mimiZ

mimiZのライブ情報、音源などを発信していきます。

2014年02月25日(火)

円盤田口史人のレコード寄席@北書店 [レポート]

2014年2月23日:高円寺「円盤」の店主、田口史人さんが新潟の北書店に来て、レコード寄席を行うというので足を運んだ。都合で最後の1時間だけ聴くことができたが、いつものごとく楽しかった。会場も40名近いお客さんが集まっていて良い雰囲気だと感じた。

田口さんとは約4年ぶりの再会で、おそるおそる挨拶させてもらうと、あ、福島君、と笑顔で挨拶してくださり嬉しかった。

打ち上げにも「最初だけ。」のつもりで顔を出したが、結局最後まで参加した。Mimizで2005年くらいからちょくちょくお世話になった円盤でのライブの話になると、僕自身もいろいろなシーンが蘇ってきた。大分曖昧な記憶になっているものもあるけれど、それらは時系列にならべるのが難しいだけで、印象的なシーンはわりと鮮明に覚えてる。人の記憶はそういうもののようだ。最終的には時系列は関係ない。僕自身では田口さんのパフォーマンスが一番多く印象に残っているようでもあった。

Asunaさんと田口さんがメインメンバーのユニット「船」の話になる。「船」は完結しました(「船」は小川未明の「赤い船」の世界を歌にしてきたユニットで、最後の話に曲ができ、完結)、という田口さんの言葉に、清々しい寂しさを覚えた。田口さんの作品はいつもきっちりとした時間の構成や物語を持っている。
「船」での楽譜を濱地潤一さんに吹いてもらいながら演奏した事を田口さんは思い出されて(僕も濱地さんからそのデュオの話しは伺っていた)、あの演奏はとても良かったんだよね、と嬉しそうだった。僕もそれを聞いて嬉しくなり、それは濱地さんに伝えますね、と言って後日濱地さんへメールした。

田口さんは東京に「円盤」という重要なスポットを続けながら、ご自身のライフスタイルを貫き通している、ということをつくづく感じた時間だった。もし「円盤」が無ければ、私は濱地潤一さんと知り合っていなかったわけだから、少なくとも音楽に対する私の現在は全然違っていたのだ、そんな事を翌日の朝に強く感じた。

Posted by shimaf at 19時17分   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://www.mimiz.org/tb.php?ID=1059

コメント

コメント投稿フォーム

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

menu

2

2014


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

PHOTO

110520

110520

sep.30,2006@吉原写真館、Niigata

sep.30,2006@吉原写真館、Niigata

090617-19

090617-19

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

RSS1.0 podcast

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2007-2009 mimiZ All rights reserved.