mimiZ

mimiZのライブ情報、音源などを発信していきます。

2010年03月29日(月)

100327-29 [《変容の対象》]

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

haikarahakutiの鎌田君が今晩11時過ぎからustやるかもとtwitterでつぶやいているのを発見したので、待機しつつ
http://www.ustream.tv/channel/kamtayu

《変容の対象》9-10小節目を書き進めています。

27日の早朝に東京で7-8小節目を書き、28日の朝に濱地さんへ送信。
28日の晩に濱地さんから8-9小節目を受け取っていました。
http://d.hatena.ne.jp/hamajijune/20100328

今月は音数が少なくてまじめに作曲勉強した人には怒られそうな内容ですが、これまでの《変容の、、》で試してこなかった部分をはっきりと扱っている気はしているのでこのまま進めます。

27日は東京で桑原ゆう作曲の改訂初演に音響として参加。楽譜に書かれた音符に従って録音素材を四半音(半音の半分)上げたり下げたり、引き延ばしたり、ポルタメントしたりという素材を一つずつ作って、それを一音ずつポンだしできるようにシステムを作る、というもので結局音の数は約170音を数えました。
今回は本番に立ち会えたのですが、生音と録音の対比がうまくいっている瞬間はとても興味深い音場になっているよう感じました。
きっちり音を組織する力があるのはすばらしいです。

その他、時間が許す限り他の作品も聞けたので触れてきましたが、改めて音楽は難しいものだと再認識するのでした。演奏に独りよがりなものを感じて共感できなかったり、曲自体に当然のように音楽的な盛り上がりが用意されていてなぜだか急に聴く気がなくなってしまったり、いろいろでした。音楽が音楽であるためには曲、演奏家、聴き手の心がうまくかみ合わなければやはり難しいのはないでしょうか。


新潟に戻ると実家付近は雪で白くなっていてびっくり。
27日28日と新潟では足を運びたかった演奏会やワークショップがありました。
参加できなかったのは本当に残念です。しかし、足を運びたいと思えるイベントが少しずつですが新潟でも増えて来ていて、それらは地道ながら着実に根を下ろそうとしているようでとても嬉しいです。

Posted by shimaf at 23時33分   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://www.mimiz.org/tb.php?ID=360

コメント

コメント投稿フォーム

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

menu

3

2010


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

PHOTO

pattern[a+1.5a+2a]

pattern[a+1.5a+2a]

武満徹作曲賞。

武満徹作曲賞。

一本勝負

一本勝負

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

RSS1.0 podcast

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2007-2009 mimiZ All rights reserved.