mimiZ

mimiZのライブ情報、音源などを発信していきます。

2011年12月02日(金)

2011年11月(1) 第6回JFC作曲賞 [レポート]

画像(320x213)・拡大画像(800x533)

2011年11月はいろいろな精神に触れる機会の極めて多い月だった。
今年は特に発表は少ない年でもあったのでなおさらそう感じたのかもしれない。
実際に東京にも何度も足を運び、その都度心が痺れるような感覚になっては地元へ戻り、その高ぶりをやや沈めては再び向い、、というような心境だったので、平常時の心の着地点というものをぼんやりと考えることにもなった。

また、直接会って会話を交わすというシンプルなあり方が最も多かったものの、それ以外、実際には同じ場所にいない人の存在や、街そのものが持っている土地のテンションのようなものにも多くの影響を感じた。自分の中と外に常に何かがうごめいていた。ただ、それは渦中のときには分からないものでもある。



具体的日程では第6回JFC作曲賞の本選会、そして淡座の旗揚げ公演へのお手伝いを宇都宮と東京とで2回、合計3回の公演を行ったことにまつわる。



第6回JFC作曲賞については個人的には良い経験であったことは間違いなく、ここで得た事はまた今後に繋げていきたい。東京、新潟からも家族や友人が多く足を運んでくれた日でもあり恐縮だったがこんなにうれしいことはなかった。また、今回のプロジェクト中は濱地潤一さんからは時折だが的確にメールをいただいており、実際に同じ場所を共有するしないに関わらずここでも大きな精神の渦を感じた。

何よりも、自分が本番中には何もせずに曲が演奏されたこと、その事の緊張感と喜びとがとても新鮮だった。あらためて関わってくれたすべての方々に感謝の気持ちでいっぱいである。
本選会での7作品すべてあわせた奏者の総勢は約50名と大人数であり、すべての方と話ができたわけではないが、控え室は独特の熱気で満ちていた。そんな中、黙々と論文を進める飛谷謙介君も頼もしかった。
他の作曲者達と二三の会話、急遽記録係になっていた木村悟之さん(「軌跡映画1 Cyclops」)とは数年ぶりの再会で感激だったし、事務局の皆さんの働きぶり、そして何より審査員三名の熱意に心を新たにした一日だった。

JFC作曲賞の発表は後日、18日にweb上で発表となっていたが、その日は淡座との初合わせで東京だった。後日、講評をありがたく拝読した。IAMAS卒業時期のミーティングで当時指導教官だった三輪眞弘さんから
"福島君、音楽はもっと豊かなものでもあるんだよ。"というような事を言われたのをぼんやり思い出し、心を少しくすぐられるような気持になった。

あの頃から変わらない根っ子のようなものはあるかもしれない。

でも少しずつではあるが、音楽を通して共通意識を持つ重要な人たちが周りに増えているのは間違いなく、"音楽によって" 豊かに育ってきたものはある。
さぁ、これからどう答えていきましょう、ということなのだろう。

あらためて皆様に感謝を。

画像(213x320)・拡大画像(533x800)

木村悟之さん

          


画像(320x213)・拡大画像(800x533)
画像(320x213)・拡大画像(800x533)

Posted by shimaf at 18時58分   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://www.mimiz.org/tb.php?ID=715

コメント

コメント投稿フォーム

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

menu

12

2011


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

広告

PHOTO

110803

110803

140704

140704

100713

100713

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

RSS1.0 podcast

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2007-2009 mimiZ All rights reserved.