mimiZ

mimiZのライブ情報、音源などを発信していきます。

2012年05月18日(金)

120516-18「respice finem」後日。 [レポート]

画像(320x213)・拡大画像(800x533)

2012年5月12日の本番を終えて、記録を担当してくださった池田泰教さん、ウエヤマトモコさんとも連絡を取り合っている。
濱地潤一さん作曲の
《埋没する3つのbluesに捧げるcondensed music》
の記録に関して事前に池田泰教さんから提案があり、それを実現するための作業が宿題として残っている状態なのだ。

今回、この曲の編集においては手作業ではなく、コンピュータプログラムを走らせて行うことになる。当面、そのプログラムを作らなければいけないが、それに向けての準備段階でもいくつかのサブプログラムが必要となる。
16日の夜にしばらく池田さんとその打ち合わせのためにチャットしたのだけど、映像におけるフレームの考え方など、音の世界とはまた違う概念があり、初めて聞くことなどもいくつかあった。

感動したのは「ドロップフレーム」というつじつま合わせ(?)のややこしい概念を、補正する数式を池田さんが提示してこられたので、すごいなぁ!とコメントしたら、これはその前日に飛谷くんから聞いたのだと言う。どちらにしてもすごい。

「ドロップフレーム」の概念をプログラミングで実現しようと思うと、僕ならリニアに考えてしまって、それこそややこしいプログラムを書いてしまいそうだった。でも飛谷君の数式はもっと物事を包括的に捉えているのが分かって、これぞ数式という感じ。できる人なら当たり前なのかもしれませんが。基本リニアにしか考えられない自分が嫌になりました。とても大きな発見でした。

ということで、それを受け取って、《埋没,,,》編集に必要なチャンネル切り替えのフレーム数に添ったリスト作成作業が必要になり、それのためのプログラムを書いて池田さんに確認してもらったり、やり取りを数回行っている。

そのサブプログラムも目処がつき、走らせて18日の夜にはリストは出来上がるだろう。

メインプログラムは池田さんが作成予定。

音に関してはウエヤマさんの記録は、音への愛着も加わり十二分に満足できている。


今回で言えば、「ドロップフレーム」に関する飛谷君の数式が心臓。それをもとにしたリスト化のためのプログラミングが身体。それを用いて池田さんが精神を吹き込むようなものですね、とチャットで言ったら、
プログラムをただ走らせて編集するわけだから、精神は入りませんよ。などと返された。


今回の池田さんのアイディアはとても明確な道筋をもっている。まずはそれを実現するために今やるべきことがわかるのだから、それをやって実現させたい。こうしたやりとりは珍しいし、実際にプログラムを組んでいても楽しいものだった。
こうした問題解決のための態度を示唆する言葉として、「respice finem」が用いられることもあるようだ。最後を考慮せよ=目的を見失うな。

言葉の内包する意味、このレンジの広さもなかなか面白い。

Posted by shimaf at 08時48分   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://www.mimiz.org/tb.php?ID=797

コメント

コメント投稿フォーム

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

menu

5

2012


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

PHOTO

mimiz 送信音 連続3/10。

mimiz 送信音 連続3/10。

110419

110419

180221

180221

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

RSS1.0 podcast

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2007-2009 mimiZ All rights reserved.