーガナイズはfleaongakの藤井友行さん)、同年11月には再び新潟で演奏されていたがその時はあいにく都合がつかず伺えなかった。藤井さんからはそのどちらもとてもよかったと感想をいただいていたし、今回楽しみにしていた。

会場で居合わせた藤井友行さんとも終演後にどれだけ得難い体験を僕らはしたのかを語りあい帰った。夜道はあいにく、冷たい雨が降っていたがあまり気にならなかった。

実際去年、聴いたときの演奏とはまた質的に異なっていたように感じられた。音と音の狭間には森の葉が風に揺れる音や虫の音などが蘇ってくるような印象があった。どこか映像的な有り様は去年同様とも思ったが、どこかが決定的に変わっているようにも感じられた。

私自身はこのような演奏の域には、まだ到底及ばないと素直に感じたし、無理なくすっと「山内桂」として演奏されたその自然さにとても心が動かされたのは間違いない。
また新潟で演奏してほしい。


++
2012年11月18日に濱地潤一さんより今月の《変容の対象》4-5小節目のサックスパートが届く。

何度か聴いてなじませる。5小節目後半の濱地さんの旋律のアプローチには印象的な香りを感じ、その部分をどう伴奏を付けるかが問われている気がする。
結局この日は答えが浮かばなかった。

雑念のみ。

Posted by shimaf at 01時03分   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://www.mimiz.org/tb.php?ID=880

コメント

コメント投稿フォーム

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

menu

11

2012


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

PHOTO

Mimiz pod 4-6

Mimiz pod 4-6

Feb.05,2008、2人mimiz(suzuki+fukushima)@円盤

Feb.05,2008、2人mimiz(suzuki+fukushima)@円盤

MP6-2

MP6-2

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

RSS1.0 podcast

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2007-2009 mimiZ All rights reserved.