mimiZ

mimiZのライブ情報、音源などを発信していきます。

2009年08月17日(月)

090724_0813-14-17. [福系]

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

7月の24日は25日の前日リハーサルだった。リハーサル後、PAでお手伝いしてもらっていた円秀さんからDVDをうけとる。haikarahakutiの鎌田悠くんからだという。去年の12月29日に古町のBe-Oneで行われていた彼らのライブになんとか足を運んだものの、結局最後のhaikarahakutiまでは観れず残念に思っていて、それを鎌田君へ後日連絡したら、記録DVDを作ったのでくれるといってくれていたのでした。
では、次回お会いした時に、という約束のままに結局お会いすることができずじまいになっており、、そのDVDを結局人づてに受け取ることになってしまって、少し申し訳ない気持ちにもなりましたがありがたく受け取りました。


8月12日は高校の弓道部の同期男子の飲み会に参加した。半年に一度の恒例になっている。今回も会には遅れたけれど参加できてうれしい。元々女子部員に比べて男子部員は少なかったので自然に結束もできていたのかもしれないし、何より当時部長だった彼がとてもマメに会の段取りをしてくれる。みんなそれぞれの道をしっかり歩んでいる様子もわかり刺激される。楽しく飲めました。


13日は実家でお盆。夜はmimizでスカイプミーティングした。みんな元気そうだった。スカイプで3人で話をするのが珍しかったらしく、父が興味を示していた。スカイプミーティングももう慣れてそれだけで楽しいみたいなのはなくなったけれど、その分内容重視のミーティングになりこれもまたよかった。約90分。


17日の夜、haikarahakutiのDVDを観る。うけとったDVDにはメディアが3枚入っていてそれぞれ出演者ごとに分けられていた。logos、aleva、haikarahakutiの3組。どれも新潟の若手でしかも独自の分野で頑張っている方々。
logosは当日にライブで拝見していたのでDVDは観ず(当日のライブはとても良かった)、alevaはまた次回ということにして、haikarahakutiを観る。
やっぱり観るたびにこの人たちのスタイルは微妙に違っているし、毎回良い裏切りがあるので驚かされる。今回はアシッドなベースループに打ち込みドラム、印象的な素材が多くつかわれていた。そしてボーカルが叫ぶ。僕は叫ぶことには憧れがあるせいか、とてもうらやましくなるし、叫ぶことがスタイルや前提になっていないところで叫んでいる感じがして、そこがまたいいのかなと感じました。やっぱりこの人たちライブでもっと観たい。

Posted by shimaf at 18時43分   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://www.mimiz.org/tb.php?ID=244

コメント

コメント投稿フォーム

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

menu

8

2009


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

広告

PHOTO

土居哲真さん新作のための試論。

土居哲真さん新作のための試論。

110714

110714

110109

110109

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

RSS1.0 podcast

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2007-2009 mimiZ All rights reserved.