mimiZ

mimiZのライブ情報、音源などを発信していきます。

2012年05月16日(水)

120513「respice finem」後日。 [レポート]

画像(320x213)・拡大画像(800x533)

その後、演奏会後に関わった方々とメール。会場に来てくれていた田口雅之さんや、スピーカを制作してくださった高橋悠さん香苗さんなどから当日の写真を送ってもらったりする。いろいろな視点があるな、と思い、見る。どれもその人らしさを感じさせるものだったりするし、カメラの個体の差異から感じられる質感の差も心地いいものと思えたりした。自分は当日は本番中は撮影しなかった。その余裕もなかったのだけど、リハーサル中の写真を見直してもぶれてばかりなので、それはおそらく本番前の気持ちの表れなのだろうと思ったらなんだかおかしくなった。

とにかく、今回は準備段階から濱地潤一さんの気合いがビシビシ伝わってきていて。結果的に高橋悠さん香苗さんのスピーカや記録の池田泰教さんウエヤマトモコさんらと本番に向けて、そして本番を無事に終えられたことには、やっぱりなにか、今までとは違った種類の感慨を感じられるものがあった。濱地さんなくして今回のこのような感じにはならなかっただろうな。とも。



濱地潤一さんとの発表が終わり、2012年5月13日の朝。前日にお風呂にはいって、ゆっくり髪も乾かさずに寝たら朝は面白いほどに髪の毛が立っていた。面白いのでしばらくそのままにして朝食を食べた。

出発の準備をしていると、濱地さんが音数少なくピアノをつま弾いているのが聴こえて来た。その和音の澄んだ響きに、変わらぬ濱地さんの心象を見たような気持ちになった。

僕は汚れちまったな、と思いながら出発の準備を終えた。



前田真二郎さんとお昼過ぎに合流して、新潟市美術館へ。学芸員の濱田さんとお会いする。ご出身が前田真二郎さんととても近いという事が分かり驚く。
展示を観て回る。ここの部屋の作品はシマフ(福島)好きそうだね、と前田さんに言われてはっとする。確かに好きだけれど、好きそうに見えているのか、というのがなんだか心に残った。



村上でみんなで昼食をして、昨日の発表の話など。質問も交えて。また違った見え方やそれぞれの考えが伺えて楽しかった。その後、新発田に向かう。



道中はとてもよく晴れていて、水田には水がはってあり、気持のいいドライブになった。濱地さんは「こういう景色は和歌山にはないですな」と言っていたのが印象的。和歌山にはいつか行きたいな、と思う。車中でもそんな話になっていた。



空港に濱地さんを送ってお別れ。



新潟駅まで前田さんを送る間、傾いた太陽の光を浴びて雲の一部に虹ができていて不思議な光景だなと思った。前田さんの語り方はいつも柔らかく落ち着いていた。




このまま独りで村上に戻るのもつまらないので、CD屋さんに寄ってスクエヤプッシャーの新譜を購入し、その奇麗で凶暴な音楽を大きな音で聴きながら帰った。





濱地潤一さんの記述
http://d.hatena.ne.jp/hamajijune/20120514

http://d.hatena.ne.jp/hamajijune/20120515

http://d.hatena.ne.jp/hamajijune/20120516

Posted by shimaf at 08時56分   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://www.mimiz.org/tb.php?ID=796

コメント

コメント投稿フォーム

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

menu

5

2012


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

PHOTO

111023

111023

何か書いてみよう。

何か書いてみよう。

楽譜。

楽譜。

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

RSS1.0 podcast

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2007-2009 mimiZ All rights reserved.