mimiZ

mimiZのライブ情報、音源などを発信していきます。

2017年10月12日(木)

2017年山形国際ドキュメンタリー映画祭 [レポート]

2017年10月08日に山形市へ足を運びました。

2017年山形国際ドキュメンタリー映画祭

『かえりみち』監督:大浦美蘭/日本/2016/48分
『BETWEEN YESTERDAY & TOMORROW Omnibus 2011/2016』企画:前田真二郎/監督:鈴木光、大木裕之、池田泰教、崟利子/日本/2017/43分
**

初めて観た『かえりみち』では、2015年頃の撮影シーンで当時の何だかザワザワした感じが少しだけ蘇ったように感じた。これは作品の本筋とは大きくは関係しない個人的な経験と関係があることかもしれないが、確かにこの頃、僕は世の中の流れからひとつの大きな挫折感を感じたのかもしれないと今さら実感させられたような気がした。
『BETWEEN YESTERDAY & TOMORROW Omnibus 2011/2016』は今回のバージョンは初めて拝見したが、上映自体のコンディションもよく、新たな手触りも感じることができた。また、2016年という時期についても改めて見つめる機会にもなった。問題が何も変わらずとも身体的に何か変化している(変化してしまっている)人間にとっては広い時間感覚のようなものも扱っている作品のように思えるし、しかし一方でその中で各作家の個人的な視点や態度のあり方自体には不動のものがあることに、ある種の尊さなども感じられた。時間についてかなり入り組んだ構造を持った作品になっているように、2017年の今強く思う。
記録されたものに、そういう強度を留めるためには映像に対する強い作家性が求められるのかもしれないとも、ぼんやりと思う。
初めての映画祭は、その土地の雰囲気や集まっている年齢層の広さなども含めてとても素晴らしいものだったと感じられた。満席でこの上映が行われたことの意味は大きいと思う。

※車で日帰りは途中で道端に力強く咲くフジバカマを初めて観れたし、なんだか夢見心地で素敵だった。片道4時間弱だったけど悪くなかった。

Posted by shimaf at 21時33分   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://www.mimiz.org/tb.php?ID=1489

コメント

コメント投稿フォーム

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

menu

10

2017


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

広告

PHOTO

武満徹作曲賞。

武満徹作曲賞。

埋没する3つのbluesに捧げるコンデンス・ミュージック(1)

埋没する3つのbluesに捧げるコンデンス・ミュージック(1)

090609

090609

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

RSS1.0 podcast

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2007-2009 mimiZ All rights reserved.