mimiZ

mimiZのライブ情報、音源などを発信していきます。

2011年09月26日(月)

110925-26 [《変容の対象》]

画像(180x119)・拡大画像(800x533)

2011年9月25日に日付の変わった頃、濱地潤一さんへ
《変容の対象》2011年9月のピアノパート4−5小節目を送る。


その1時間以内に濱地さんより5−6小節目のサックスパートが返信されてきていた。

http://d.hatena.ne.jp/hamajijune/20110925

26日に日付が変わった頃に6−7小節目のピアノパートを送る。と思って、いま確認したが送った形跡が見当たらない。ので、先ほど再送(事実としては再送ではないが)する。


+++

濱地さんからのピアノ作品が楽譜データで届き(ノーテーションソフトのデータとして)細かい表示などの変更はあるかもしれないという事だが、作品に触れることができた。この「作品に触れる」という感覚は思えば驚くほど貴重な事だと思う。何を感じ、どうとらえるか、しかもそれが同時代に時間を共有しているのだから、さらに明確な方向へ進んでいく事も出来るだろう。

普段の言葉のやり取りだけでは決して到達しない領域になぜこうも簡単に姿を現すのか。ただ、その「姿」との対話は今始まったばかりだ。

一方で何も語らない音楽というものが溢れているような気もする。それこそが音楽であるというふうにすら感じられる時がある。何か強い意志を持った音楽もあるはずだし、現在もあるところにはあるのだろうけれど、そういう風に感じられないのは
僕が無意識に(そういう強い音楽を)避けている結果なのかもしれない、ならばなぜ避け続けなければいけないのか。一方で濱地さんからの作品には向き合おうと思えるのか。

http://d.hatena.ne.jp/hamajijune/20110908
http://d.hatena.ne.jp/hamajijune/20110917
http://d.hatena.ne.jp/hamajijune/20110923

Posted by shimaf at 10時42分   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://www.mimiz.org/tb.php?ID=674

コメント

コメント投稿フォーム

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

menu

9

2011


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

PHOTO

《BUNDLE IMPACTOR》('13)リハ。

《BUNDLE IMPACTOR》('13)リハ。

音の手触り。

音の手触り。

151002

151002

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

RSS1.0 podcast

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2007-2009 mimiZ All rights reserved.