mimiZ

mimiZのライブ情報、音源などを発信していきます。

2009年06月12日(金)

AACサウンドパフォーマンス道場,濱地潤一さん,水沼さん。 [告知関係です。]

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

AACサウンドパフォーマンス道場

http://www.aac.pref.aichi.jp/bunjyo/jishyu/2009/dojo/index.html

第4回目の募集が始まっていました。

webも新しくなりました。
我こそはという方、ぜひ応募してください。

今年は本戦を見れるか微妙だけど機会があったら途中経過だけでも観に行きたい。

締め切りは7月10日までです。





今日、水沼君から先日のライブの録音が送られてきた。
実は本番前のリハーサルの録音も聴かせてもらっていたのだけれど
リハーサルに比べて想像していたより格段に強度が上がっていて驚いた。
セッションの対話としての語法もぎこちなさもなくなり、本番特有の意気込み、気合いも音から伝わってきた。
素晴らしい。こういう人たちがこれからもどんどん出てきてほしい。
水沼君ありがとう、細かくはまたメールします。


と、同時にいろいろ考えさせられる。




音楽をやりながらではあるけれど、ただ、時として
音楽として成立するものだけに頼っていないだろうか、
既知の領域だけで会話をしてしまっていないだろうか、と
自らに問い直してみたい。
僕らが今欲しているのは、語法の引用による表現の切り貼りではなく
未知で、(おそらくは美しい)直感に触れるためのなにかしらの状態で
少なくともそこには失望が残っていてはいけないと思う。
それはたとえ精神が失意の中にあったとしても。




僕は、あまり引用を好まない。ただ引用から新たなものを発見する人もいる。
身近な方で濱地潤一さんはそういう可能性があるように思う。

*********
6月13日(土)高円寺「円盤」http://enban.web.fc2.com/

19:00-/Charge¥1500

「ふきもの」

出演:徳永将豪/濱地潤一(from和歌山)/遠藤里美/ロレッタセコハン

*********
濱地さんの新曲が演奏されるようです。ただ、濱地さんの引用の仕方は引用したものをいったん可能な限り解体。そして再構築の際に直感と創造力とを駆使しているように感じられます。



そして、水沼さんも引用の人かもしれない。どれも上手に引っ張ってきて構成する能力が高いので、時々器用すぎると感じることもあるけれど、今回の録音を聴いて少し変化の兆しを感じました。
みんなこれからどこに向かっていくでしょう。楽しみです。

Posted by shimaf at 01時12分   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://www.mimiz.org/tb.php?ID=222

コメント

コメント投稿フォーム

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

menu

6

2009


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

PHOTO

091226

091226

feedback feever vol.4 リハーサル。

feedback feever vol.4 リハーサル。

140705

140705

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

RSS1.0 podcast

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2007-2009 mimiZ All rights reserved.