mimiZ

mimiZのライブ情報、音源などを発信していきます。

2012年08月07日(火)

120718-120806 [《変容の対象》]

画像(320x213)・拡大画像(800x533)

2012年8月6日:濱地潤一さんへ《変容の対象》8月の第1小節目を送る。今回の動機作りは数日前にピアノで弾いた時のアイディアを少し用いた。その後の展開はいつもの通り変容の対象に任せるしかない。

*******先月の変容、webで書けなかったのでここでまとめ。
2012年7月18日:濱地さんより7月の6-7小節目が送られてくる。濱地さんヘッセを読みはじめたらしい。《変容の対象》も展開が面白くなってきたとのこと。

2012年7月19日:7-8小節目を送る。その週末に合唱の練習があり、Berkeleyという作曲家の「Mass for Five Voices, Op. 64: V. Agnus Dei」を土曜日までに譜読みしなければいけないのです、と忙しそうなそぶりをメールに書いている。

同日:濱地さんより8−9小節目を受け取る。

2012年7月20日:9-10小節目を送る。21日22日は合唱の練習で、21日の夜はasuna君が新潟でライブするので観に行ってきます。とメール。

2012年7月21日:10-11小節目を受け取る。Berkeleyの「Mass for Five Voices, Op. 64: V. Agnus Dei」奇麗な曲ですね、asunaさんのライブ、良い気分転換になると良いですね。

2012年7月25日:岩手より濱地さんへ11-12小節目を送る。ピアノの音数が多いためにやや難航したことを謝る。


2012年7月26日:12-13小節目を受け取る。もしかしたらここでfineかもしれませんとのこと。

2012年7月28日:日付が変わった頃、新潟に戻る。濱地さん誕生日。13-14小節目を送る。僕の中でもfineの気持になる。こういう事は珍しいのです、基本的に《変容の対象》には上手くまとめるとかそういうのは求めていないので。ただ、何事にも例外的なタイミングというのはあるようです。

2012年7月29日:14-15小節目を受け取って、fine。今月、とても気に入っています。と濱地さん。僕も同感だった。同様の行為の中でも違った側面が発見される瞬間はいつでも歓迎である。

去年の2011年では8月にこういったピークがあった。個人的には夏は極めて苦手な季節なのだけど、音楽的には躍動することもあるのか、どういうわけか。

Posted by shimaf at 17時03分   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://www.mimiz.org/tb.php?ID=829

コメント

コメント投稿フォーム

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

menu

8

2012


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

PHOTO

《フロリゲン・ユニット》2011

《フロリゲン・ユニット》2011

160531

160531

Feb.05,2008、2人mimiz(suzuki+fukushima)@円盤

Feb.05,2008、2人mimiz(suzuki+fukushima)@円盤

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

RSS1.0 podcast

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2007-2009 mimiZ All rights reserved.