mimiZ

mimiZのライブ情報、音源などを発信していきます。

2012年11月09日(金)

121109 [福系]

画像(320x213)・拡大画像(800x533)

先日、レンタルCDを扱っているお店で在庫処分のようなものをやっていて、民族音楽のCDが1枚100円で売られていた。確か大学生の頃に発売されていたシリーズでとても興味があったけれど結局予算の関係で数枚しか購入できなかったものだ。在庫処分とはいえ価格設定に愕然としながらも、
雅楽と能楽と沖縄民謡のものがあったので、ありがたく購入した。

雅楽は中学生の時の授業で越天楽を鑑賞するのだけど、笙の響きにすっかり虜になってしまって、それはいまだにそうであるけれど、それ以外にも西洋音楽の五線譜では現しきれない秘密がそこには多く含まれているようで、興味は尽きない。

個と全体性のことをとにかく考えさせられる。音響的な構造体としてその意思のあり方が完全に個を超えている。逆に言えばこれは明らかに個(人)に向けられた音ではない。

朗詠や謡の旋律線からの摸倣あるいは発展として笛類の旋律線があるように思われるが、それが高度に組織されて最終的にはある種の精神性が留まっている事の奇跡を感じることができる。


Posted by shimaf at 02時06分   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://www.mimiz.org/tb.php?ID=877

コメント

コメント投稿フォーム

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

menu

11

2012


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

広告

PHOTO

Mp6-1

Mp6-1

mimiz 送信音 連続6/10。

mimiz 送信音 連続6/10。

9回目円盤ライブの報告。

9回目円盤ライブの報告。

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

RSS1.0 podcast

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2007-2009 mimiZ All rights reserved.