mimiZ

mimiZのライブ情報、音源などを発信していきます。

2012年09月24日(月)

《変容の対象》2011年版 初演に向けて(1) [《変容の対象》]

画像(320x213)・拡大画像(800x533)

2012年9月22日は《変容の対象》2011年版の初演のためのリハーサルが行われた。

この《変容の対象》2011年版は、2012年10月12日(金)『越の風2012』において初演される予定だ。

2009年の元日から濱地潤一さんとの共同作曲という形で開始されたこのプロジェクト、いつか実際の奏者の手で形になればいいですねとその時点で語ったひとつの未来が来月に実現するということになる。



リハーサル前日は特に目的もなく車を走らせて、夜道をしばらく運転した。

数ヶ月前に父がスピーカを新たに購入しており、実家に戻った時には少しの時間それを鳴らして聴かせてもらっていた。豊かな音の奥行きに魅せられて、ふと聴きたくなったのはピアノの音色だった。最近濱地潤一さんが聴かれているものと少しシンクロすることがあり、そのときもベートーヴェンのピアノソナタ30番を聴いた。豊かな変化についてあれこれと父と話した。音の質について熱っぽく語る父と話していると音の豊かさについて語る事は全く罪ではないような気になれた。

そのような経験が影響してか、最近は車の中ではなるべく大きな音でピアノの音などを聴こうとしている。父のオーディオほどの感動は無いが、ヘッドフォンでmp3を流しているよりはいくらかましに思える。この日、車に持ち込んだのは《変容の対象》2011年版のデモ音源と、グールドの弾くベートーヴェン「32の変奏曲ハ短調、6つの変奏曲へ長調、エロイカ変奏曲変ホ長調」だった。

高速は夜間工事のためあちこちで立ち入り禁止のシグナルが光っていた。
下道を走っていると、外来種の鈴虫の鳴き声がたまに鋭く車内にまで飛び込んできた。
《変容の対象》2011年版の各曲からはぼんやりと去年の記憶を刺激され、こうして形になっている事の意味を考えさせられた。
32の変奏曲ハ短調はカシオーリの演奏との比較を楽しんだ。エロイカ変奏曲変ホ長調とフーガ変ホ長調作品35の28分の演奏に身を任せて変奏形式について考えた。学生の頃にこのCDに書かれている冒頭「変奏は最も古くからある音楽の技法である。」の1文が気になっていたものの、そのときは実感を持って理解できていなかった事など。



2012年9月22日は《変容の対象》2011年版の初演のためのリハーサルが行われた。

Posted by shimaf at 00時54分   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://www.mimiz.org/tb.php?ID=850

コメント

コメント投稿フォーム

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

menu

9

2012


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

PHOTO

091107-08

091107-08

ベルリン楽器博物館 その2

ベルリン楽器博物館 その2

091012「Slow Light Film 〜 川の呼吸〜 」

091012「Slow Light Film 〜 川の呼吸〜 」

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

RSS1.0 podcast

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2007-2009 mimiZ All rights reserved.