mimiZ

mimiZのライブ情報、音源などを発信していきます。

2009年07月23日(木)

090722 [福系]

一昨日の2009年7月21日、
濱地潤一さんの新曲
《composition,impressionI》、《composition,impressionII》に
コンピューターのプロセッシングを一通り付けた。


濱地さんと僕とで去年あたりから始めているプロジェクトには、「コンピューターとsaxを使った室内楽曲を作る」という目標がある。“室内楽曲を作る”という言葉が指し示すところは実はとても漠然としているのだけれど、何となく当初からお互いに感じているのは、再現性のあるアンサンブルをコンピューターを使いながらも実現させるということだったと思う。

僕自身の興味としては、その場で吹かれた旋律のフォルムを一度コンピューターに取り込んで、それを変形させてまた出力し、現在の旋律線とのアンサンブルを新たに作り上げるような関係性を考えることで、この“ちょっと過去”を室内楽のアンサンブル要素として新たに加えることだった。
これはmimizの場合や他の演奏でも程度の違いはあるけれど常に意識してきたことで、その純度を高めるにもいま濱地さんとのやり取りは必要なのだと考えている。

旋律のフォルムをしっかり構築していく姿勢は濱地さんには潜在的に常にあったので濱地さんから提示された曲に対してどのような処理を加えるかは毎回悩みながらも発見の多い作業になっている。

今回の新曲は特に色彩的でコンピューターの処理がことごとく蛇足になるのではないかという恐怖心との戦いだった。昨日、濱地さんからプロセッシングの感想を聞いて、大枠は僕の考えと同じだったので心強く感じたと同時に妥協は許されないと、改めて気持ちが引き締まった。

Posted by shimaf at 10時46分   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://www.mimiz.org/tb.php?ID=234

コメント

コメント投稿フォーム

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

menu

7

2009


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

PHOTO

BEETHOVEN FIDELIO

BEETHOVEN FIDELIO

111023

111023

090509楽屋。

090509楽屋。

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

RSS1.0 podcast

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2007-2009 mimiZ All rights reserved.