mimiZ

mimiZのライブ情報、音源などを発信していきます。

2011年11月30日(水)

111129-30 [《変容の対象》]

画像(320x213)・拡大画像(800x533)


2011年11月29日のお昼過ぎに新潟に帰ってくる。

《変容の対象》の8-9小節目を濱地潤一さんへ送る。

http://d.hatena.ne.jp/hamajijune/20111129


その夜の21時に濱地さんより9-10小節目の返信が入っていたが、確認したのは30日の朝だった。前日は疲れがとれず、寝てしまっていたためだ。

+
30日の夜、電車の中で変容を書き、20時半過ぎに10-11小節目を送る。


11-12小節目が21時10分頃届く。「まだ続きますよ。」とメールに書かれており、確かにまだ続くと思った。

+
12-13小節目(ピアノパート)を21時43分に濱地潤一さんへ送信する。

+
10時15分に濱地さんより13-14小節目を受け取る。
次の小節の音数の指示は[0]。ここで終わった感じがするということ。

+
先ほど23時06分頃、濱地潤一さんへ14小節目のピアノパートを送る。
15小節目の濱地さんからの指定された音数は[0]だが、小節の拍数は決められるはず。その可能性を考えたが、やはり14小節目で終わった気がしたので、そのようなことをメールで書いて、あとの判断を待つ。

30日も残り1時間を切った。


+

30日23時24分に濱地潤一さんから確認のメールを受け取る。
ここで今月の曲はfineとなった。

メールでは、濱地潤一さんが今月のサックスの旋律に、コルトレーンのある曲へのオマージュという態度をとっていた事が明かされた。
ある曲の組織の際にその原風景となる特定の曲を想定するという態度は、《変容の対象》の扱う事柄からもとても意味深い事だと感じた。


それにしても、最終日にこれだけやり取りをするのは初めてだった。
多分、僕の中にも濱地さんの中にも、今月導入した新しいルールに関して、まだまだ試行錯誤が必要だと考えていたということが大きいかもしれない。

個人的なことでいえば、今回の新しいルールに対して一貫した姿勢は貫けなかった。何ができて、それがどう作用するかがまだ分からないからだ。
今月終えても、すっきり分かったという感じはまだない。
可能性はルール導入前にいろいろと考えていたものの、それを実際ほとんど試せないでもいる。それは構造的な欲求よりも積み上げられた楽曲の引力のようなものが強く、その可能性を許さない、というような気持にさせるからでもあった。

来月は濱地さんからの動機で始まり、今回の新ルールも引き続き継続されることになった。

http://d.hatena.ne.jp/hamajijune/20111130

Posted by shimaf at 21時44分   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://www.mimiz.org/tb.php?ID=713

コメント

コメント投稿フォーム

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

menu

11

2011


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

PHOTO

101116

101116

RADIO SAKAMOTO Podcasting Vol.91

RADIO SAKAMOTO Podcasting Vol.91

音の視覚化。

音の視覚化。

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

RSS1.0 podcast

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2007-2009 mimiZ All rights reserved.