mimiZ

mimiZのライブ情報、音源などを発信していきます。

2011年11月22日(火)

111120-21 [告知関係です。]

画像(320x213)・拡大画像(800x533)

2011年11月20日:南宇都宮にあるbe offという空間で淡座の旗揚げ公演に参加。噺と現代音楽の交わる空間のお手伝いをする。全体を通してみるまで実態が分からないものでもあったけれど、結果的には良いものであったと思う。
淡座の奏者の方の技術もさすが、師匠の噺もさすが、作曲家桑原ゆうさんの曲もバランスの取り方が絶妙だと感じた。

言葉に音をつけるという作業はややもすれば、わざとらしくなりがちだし、難しい。その辺りをうまい立ち振る舞いで作曲していると思った。そしてそれは現代音楽の新しい領域とも関係しているように思った。

師匠の言葉の間合いには本番中に泣かされた。

帰りのタクシーが同じだったので、師匠に言葉の力のすばらしに感激した事をを伝えたくて話していたら、言葉には目がありますからね、なんとなくわかります。とおっしゃられていた。

現代音楽には目はありますか、最初はやっぱりよく見えませんよね。
などなど。

来週は紀尾井ホールで。



翌日、朝5時から長野に向う。秋から冬に向う頃だ。

木の枝に触れる機会があったが、しなった枝の反発力に、何となく感じたのは基本的な自然の力のバランス感覚だ。



Posted by shimaf at 01時00分   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://www.mimiz.org/tb.php?ID=708

コメント

コメント投稿フォーム

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

menu

11

2011


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

PHOTO

091031

091031

100127

100127

9回目円盤ライブの報告。

9回目円盤ライブの報告。

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

RSS1.0 podcast

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2007-2009 mimiZ All rights reserved.