mimiZ

mimiZのライブ情報、音源などを発信していきます。

2009年06月05日(金)

haikarahakutiさんから。 [CDR系]

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

濱地さんへ《変容の対象》6月の1~2小節目を送る。欲も出てくる頃だからなのか、だいぶ見える部分も増えてきたからなのか。常に新しい発見を望むなら、ここから1つの超えなければいけないハードルがあるように思う。(これは僕自身の問題意識だ、とはいえ焦ってはいけない。とも思う。)




haikarahakutiやradio free europeなどの名義で活躍されている鎌田さんのブログにてshimafのCDR作品のことが紹介されていたので、ありがたく拝見させていただきました。鎌田さんは、実はまだ大学生という若さなのですが、普段から非常に多くの音楽に触れられているようで、それに比べたら僕は何も聴いていないに等しいと思ってしまいます。ご自身の音楽もどんどん進化されており、先日の(僕は行けなかった)ライブでは円秀さんが大絶賛。
音源も非常に多くまとめられていて、そのエネルギーにはいつも圧倒されます。
僕は3枚ほど頂いているのですがどれもしっかりとした方向性を持っていて好感が持てます。やや内にこもったような作品集では、そこに僕の原点を見るような不思議な気持ちになったことがあり、そのあたりは説明できません。
いつかこのブログで感想を書きたいと思いながらなかなか書けないでいるのは、僕が彼らを把握するよりいっそう早く変化しているように思えるからなのでしょうか。
少なくとも新潟では今後さらに重要なユニットになっていくこととおもいますし、新潟と言わずとも更なる飛躍を期待しています。


鎌田さんが書いてくれたCDRの感想のリンクをここにまとめさせてもらいます。人に聴いてもらうというのは怖いことでもありますが、怖いのですが、感想を言ってもらえるのは大変ありがたいことです。

shimaf005「TATAMI KASANE KUMINAOS」(2008)

shimaf003「the several obbligatos of the sunbaked slash /」(2007)

shimaf002「finishing mirrors」(2007)


他にもいろいろな音楽を紹介されていて勉強になります。
ちなみにhaikarahakutiのCDRはbook of daysさんなどで購入できます







※shimaf名義のCDRは、いまのところその時々で一番身近にある音をとどめておくような意味合いのものになっている。
動かずにいるよりは動いてみようということで2006年の暮れあたりから枚数を重ねているけれど、このシリーズを通して今後の活動に繋がっていくような人との出会いなどもないわけではなく、今更ながらありがたく感じている。
今年はまだ一枚もまとまっていない。これにはいろいろな理由が考えられるけれど、ここには書かない。手詰まりに似た感覚がないとは言えないが、この状態こそ当初から求めていたものであったともいえる。
ごくまれに感想などを頂ける時があり、それによってまた作品の捉え方が変わり今後に活かせたりするので、どんな意見でもいつも非常にありがたく思っています。




Posted by shimaf at 00時47分   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://www.mimiz.org/tb.php?ID=220

コメント

コメント投稿フォーム

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

menu

6

2009


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

PHOTO

Mp4-10

Mp4-10

090730-0802

090730-0802

mimiz 送信音 連続6/10。

mimiz 送信音 連続6/10。

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

RSS1.0 podcast

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2007-2009 mimiZ All rights reserved.