mimiZ

mimiZのライブ情報、音源などを発信していきます。

2009年04月11日(土)

「リア王 影法師」 [福系]

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

KURITA SHAKESPEARE COMPANYによって明日まで行われている舞台「リア王 影法師」を2009年4月7日に観てきました。

会場が亀田に新しくオープンしていて、知人何人かから噂を聞いていたギャラリースペース「gt.moo gallery」ということもあり、かねてから一度は足を運びたかった場所、且つそこでKURITA SHAKESPEARE COMPANYさんの公演とあっては僕としてはぜひ行かなきゃ行けなかったわけです。ただ、この週はいろいろばたばたとしてしまっていて、行けるかどうかぎりぎりまでわからずでした。結局はなんとか時間を作れたので良かったです。

内容はさすがKURITA SHAKESPEARE COMPANYということで、空間構成のうまさは言わずもがなですが、今回は特に演出の巧みさなどもいっそう感じました。リアと三人の娘に焦点を極限までしぼった構成で、結果的にコンパクトに話はまとまりますが、シェークスピアの「リア王」に別の角度から光を当てたような内容に思えました。最終的に立ち上ってくるリアの孤独など、なんと形容すればいいのでしょうか。演劇素人の私にも迫ってくるものがありました。

旗揚げ公演のときに拝見した「リア王」とはまた別物のようでもありますが、僕自身としては当時に感じた経験がまだ傷のように残っていたようで、今はカンパニーメンバーではない知人を思いだしたり、その際のストーリーを心で追ったり、そういった意味では非常に階層的な舞台となりました。これはあくまで個人的な経験ですが、しかしこうした経験も質の高い演劇カンパニーが地元にて活躍されているからこそなのかもしれません。これは日常生活の時間の流れとはまた別の「経験の流れ」が生まれるようなもので、そうしたものは比較的頻繁に舞台に足を運べないとなかなか得られないものでもありそうです。
そうした意味でも今回の「リア王 影法師」は旗揚げ公演時の「リア王」と密接に関係しているように感じられました。

これだけのクオリティーを見せてくれる集団がもしもう一つでもあれば、またそこには新たな批評も生まれるかもしれませんが、現状ではできるだけ長くこうした団体が活躍されていくことを願うばかりです。

ギャラリー空間は天井も高く、よいリバーブがかかっていました。人の声に程よくかかるこのリバーブが一種の催眠効果でも生むのではないかともうほど、人の、様々な声に身を浸した訳90分の公演でした。

Posted by shimaf at 17時19分   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://www.mimiz.org/tb.php?ID=198

コメント

コメント投稿フォーム

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

menu

4

2009


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

広告

PHOTO

090621

090621

繰り返し見えるもの。

繰り返し見えるもの。

110707

110707

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

RSS1.0 podcast

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2007-2009 mimiZ All rights reserved.