mimiZ

mimiZのライブ情報、音源などを発信していきます。

2009年05月08日(金)

《 Amorphous Ring I 》(2009) [告知関係です。]

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

2009年5月9日に新作《Amorphous Ring I》を発表します。
ソプラノサックスとコンピューターによるリアルタイム処理のための作品で、濱地潤一さんに吹いていただけることにりました。

実際は今年のはじめから予定されており、これまで遠距離ながら和歌山の濱地さんと連絡を取り合ってなんとか形にしました。なかなか作業の進まない僕にたいして、いつも落ち着いて対応してくれた濱地さんに心から感謝しています。


個人の新作としては2007年の《曇天》以来、システムの内部構造を新たに考えての作品になります。今回の作品のひとつの肝は、一つの旋律が吹かれると同時にそれを録音し、buffer~に録音されていくサウンドを3点の違う再生ポイントで再生させていくシステムを導入したことです。3点は録音時間全体における相対的な位置なので、録音中は徐々に再生ポイントを変えていくわけですが、この再生速度の性質は録音の実時間と密接に関わる特殊なもので、それぞれ再生の速度(性格)が違います。
こうして一つの旋律によって作られる響きが旋律の次の方向性(音)を予告するような関係が生まれ、こうした不思議な関係を感じながら作曲することになりました。
詳しくはいずれ解説付きの楽譜にしようと思います。



*********
《 Amorphous ring I 》(2009)

単旋律の持つ潜在的な特性を見つめたく、1つの旋律の再生速度を変えて重ね合わせることを続けていました。速度の違いによって生まれる重なり具合の違いによって、そこではある程度均質な秩序を持ちつつも不定形な響きが得られる瞬間が時折見られました。
アモルファス(非晶質)は固有の結晶構造を持たない物質の状態で、ガラスや生体組織の多くに見られます。結晶構造を持たないということは必ずしもマイナス要素ではなく、物質固有の性質に深く関わっていることを知り興味深く感じていました。そこで、音楽におけるアモルファスがあるとすればそれはどのようなもので、その結果どのような性質を持つようになるだろうかといったことを考えるようになっています。
《 Amorphous ring I 》は均質な無秩序といえるこのような状態を主眼においた作品であり、今回はソプラノ・サックスによる旋律とコンピューターのリアルタイム処理を用いて演奏されます。
*********


「電子音響音楽シンポジウム&コンサート2009」

日時 2009年5月9日(土)

会場 愛知県芸術劇場 小ホール http://www.aac.pref.aichi.jp/index.html

 ◇第14回 日本電子音楽協会演奏会、電子音響音楽

シンポジウム&コンサート

 ◇主催:日本電子音楽協会、日本音楽学会の共催

による

 ◇プログラム

   15時〜15時55分:Marc Battier氏講演会

           内容:フランスとアジアの 電子音響音楽研究、他、

   16時〜17時30分:シンポジウム

           「電子音響音楽の今日的課題」

   18時〜    :コンサート

           第1部:招待作品(Marc Battier氏、EMSANからの公募作品)

           第2部:JSEM会員による作品

               ※EMSAN = Electro Acoustic Music Society Asian

第一部 アクースマティック作品

〈休憩 10’〉

第二部 ライブ・エレクトロニクス作品

(1)   マルク・バティエ《都鳥》          野村峯山(尺八)

(2)   水野みか子《masque》           杉浦順三(Tb)

(3)   由雄正恒《Cantata no.1》         さかいれいしう(Voice)

(4)   福島諭《Amorphous ring1》        濱地潤一(Sax)

〈休憩 10’〉

(5)   小坂直敏《音声転写/Transcription》    松崎安里子(Vc)

(6)   門脇治《remarkable identity》       菊池奈緒子(箏)

(7)   桃井聖司《 …楽園の愉悦》         岡村麻未(Voice)
                          鈴木智子(Vl)


(8)   安野太郎《ののじで2009/Nonojide2009》                      

シンポジウムは無料です。コンサートは全席自由の3000円となります。

Posted by shimaf at 01時28分   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://www.mimiz.org/tb.php?ID=203

コメント

コメント投稿フォーム

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

menu

5

2009


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

PHOTO

sep.30,2006@吉原写真館、Niigata

sep.30,2006@吉原写真館、Niigata

《gladiolus white》(2017)

《gladiolus white》(2017)

音の手触り。

音の手触り。

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

RSS1.0 podcast

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2007-2009 mimiZ All rights reserved.