mimiZ

mimiZのライブ情報、音源などを発信していきます。

2012年07月10日(火)

無題3:氷中フロレットより移植されたもの [音系]

画像(320x212)・拡大画像(800x532)

2012年6月10日:には東京で日本電子音楽協会の総会があり参加した。

その後、横浜に移動してフロリゲン・ユニットの録音会を行った。集まってくれたのは、クラリネットの伊藤めぐみさん、櫻田はるかさん、オーボエの山口裕加さん。《florigen unit》の木管初演メンバーだった。

時間的には約2時間ほどしかなく、セットアップを入れると充分な時間をとれたとはいえない。目的の《florigen unit》の録音はスムーズだったが初演当時のモチベーションをどのように維持してさらに良い結果を生むかというところで、自分自身に迷いがないわけではなかった。奏者の演奏は初演当時より安定しているように感じたし、気に入らない箇所があれば奏者側から再録の提案などもあり短い時間の割には安定した録音が得られたと思う。ただただ感謝であるが、作品自体がより安定に向わざるを得ないという事になにかひとつ腑に落ちないものがあった。

同時にこの日は、マリンバと室内楽アンサンブルのための《氷中フロレット》('12)から音列をとりだして、今回の編成用に書き直した《無題2》というショートピースも用意していった。実は仕上げは移動中などでおこなっており、結局コンピュータの処理は満足いくものにはなっていなかった。仕方がないので、この日は木管アンサンブルのみの演奏を1回のみ録音して持ち帰った。


後日、この日の録音をコンピュータで処理し直して、編集し《無題3》を実験的に作った。この方法論ならば、ひとつの録音から複数のバリエーションを得る事は可能で、《無題3》は複数の曲の組曲形式にまとめても良いとも思っている。

《無題3の1:氷中フロレットより移植されたもの》('12)
https://www.box.com/s/c470c8a29f75b3570956

Posted by shimaf at 22時17分   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://www.mimiz.org/tb.php?ID=819

コメント

コメント投稿フォーム

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

menu

7

2012


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

広告

PHOTO

120413

120413

appel

appel

今年の宿題を考える。

今年の宿題を考える。

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

RSS1.0 podcast

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2007-2009 mimiZ All rights reserved.