mimiZ

mimiZのライブ情報、音源などを発信していきます。

2012年02月21日(火)

Mimiz録音会 (2) [レポート]

画像(320x213)・拡大画像(800x533)

2012年2月19日:膨大な量の録音物を少しずつ確認しはじめている。PC内部で録音されたものを聴いているが、実際にその場で体験してきたものとはまったく違う様子でもあり新鮮さとどこか居心地の悪いものも同居した質感がある。
この録音の向こうにある生身の世界に数日前には身を置いていたのだ。その生身の世界から入力された限定された情報の音を、PC内部で静的に録音されたものを、今、聴き、
限定された情報とそれ故高まるざるを得ない情報の純度に感じるものがある。

SNSなど、インターネットを通して情報の共有が容易になって来ている。遠方に住む親友の一言などを読めば伺い知れるものもあり、全くの音信不通よりは、元気な言葉であれば、こちらも嬉しい事が多い。でもこれが如何に限られた情報であるかを忘れてしまう瞬間もなくはない。この限定された情報というのは否応なく純度の高い情報であり、補完する他の情報が得られなければそのまま否定的にも肯定的にも扱われる部類のものであると感じている。

PC内部の録音と外部、つまり生身の人間の対峙する場"ここ"、との対比にまずは意識的でありたいと思った。

【上映会】
前田真二郎さんのプロジェクト“BETWEEN YESTERDAY & TOMORROW”(以下BYTと略)は撮影/編集方法における明確な指示書が提示されているうえで制作された映像作品だ。今回は22名の作家がその指示書に従って製作したBYT作品をオムニバス上映という形で上映された。1作品5分という時間の制約や、撮影日前後の日に録音された作家本人による語りなど特徴的な構造がある。撮影時期も大きく4つの時期に区切られており、その内、3つの時期のものに関しては現在もネット上で公開されている。今回の上映で初公開となるものは3作品だった。

《“BETWEEN YESTERDAY & TOMORROW” Omnibus 2011-12》

総勢22名となればどのような多様さが生まれるかと思えば、内容は確かに多様である。しかし、指示書による制約が一本の支柱となっているために、想像以上のブレはなく、かえって作家が重視した視点の純度が高まっている。そして、どの作品もその制約の中で一定の水準以上と思われる何かをしのばせているのは確かだった。また、ネット視聴とは明らかに違う、という印象は確かに感じられた。
ひとつひとつの作品についてあれこれ感想を言いはじめたらきりがない。それだけ語るべき視点が花火のように目の前を過ぎていく。個人的には初公開という事もあるだろうが、最後の3作品の印象が強い(速度の違いもそれぞれに全く異なっていた)。
中でも池田泰教さんの作品は決定的に異質な質感を提示していた。BYTの制約は撮影時間の限定とも繋がっており、撮影を許されているのは1日のみである。それを思えば、その1日の撮影でここまでやる事は、限りなく限界に近いのではないかと思え感じ入るものがあった。また、この作品の録音を手がけているのがウエヤマトモコさんである。両者の質へのこだわりが伝わってくるようで(こだわりという表現は不適当かもしれない、あるがままに残したいという欲求がまず強く最初にあるような気がするのだけれど。)嬉しかった。池田さんの作品は時間をおくほど印象的なシーンが浮き上がってくるような気が現在している。必要以上の説明は与えられていない、言葉を意識的に滅するように感じられるものもある。だから答えというものはないのかもしれないが、残ってくるものから関係を結ぶものは確かにありそうだ。そしてそれは時に残酷ですらある。

同時に、池田さんが音楽に憧れるという事を数日前のチャットで言っていたのを思い出す。言葉を滅しられた映像は確かに音楽的な方向へ向かうかもしれない。ただ、同様な地点を音楽ができるのかと問うと、、僕は音楽に関わるものとして自分を戒めたい気持ちになる。
飛躍的な言い方だけれども、池田君の作品は間違いなくリニアなメディア表現において上下の関係を提示してみせていると思う。
これは言葉以上に難解な領域だ。
(僕がそのように明確に感じた音楽とは去年お寺で聴いたディーゼル・ギターの演奏のみである。)


最近、実験的に(しかも抽象的)にではあるが作品の鑑賞に際して「生命に触れる」つもりで観るという事を試している。それが何をさすのかも分からない。実際、当日はそのことについて必要以上に考えてはいなかった。ただ、現在それを意識して区分すれば、それは今回の短編を繋ぐタイトルやインターバル、エンドロールなどになると思った。その部分の強さはまれに見るもの(少なくとも自分にとって)だったし、それは様々な要因と関係しているから個人的な意見としか書きようがない。
そのとき前田真二郎さんの意思が上映空間を支配し、私はそれに同意し、身を置いたのだと思う。

【上映後】
上映後の流れは濱地潤一さんのブログに詳しい。
http://d.hatena.ne.jp/hamajijune/20120218
ウエヤマトモコさん、作曲家の桑原ゆうさん、濱地潤一さん、飛谷謙介くん、僕の5人で近くのバールで飲んで、そのあとは桑原さんとは解散し、前田真二郎さん、高嶺格さん達と合流した。高嶺さんは以前ビデオカメラを多く持って身の回りを記録しているというような印象があったので、記録について聞いてみた。今はほとんど記録していないという。膨大な量の記録物とどう向き合うかというところでつきまとう困難は多い。

その後、濱地潤一さんと二人で神奈川の関内に移動、お互いのホテルにチェックインを済ませたあと再び合流して、深夜まで話し込んだ。ここでも会話の一部は録音した。
多分、記録に取り憑かれているのだ。


ホテルに戻り、濱地潤一さんからの《変容の対象》を確認し、この日撮った写真の一部を現像してMimizのブログにアップ(http://www.mimiz.org/index.php?ID=748)して5時台に就寝。

+
>>(3) http://www.mimiz.org/index.php?ID=751

Posted by shimaf at 15時48分   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://www.mimiz.org/tb.php?ID=750

コメント

コメント投稿フォーム

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

menu

2

2012


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      

PHOTO

Twill The Light 029 : openFrameworks

Twill The Light 029 : openFrameworks

BEETHOVEN FIDELIO

BEETHOVEN FIDELIO

RADIO SAKAMOTO Podcasting Vol.91

RADIO SAKAMOTO Podcasting Vol.91

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

RSS1.0 podcast

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2007-2009 mimiZ All rights reserved.